五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

甘えたの3にゃん 

 

猫たちの甘えた度が年々上がって行く。


ナツ猫
180423-2.jpg

ブラッシングが大好きで、
私の朝食後をブラッシングタイムに決めており、
私が食後ぐずぐずし、速やかにブラッシング場所である
キッチンに行かないと、「ぬーん」と呼びに来る。


180423-4.jpg
最近のブラッシングでは、
しゃがんでいる私のひざに蹴りを入れたり、
雑巾に蹴りを入れたり、愛情表現が濃くなってきた。


そんなナツさんとの仲に横やりを入れてくるのが、
180423-1.jpg
トマ猫とちゃちゃ猫。


この2にゃんは、私がナツさんのブラッシングを始めるやいなや、
妨害しにくる。

彼らは別にブラッシングが好きでもなんでもないので、
そう、ただただじゃましにくる。

ナツさんが逃げ出した後は、
ひとしきり私の膝に乗って満足気にのどをならす。



トマくん
180423-5.jpg
トマくんは他の2にゃんに比べると、
かまってアピールの少ない子だったが、
ここにきて、私のお出かけ支度を敏感に察知するようになり、
あと10分で家を出る、ぐらいになると
「おひざー」とか「なでてー」とかやってくる。



ちゃちゃ
180423-6.jpg
ちゃちゃはもうしぐさが、2歳ぐらいの
人間の子供みたいになってきた。

抱っこしてほしいときは、
後ろ足だけで立って、前足を私の足にからませて、
「抱っこー」とやり、

はいはい、としゃがむと、
そのまま私の首に前足で抱きついてくる。

抱っこのされ方も人間の赤ちゃんみたい。




どうしよう、どいつもこいつもかわいすぎる。










スポンサーサイト

category: ナツねこ

tb: 0   cm: 0

△top

とうとうウンベラータ 

 

桜が終わり、新緑が始まって、

180417-8.jpg


ウンベラータをベランダに出す日がやってきた。
ウンベラータはうちの家の中では、1ミリたりとも成長しないので、
暖かくなったら外にだしてやらなければならない。


180417-1.jpg

が、今年外に出したら、
たぶん天井に届く高さになってしまう。



180417-2.jpg

どこかで切ろうと思いつつ、悩むこと2年。
とうとう切りました。



180417-3.jpg



あああああああああ!!!!


なんてことを!!!

自分で切っておいて、自分が一番ショックを受ける。



外に出してみる。
180417-4.jpg




180417-5.jpg

ばっさり切ったら枯れてしまった柏葉あじさいの悲しみがよみがえる。

とりあえず、芽が出てくることが最優先で、
姿形は二の次なんだけど、がんばれ、ウンベラータ!



180417-6.jpg
そして切った先っぽは、短く切って水に差した。
こちらも根が出るといいんだけど。

葉っぱは全部取れ、ってサイトと、
1、2枚残すってサイトとあるけど、
どうなんでしょう。




180417-7.jpg

まだまだ冬毛のちゃちゃ猫。
こちらは甘えっぷりが年々、高じている。











category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top

押し寄せるアレコレ 

 

ソメイヨシノよりも花期が長い八重桜も
さすがに終わりが見えて来た。


180413-4.jpg

最近の強い風もあって、東側ベランダには、
ソメイヨシノよりも大きくてピンク色の濃い花びらが押し寄せている。



今、一番の押し寄せる脅威は、



うどん粉!!!!



180413-3.jpg
今年もちゃんとつぼみをつけたポールズヒマラヤンムスクが
すでにすっかりうどん粉まみれ。


花が咲くのが早いか、
うどん粉につぼみが飲み込まれてしまうのが早いか、
毎日、ハラハラしながら見ている。


木酢液が効かなくなってしまったので、
いろいろ調べて「納豆菌」を含む活力剤(?)を使用してみた。

「毒をもって毒を制す」的に、「菌をもって菌を制す」らしい。



とはいえ、うどん粉菌より納豆菌の方が強いというわけではなく、
数で勝負するらしい。

ということは頻繁に噴霧しないといけないのだが、平日はできない。


週一では、焼け石に水かも・・・
わああ! 早く咲いて!!!



180413-5.jpg
リビング横の東側ベランダにあるモッコウバラは、
一輪の花も咲いていないのだが、
空間を葉っぱがレース状に埋め尽くしている。


こっちもうどん粉まみれだけれど、
なんとなくポールズヒマラヤンムスクほどの悲壮感がない。


来年は咲こっか〜〜〜〜




180413-1.jpg
南側ベランダの群星にも、
うどん粉は発生していないが納豆菌をまく。

本当はこうやって、
うどん粉の波が押し寄せる前に予防してあげないといけなかった。


一週間に一度しか納豆菌をまけなくても、
うどん粉菌の方が断然数が少ない状態なら、
勝てるかもしれない。




家の中では・・・

180413-2.jpg

換毛期のちゃちゃが首周りの毛をむしっている。


猫毛は年中、押し寄せている。








category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

春眠 

 

暁を覚えず。


と言うが、
180410-8.jpg

年がら年中、毎朝5時前後にはメシだメシだと騒ぎ立てる
猫たちのおかげで、新緑と日の出の写真が撮れました。
ありがとう(棒読み)。


猫たちは、春にかぎらず年がら年中、
平日、休日にかかわらず、9時すぎぐらいから、
お昼寝に入る。


今日もまたギウギウのトマ猫とちゃちゃ猫
180410-3.jpg



1時間ほど遅れて、
180410-1.jpg
ごめん寝のナツ猫


そうこうするうちに、
180410-2.jpg
通称「アンモニャイト」のトマくん。


180410-5.jpg
ナメクジのようなシルエットのちゃちゃ


180410-4.jpg
このクッションが好きなナツさん


180410-7.jpg
最後は3にゃんともいつものホイホイ。



副鼻腔炎もちのちゃちゃは、寝ているとき、

クゥゥゥゥ クゥゥゥゥ

と小さく寝息を立てている。


猫たちと私しかいない静かな室内に
ちゃちゃの寝息だけが響く。

ただただただ平和で心安らかで幸せな春の一日。








category: ナツねこ

tb: 0   cm: 0

△top

春の宵 

 

昨日はとても暖かい春の宵だった。


ソメイヨシノに10日〜2週間ほど遅れて
180405-1.jpg
八重桜が満開になる。



リビングでは、
180405-2.jpg
マンション植栽のもみじの赤い若葉が
ライトアップされて、これまたきれい。


そんな美しい春の宵などまったく関係なく、
180405-3.jpg
ぎっしり詰まって寝るトマ猫とちゃちゃ猫。

トマくんは手が暑いらしくて、
途中でぐーんと伸ばしていた。



ひとりで寝るナツ猫
180405-4.jpg
猫にも、ショートスリーパーとロングスリーパーがあるらしく、
ナツさんは、寝ない猫。

トマくんやちゃちゃが寝てから、
甘えて来たり、遊びたがったりする。



満開の八重桜(朝バージョン)
180405-5.jpg
ハデだわ〜〜〜〜

以前から八重桜を塩漬けにしようと考えているのだが、
でもできた塩漬け八重桜、使わないよね、
と思って結局、毎年なにもしない。



180405-6.jpg
公園のもみじの若葉は緑色。

新緑が始まっている。


桜も綺麗だけど、
新緑も、毎朝、毎朝、何回見ても
絶句するほど綺麗なんです。







category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top