五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

モフモフは年中フワフワが好き 

 

モフモフのちゃちゃ猫は、
暑くなってもフワフワ毛布が手放せない。


昼も
170626-1.jpg


夜も
170626-2.jpg



ちょっと暑い時は、
170626-4.jpg
ベッドの上。


ちゃちゃの場合、眠いときに
ふわふわしたものの上以外で寝るのはいやらしい。



一方、ナツ猫は、
170626-6.jpg
もうふわふわ毛布には関心を示さない。

ブームが去った段ボールサークルがまたナツさんのものになった。



トマ猫も、
170626-7.jpg
もうふわふわ毛布には関心を示さない。

トマくんしか入れない天空のバスケットを独り占めしている。




170626-5.jpg
モフモフはふわふわが好き。





スポンサーサイト

category: ちゃちゃ猫

tb: 0   cm: 0

△top

いつか見た二度と見たくない風景 

 

大雨と強風に見舞われた昨日の関東地方。



170622-1.jpg
帰宅した私の目の前に広がる寂寞とした風景。




茫然自失とはこのこと。


170622-2.jpg
右端にあるシミシフーガの鉢は、
頭からまっさかさまに落ちたらしく、
植えてあった植物がクッションとなり、
奇跡的に崩壊をまぬがれていた。

その分、シミシフーガは大けが。


170622-3.jpg
割れないプラスチック鉢がごろごろ。



もうね、
ご飯食べる気も、もちろん作る気もすべてなくなって、
シャワーをあびて9時半すぎにはふて寝。


もう立ち直れない・・・




一夜明けて、
170622-4.jpg



大丈夫、立ち直った。

抜本的な落下防止対策を本気で考える。





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 8

△top

地味なバラって? 

 

ボーボーに暴れているラベンダー。
170620-4.jpg


ハーブ(草)という本領を発揮し、
やりたい放題になっているものを剪定した。
170620-5.jpg

とてもきれいにこんもりとラベンダーを咲かせている
ぽてちさんに聞いたところ、
「木質部で切ったら枯れてしまったので、
ちょっと緑の部分も残して、ばっさりと!」

とのことだったので、ばっさりと!切ったつもりです。


でもネットで画像検索してみると、

おいおい


みんな大胆だなああああ!


なんかもう、地上10センチぐらいのところで、
ざっくりと剪定しているものも多い。


柏葉あじさいを昨年地上20センチで剪定して、
あげく枯らしてしまったので、
シロウトとしては怖くてそんなにざっくり行けない。
今年はこの位置でやってみる。



一番名前が好きな花、ルリマツリが咲き始めた。
170620-1.jpg
昨年よりもふた周りほど大きくなって、
今年も次々に咲きそうで嬉しい。


そうなってくると、
170620-7.jpg
るりまつりの向かって左、
現在、バラの群星が植えてあるところに
バラが咲いてくれたら・・・なんていう欲がでてくる。


群星が咲いてくれたら一番いいんだけど、
群星の開花は約1カ月早い。


あ・・・


だったら、群星を東のベランダにもっていって、
ここには別のバラを植える?

去年の例でみると、ルリマツリはこれから冬までずっと咲き続けるから、
四季咲きといわれるバラがいいんじゃないか・・・?


早速、
強健で、日陰に強く、トゲの少ない、四季咲きのバラ
を検索。


たとえば、フェリシア。

(イメージ図)
170620-2.jpg

だめだ!!  可憐すぎる!

バラには女王様や姫や貴族や貴婦人が多いが、
薄い青色の地味なルリマツリが引き立て役になってしまうのは嫌だ。

ルリマツリとダブル主演で共演してほしい。



ということで、さらに条件が加わり、
強健で、日陰に強く、トゲが少なく、四季咲きで
「地味な」←new バラを

もうちょっと探そう。


170620-6.jpg
地味なネコと地味なベランダ




category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top

犯人はあなた 

 

突然ですが、

170616-2.jpg
一昨日、帰宅したら、
猫トイレに足拭きバスマットが突っ込まれていた。


もう何回目かな〜
大きい方の用をたした後、
バスマットも引き込んで念入りにブツを隠す子がいる。


誰よ?
170616-1.jpg

犯行現場はまだ1度も押さえていないが、
ナツ猫とかれこれ6年暮らし、
トマ猫は2年半、
ちゃちゃ猫は2年。

それぞれの普段の行いから、犯人はなんとなくわかる。


ナツさんは、
170616-3.jpg
トイレが終わったら、ソッコーでその場を離れたいタイプ。
お風呂が近くにあるので、怖いのかもしれない。
だから、わざわざ時間をかけて面倒なことはしない。


ちゃちゃは、
170616-5.jpg
大きい方が出る時は、
「出るのー、出るのー、出たああああああ」と
大騒ぎはするものの、基本不器用だし、パワーもないので、
たぶん無理。




そう、私の推理によれば、犯人はあなた。


トマくん。
170616-7.jpg
最高レベルのビビリさんだが、
筋肉質の体は、ある程度大きなバスマットも
ラクラク引き込めるでしょう。


一体、何を思ってやるのやら。

どんな風にやっているのか、
ぜひ一度現場を見たいんだけど、
トマくんはこそりとトイレに行くので、
なかなかむずかしい。



猫がバスマットをトイレに押し込んでいる
シュールな絵、見たくないですか?





category: トマ猫

tb: 0   cm: 5

△top

いろいろ無理な今日このごろ 

 

南側ベランダのフェンスの上においた植木鉢の植物が成長し、
風で飛ばされるようになった。


だから、朝の天気予報を見ながら、
その日は風が強そうだ、となると、
170612-1.jpg
大きく育ったこのあたりの鉢は、下におろす。


予報にはなかったのに、午後からいきなり風が強くなった日など、

「あの子が落ちてるかも・・・」
「ああ! あの子も落ちてるかも・・・」

と、仕事中も気が気じゃない。


この土曜日は朝から風が強かったので、
下ろして外出したのだが、


170612-3.jpg
(昨年8月の鉢たち。みんな小さかったねー)
さすがにノリウツギが植えてある「コレ」は大丈夫だろ、
と「コレ」は上に残したまま外出。



帰宅して、なにもないフェンスの上を見た時の絶望感といったら・・・

170612-2.jpg
見事に飛ばされました。
落ちました。
粉々です。


土中には、落下の衝撃で殻がずるむけた
おそらくコガネムシのサナギが2匹いた。

こいつらの存在を知らしめるために割れちゃったのかな。
この2匹がご成長のあかつきに、
里帰り出産などしないように割れちゃったのね・・・

身を挺してノリウツギを守ってくれたのね(ということにする)。


そんなすぐにまともな植木鉢を用意できず、
ちょっと大きめなプラスチック鉢にとりあえず植えてあげる。
170612-4.jpg


とてもムリがある・・・


たいへん嬉しいことにどの鉢もすくすくと育ち、
このフェンスの上ではあきらかに手狭になっている。


どうしたもんか・・・



にもかかわらず、
全国のガーデニングを楽しむ皆さまの大部分がかかっている
「空いているところになにか植えたい病」も止まらない。


東側ベランダ
170612-5.jpg
ここ空いているよね。

バラを植えることは決めたんだけど、
どれにするかは、楽しみすぎて決められない。



成長したら、いろいろ無理がありそうな点は、
この病の症状のひとつ、気がつかないフリをしてやりすごしています。



170612-6.jpg







category: ガーデニング

tb: 0   cm: 6

△top