五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

ままならない! 

 

植物が相手のガーデニングはままならない。


グリーンアイス
170525-1.jpg
5部咲きぐらい?
左側ににょっきり伸びているシュートは
明らかにほかの枝とは様子が違い不協和音状態だけど、
いったいどうしたら・・・?

うちのグリーンアイスは、
どうも剪定したところから、枯れ込みやすいようで、
怖くて剪定できないんですけど・・・


ジューンベリー
170525-2.jpg
実が赤くなり出している!!!
はあああ、かわいい、きれい〜〜〜



が、
170525-3.jpg
実がなっている、というか花が咲いたのは、
フェンスからはみ出ている部分のみなんです。

この写真でもわかるんだけど、
フェンスの内側、左の方のベランダ内は暗い。
下の方なんて真っ暗。

こんなに南に向いているのに(右手側が南)、
このジューンベリーの70%には陽が当たらない。

そして陽が当たらないと花は咲かないし、実もならない。
そしてそして、なった実はフェンスから手を伸ばしても届かない位置にあり、
すべて鳥さんのデザートに・・・


なぜだっ(悲)!!!



ままならない、と言えば、動物も。


寝顔がかわいくないちゃちゃ猫(半目、キバ出し)。
170525-4.jpg
でも、こんなに幸せそうに寝られたら、
もうすっかり暑いのにもふもふ毛布をしまえないじゃないか!



最近暑いので、より涼しい東側の寝室がお気に入りのトマ猫。
170525-5.jpg
トマくんは目くそ鼻くそができやすい体質らしく、
しょっちゅう目くそ鼻くそをつけている。

しかもしばしばどこかに鼻をつっこむらしく、
いつも鼻の頭が汚れている。

きれいなピンクのお鼻が台無し!!


出かけようとする私の視界の端で、
かまってアピールを続けるナツ猫。
170525-6.jpg
かまってあげようとすると脱兎のごとく逃げ去る。


あなたが一番ままならない。







スポンサーサイト

category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top

摘み取るタイミングは? 

 

群星の花がちょっとずつ萎れてきている一方、
グリーンアイスの開花が進んでいる。


170522-1.jpg
蕾がたくさんついて、
これから冬まで咲き続けてくれるかしら♥️


東側のポールズヒマラヤンムスク
170522-3.jpg
木酢液が効いたのか、気温がぐんと上昇したからか、
うどん粉の侵攻が弱まった気がする。

でも当分、週に1度は木酢液を吹きかけよう。


170522-2.jpg
日差しが当たる時間が短いせいで、つぼみの茎も徒長気味。
花同士のすきまがスカスカしていて、
なんというかまとまりがない?

さらにこれも日照の問題なのか、花のもちが短い。
わずか数日で、茶色くなったり花びらが散り始めてしまったり。

フェンスの外(マンション共用部)にはみ出ている花もあるので、
そろそろ花を摘み取らないと、共用部分に花が散ったらダメだよね。

どのタイミングで摘み取るか、悩むところです。



一方、部屋の中では、
170522-4.jpg
私と夫の誕生日、結婚記念日、母の日は、
ほぼ同じ週にあるので、ちょっと遅くなったものの、
4つのイベントを合同開催。

花など飾ったものの、


ちょっと目を離したすきに、
170522-5.jpg
初夏のお花がザンギリに・・・


犯人はもちろん、
170522-6.jpg
涼しげなまなざしのコイツ。


態度デカいわああああ💢💢💢



170522-7.jpg
のんきな2にゃんを見習ってほしいよ。





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top

ナツ猫の優しさ 

 

ナツ猫は優しい。


夫が休日に家で仕事をしようものなら、
170518-7.jpg
たちまちやって来て、止めてくれる。


170518-5.jpg
気分転換はきちんとしないと!



私がキッチンに立つたびに、
170518-1.jpg
そんなにヒマなのかと心配してくれる。


170518-2.jpg
時間は有効に使わないとね!



洗濯物を取り込むと大急ぎでやってきて、
170518-3.jpg
たたむはしから、万が一にも洗濯物が飛ばないように、
重しになってくれる。


170518-4.jpg

本当に優しいナツさん・・・




category: ナツねこ

tb: 0   cm: 3

△top

農薬じゃない 

 

この週末は、盛大に蔓延してしまった東側ベランダの
うどん粉病対策にようやく乗り出した。


うどん粉まみれになってしまったのは、
リビング前にあるモッコウバラと寝室側にあるポールズヒマラヤンムスク。


モッコウバラにいたっては、
写真に撮るのがかわいそうな状態。
姿の見えない虫にも散々食べ散らかされている。

虫にも病気にも強い・・・んじゃなかったの・・・
(心の叫び)


対策は美しいお庭を作っている皆さまが教えてくださった。


ポールズヒマラヤンムスク
170515-1.jpg
蕾にも取り憑いているうどん粉を水に濡らした指で
そっとこすりとった後、木酢液を薄めたものを
したたるほどに噴霧する。

農薬じゃないし、これでうどん粉がなくなることは期待していないけど、
これ以上広まらなければいい。


170515-2.jpg
それにしてもポールズヒマラヤンムスクの
かわいらしいこと!!!

全部咲くかしら。


今回、「したたるほど」に噴霧してみて、
農薬じゃないことの心の平和を思い知った。

多くのガイドブックに、
「病気・虫対策に定期的に葉の裏にもたっぷり満遍なくかけましょう」とあるが、
葉の裏にかけるとか、万遍なくとか、無理じゃない!?と思っていた。

でも酢を薄めたものなら、
手にかかろうが、顔にかかろうが、全然、平気!!!
葉の裏だろうが、滴るほどだろうが、万遍なくだろうが、
すべてクリアできる。

あまりの気安さに感動して、
無農薬のことをもうちょっとしっかり勉強しようと、
まずはバイオに関する基礎的な本を図書館で借りて来た。

読めるかな〜


ついでに南側のバラたちにも散布した。

170515-5.jpg
ほぼ満開の群星はただでさえ頭が重かったのに、
したたるほどに液をかけられて花が垂れ下がってしまった。


にゃんずのお食事中に網戸もあけて撮影。
170515-3.jpg

満開の群星の右隣にあるるりまつりに蕾がついている。
群星の花が残っているうちに咲くかしら。

左隣にあるミニバラのグリーンアイスも
ちらほら咲いてきている。


グリーンアイスの左隣の空間には、
一番左にあるジューンベリーの裏側を通って
クレマチスが来ているのだが、この子が咲くのは夏。

5月に開花する青紫色系のクレマチスが
ここで咲いていたらきれいそう。

強健な種類があるかどうか、ちょっと探してみましょう。





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top

群星が咲いた! 

 

南側ベランダに植えた群星が1年目から咲いた。


170511-1.jpg
想像していたよりも何倍もきれい!

どうしよう!!!!!


オルレアとの2ショット
170511-2.jpg
2月から咲いているオルレアはそろそろ終わり頃。
ちゃんと咲いてくれてありがとう。



170511-3.jpg
緑成分が多いうちのベランダでは、
なかなか目立たないけど、中央で群星、咲いています。


桜の花の季節が終わり桜の若葉が見える東側窓は、
170511-4.jpg
新緑・・・好きすぎる・・・

トマ猫とちゃちゃ猫がなにか熱心に見ています。



本部屋の窓も
170511-5.jpg
ティアレラとヒューケラを寄せ植えした鉢がとても元気。

横長プランターに植えていたころのヒューケラは、
例によって死にかけていたものの、こちらに移したことで復活。

どういうわけか、葉をたくさん出すかわりに、
1枚1枚が巨大化しつつある。

ヒューケラは多くのサイトで、
半日陰で育つ丈夫な植物とうたわれているが、
うちではなかなかの気難し屋さんだと思う。



寝室の掃き出し窓は
170511-7.jpg
こちらも新緑。
中央あたりにあるポールズヒマラヤンムスクは、
うどん粉病が蕾にまでまとわりつき始めており、
花が咲くのが先か、うどん粉病に生気を吸われるのが先か、
という微妙な状態。

ここにはにゃんずを出すので、
農薬を使いたくなくてバイオ液というものを教えてもらったのだが、
作るのを先延ばしにしているうちにやられてしまった。

いろいろ調べたところお酢もきくらしいので、
とりあえずやってみます。





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 6

△top