FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

秋も深まる今日この頃 

 

なんだか寒くてすでにヒートテックのお世話になっている今日この頃。


今のマンションに引っ越してわかったことがある。
以前は、植物は春に芽吹いた後、
夏まで成長し、秋に散り始め、冬には枯れたような状態になる、
と成長は一方通行だと思っていたのだが、
少なくない数の植物が秋にも成長し花をつける。

気温や日照時間の条件が整えば成長できるのだろう。


無名のアジサイ(伊予獅子テマリじゃないかと思っている)
201022-2.jpg

初夏に咲く花とは異なる直径1センチぐらいの
小さな花が咲いた。めっちゃカワイイ。



ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト
201022-3.jpg

一方通行のタイプだが、
いつになく元気がないなと思っていたら
つい先日、横倒しになっており、その根元から、
あの! 先端が黒と茶色のカシューナッツ野郎がっ!!!!!

また、おまえかあああああ💢

それでも白い新しい根がわずかに残っていたので、
カシューナッツ7粒を除いて植え直したところ、
見事に復活した。強い子でよかった。


フウロ草の鉢にスミレ
201022-1.jpg

スミレのこぼれ種がフウロ草の鉢に!
春はまだほんの小さな芽でしかなかったのに、
こんなに種ができている。花なんて咲いたか?

フウロ草が駆逐されるのは時間の問題のような気がする。



5月に半分の高さまでバッサリと剪定したウンベラータは、
200518-2.jpg



無事に
201022-4.jpg
巨大化した。



気温が下がるにつれ、
201022-6.jpg

3ニャンがまた陽だまりに吸い寄せられていく。



そして夜は、
201022-5.jpg

猫の間にそろ〜と潜り込んで寝る日々が始まっている。







スポンサーサイト



category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top

東側ベランダの移り変わり 

 

私のベッド横のはきだし窓にはカーテンがない。


理由は、朝目覚めるやいなや、
200915-1.jpg
この景色が見たいから。


私は近眼なので見えている景色はスーラの点描画のようなのだが、
それがまたきれいで毎日毎日全く見飽きない。

こちらは東側のため、季節の移り変わりとともに
太陽の昇る位置が日々変わって行くのも実感できる。

今は秋の始まりの疲れ切ったけだるい緑の時期。


毎朝、それでもキラキラ光る葉と木漏れ日を見ながら、
ぼんやりと植物の配置を考えることが多い。


今年の夏は、南側にあった成長の遅い
ルリマツリの大鉢をこちらに移動させた。
200915-2.jpg
南側では夏の間、手すりの上にしか日光が当たらないので、
朝方だけでもベランダ内側に日が射す東の方がマシに違いないと気がついたから。


200915-4.jpg
マンション植栽のサルスベリとのコントラストもきれい。


さらに6月に買ったヤマアジサイを乗せるため、
200915-3.jpg
背の高い花台を購入。
ヤマアジサイは、これから冬の間に大きな鉢に植え替えて
春になったらここに乗せる予定。

日が当たるとはいっても、手すりの上の方だけなので、
背の高い鉢や背の高い花台がないと育たない。


来年の初夏には、目が覚めたらあの白いヤマアジサイの点描画が見えるはず!
楽しみすぎる。


この景色が見えているのはこのベッド。
200915-5.jpg

日中は、ソーシャルディスタンスに厳しい子と、
全く気にしない子たちがゴロゴロしている。





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 6

△top

夏の1日 

 

昼間は相変わらずセミたちがシャンシャン・ミンミン鳴いているが、
夕方からは虫がリンリン・リャンリャンするようになった。


が、ニャンズの1日はたいして変わらない。


朝ごはんを食べてしばらく休憩後は、ブラッシング。
まずはナツさんから始める。


こちらは順番待ちの皆さん。
200826-3.jpg


ブラッシングが終わると、お昼寝。


エアコンがよく効いているリビングを避け、
寝室の私のベッドの上で、
200826-5.jpg
ゴロゴロと、


200826-7.jpg
うっとりと、


200826-6.jpg
ゴロゴロと、


200826-1.jpg
スヤスヤと、する。


夕ご飯を食べたら、
200826-8.jpg
セミを見て暴れたり、


200826-2.jpg
暴れて暑くなったのでエアコンの下で体を冷やしたり。




なんかもう、これでいっか、という気持ちになる、
夏の1日。



そうそう、てんとう虫?と思っていたこの子たち、
200816-9.jpg
クサギカメムシ、というカメムシの仲間だった。

この赤くて丸っぽいのが1齢幼虫、
ガーゴイルの幼虫みたいなのが2齢幼虫というらしい。

教えてくださったさくらさん、ありがとう!
すっきりしました!





category: ナツねこ

tb: 0   cm: 7

△top

夏だ! 虫だ! ひんやり暑い! 

 

驚くことに8月も後半に入った。


ものすごく暑いが、虫たちはお構いなしだ。


枯れ枝がついていたから取ろうとしたら、
200816-1.jpg

ナナフシだった!

私が発見するときはいつも一番頭に近い方の足を
前方に向かって揃えているので、4本足の昆虫にしか見えず、
毎回、「あんたは昆虫じゃない!」と言い聞かせている。



しょっちゅう見かける
200816-2.jpg

こいつはトックリバチの巣だという。


200816-3.jpg

以前からあちこちで見かけていて、
一体これはなんなんだと思っていた。

ある時、割れた塊の中に緑色の芋虫が4〜5匹入っていて、
「芋虫のゆりかごだったんだ!」と思ったら、
それらはトックリバチの保存食料だったらしい。

親バチがこの中に卵を1個だけ産んで、
産まれた幼虫が食べるように仮死状態で芋虫を入れておくそうだ。

すごいことするな。



カビか虫か、
200816-6.jpg

今年は極めて梅雨らしい梅雨だったせいか、
この黒い点々があちこちに大発生した。

カビだと思っていたけど、
ある日よくよく見ていると、黒い点々が動いている!

もしかしてハダニ!?
今もよくわからないまま、せっせと指でこすり取っている。



8月10日にラベンダーの葉で見つけた
200816-9.jpg

うおおおおおお! 虫が! 生まれて! たわわに! 実っている!!!

すぐさま切り取って滅却しようとしたものの、
ちょっと冷静になって見てみると・・・

これって、てんとう虫?

てんとう虫だったら、益虫だ。
と思い直して、そのままにしてみた。



翌日、
200816-8.jpg

わああああああ! ヒンヤリするーーー
たった1日で、ガーゴイルの幼虫みたいになっとる!

と、すぐさま切り取って滅(以下略)
でも! 見て! ラベンダーの葉っぱ、齧られていない!!



さらに翌日、
200816-7.jpg

全員、無事に旅立ったらしい・・・
てんとう虫だと信じているよ。


暑い中でも、ちょっとヒンヤリした3日間でした。



ちなみに花もちょっとだけ咲いている。
200816-4.jpg

ノリウツギ(ピラミッドアジサイ)も姿はひどいものの、
なんとか咲いた。



東側のベランダでは、
200816-5.jpg

メドーセージが暴れている。






category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top

うちのツミちゃんのその後 

 

桜が咲く頃から隣の公園に住み、
時々、うちのネコたちを狩りに来ていた、

200401-6.jpg
日本最小のタカ、ツミちゃん。



昨日、YAHOOニュースになっていた。

200617-7.png

200617-8.png


公園に来ていたツミちゃんは、
5月初旬頃まで、しきりに鳴いてパートナーを探していたが、
結局見つからず、いつの間にかいなくなり、
時折、遠くで鳴き声を聞く程度になっていた。


ニュースになっていたのは、うちから直線にして12キロほど離れたところ。
いやもう、絶対うちのツミちゃんでしょ!





あの頃、ツミちゃんに狙われていた猫たちは今・・・

200617-5.jpg

「川」の字になって寝ている。
この場所はこの画像の上の方に掃き出し窓があり、
いい風が通るため、この季節の猫たちのお気に入りお昼寝場だ。



もう1つのお気に入りスポットが、
200617-3.jpg
ファクスのムロ?

仕事場を自宅に移したため、できたこの場所を狙って、
ナツさんとトマくんが争っている。



猫を狙って窓に突っ込むツミちゃん、
なんて絶対ニュースになるんじゃないの!?
と思ったものの、


うちのマンションはペットは2匹まで。



ちゃちゃは妖怪枠とはいえ、
200617-6.jpg

妖怪を飼っていることも秘密なので、
公にするわけにはいかない。



うちのツミちゃんもどこかで子育てしていること密かに願うばかり。









category: ナツねこ

tb: 0   cm: 2

△top