五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

いつの間に!? なベランダ 

 

ようやく、というか知らないうちに
クレマチスが咲いていた。


170821-1.jpg

いや、わからんだろ!!!


このクレマチスは、写真の左にある縦長の鉢から
ボーダーパネルに沿わせて、角を曲がったパネルのあたりで
咲かせるつもりだったのに、

途中で出て来た脇芽がいつのまにか、
どんどんジューンベリーにからみついて、
気がついたら、あんな遠くで咲いていた。


近くで見ると、
170821-2.jpg

うん・・・地味だよね・・・


よおおおっく見るとたくさん咲いているようなので、
まあ、幸せならいいか。


クレマチスが植えてある縦長植木鉢の
右隣の空間は、まるでブラックホールのように
暗いのだが、ここには一切見えないものの、
ジューンベリーが株立ちしている。


ここがこんなに真っ暗なら、その根元は推して知るべしだが、


170821-4.jpg

芽が出ている!!!

ちょっと前に、暗すぎるからか、
株立ちジューンベリーの株の一つが完全に枯れて、
根元から切り取ったばかりなんだけど(左にあるのが切り株)、
その横から芽。


きのこ・・・じゃないよね?

ジューンベリーのひこばえ?
この暗さでは育つとは思えないけど、
ちょっと夢見させてね。



根元といえば、塀の上に置いた鉢の下の方に、
170821-5.jpg



大量のふん! こちらもいつのまに!!



やられたのは、ミニクチナシ
170821-6.jpg

柔らかい芽や新しめの葉先をことごとく食べ尽くし、
もうね、あと数日でさなぎにおなりになるのでは?
というぐらいにご成長なさった緑の御子が3匹ほど。

この週末は、相当大きくなった緑のイモ吉たちを
6〜7匹ははじき飛ばした。
(もうあまりに大きくなっていてつぶせない)





一方、るりまつりは、
170821-3.jpg
あんたはいい子だよねー
虫はつかないし、どんどん咲くし。

ベランダ側の花が終わったので、
また植木鉢を回して、南側で育った蕾をこちらに向けた。




多摩川花火大会を阿鼻叫喚のうちに休止に追い込んだ雷雨
170821-7.jpg

雨も風も雷もすごかった。






スポンサーサイト

category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

夏休み 

 

1週間の夏休みが終わってしまった。

レジャーとかお出かけに縁の薄い私は、
そうじと片付けと整理整頓と窓ふきと飲み会×2とカラオケで
とくに特徴のない夏休みを満喫した。


飲み会は2回ともうちで昼から飲み。
暑気払いのはずが、とても涼しくて、
エアコンいらずだったな〜。


クライマックスはうち飲みからなだれこんだ
友人とふたりでのカラオケ大会。


170817-1.jpg



新し目の持ち歌なんて数曲しかないので、
勢い懐メロ系に突入です。


私が選んだ今回の「これでどうだ!」曲は、

170817-2.jpg


「かもめが翔んだ日」(1978年)

これは中学生だったけど、
歌番組をそんなに観ていた記憶もないのに歌える・・・


170817-3.jpg


一方、友人が選んだ「受けて立つドヤ歌」は、
「雨の御堂筋」(1971年!!!!!)

170817-4.jpg


オーヤンフィーフィーですよ!
(うん、カタカナで書くと誰だかわからんな)


まだ小学生低学年だったはずなのに、
歌えるってどういうこと?!



そんな40年も前の歌を通して歌えるって、
昭和のリズムが遺伝子レベルで刷り込まれているとしか思えないんだけど。


一方、平成の歌のリズムは、
すごいがんばっているのに、
「なんか違う・・・」ってなる。


170817-5.jpg


一緒に行った友人は歌うまなのに、
今時の早いリズムと文字の多い歌を歌うと、
子供たちから「ママ、リズム感が悪い」とか言われるそう。

リズム感の違いには呆然とするしかない。


170817-6.jpg



こんな歌覚えているんだ、歌えるんだ、と発掘を重ね、
なんだかカラオケのちょっと別の楽しみ方を発見した
夏休みでした〜〜〜


170817-7.jpg







category: 日々のこと

tb: 0   cm: 4

△top

白黒ネコの魅力 

 

トマ猫はうちの3にゃんの中で一番ビビリで、
一番自由人。


170808-1.jpg
くっきりしたハチワレ模様のままにイカ耳になると、
まあまあなコワモテなものの、

空気を読まないちゃちゃ猫にいいようにちょっかい出されている。



姫気質のナツ猫の扱いも、
170808-2.jpg
最近はすっかりマスター。



170808-3.jpg
こんな風にわりあい「自然な」ツーショットが撮れるのも、
トマくんのおかげ。


甘ったれのちゃちゃや
かまって欲しくないかまってチャンなナツさんに比べ、
手のかからないトマくん。
170808-4.jpg

自分からはあまりごにょごにょ言ってこない分、
ついついこっちからご機嫌伺いしちゃうのよ。

クールな対応をされればされるほど、
愛おしくなるのはなぜ!







category: トマ猫

tb: 0   cm: 0

△top

夏モリ 

 

ここ数日、涼しい日が続いているが、
夏がモっている。


170804-7.jpg
5月から外に出しているウンベラータは順調に伸び、
つるバラ群星もうどん粉、ハダニ、イモ吉とやられつつも
盛大にシュートを放ち、


モリモリ



170804-2.jpg
一番花が終わったるりまつりは、
鉢を回して日差し側に切り詰めた枝側を当てておくと、
再びすくすく花芽を伸ばし、


170804-3.jpg
花が咲くと、ベランダ側にまた鉢を回す。
去年はこうして12月まで咲き続けた。



170804-1.jpg
5月から1秒も日差しが当たらない位置ながら、
アイビー系3点盛りもそれなりにモっている。



東側のベランダでは、
170804-4.jpg
ティアレラとヒューケラがもりもり。
おしゃれな寄せ植えみたいでちょっと嬉しい。



そして渋谷では、
170804-6.jpg
行列がモリモリ。


なんの行列かわからないけど、
この写真に写っているのの少なくとも5倍は長く続いている。

通りかかった外国人観光客が「oh! a crazy line!」って言ってた。
うん、この暑い中、さすがって意味ですね。







category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top

ナツ猫の理不尽 

 

トマ猫は、とくに段ボールの中や
戸棚の中が好きなわけではない。


でも時には段ボールの中でのんびりしたい時もある。
170801-1.jpg

「あら〜、そんなところに入っていたの〜♥️」
などと下僕が喜んで写真など撮っていると、


うちの3にゃんの中で段ボールや戸棚が一番すきな
ナツ猫がやってきて、
170801-2.jpg


やってきて、
170801-3.jpg



170801-4.jpg
ネコパンチ一発。



さらに
170801-5.jpg



そして、
170801-6.jpg
去って行った。



この間、トマくんもナツさんも一言も声を発せず。



理不尽がすぎる!!




170801-8.jpg

ドメスティックヤンキー(DY)なナツさんは、
我が家に来て丸6年がたちました。







category: ナツねこ

tb: 0   cm: 0

△top