FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

3つの野望 

 

9月4日(水)に前のり入院し、
5日(木)に手術、


<野望その1 : 1週間で退院>
そして予定どおり10日(火)に退院した。
6泊7日。



長かったわーーーーーー!

190917-3.jpg


<野望その2: 目覚めとともにリンパ確認>
手術後、名前を呼ばれて眠りから起こされたとき、
半覚醒状態で私ははっきりと意識した。

「私のリンパは?」って聞かなくちゃ・・・!


が、予想外に声が出ない。
全身麻酔の時は空気を送る管が気管の相当深くまで差し込まれているらしく、
そのせいで喉をやられ、口からはカスカス空気が漏れるのみ。

3回ぐらい言って、ようやく聞き取ってもらえたが、
うーん、まあ、中成功でした。



手術後の何が辛いって、腰が痛い!!!!

190917-1.jpg

手術翌日の朝6時までは起きてはいかん状態で、
上半身を動かさないまま、
下半身だけで色々な体勢やストレッチを試みるものの、
腰はどんよりと重くなるばかり。



猫のポーズがしたい!!!
190917-5.jpg


結局、深夜24時を回ったあたりから、
あまりにも腰が痛くてほとんど眠れず、
6時に速攻で起き出して、点滴ポールをゴロゴロ転がしながら、
そこから1時間以上、時々ストレッチを挟みながら病室フロアを歩き回った。




入院中は普段はできない勉強でもしようかと本を何冊か持って行ったのに、
これですっかり昔取った杵柄の体育会スピリットが刺激され、


病室のある階から喫茶室のある階まで、
4階分の階段と歩行部分を合わせ、

階段数にして80段の昇り降り+往復100メートルのウオーキング+ストレッチ
を1セットにして、

手術翌日:3セット
2日目:10セット
3日目:15セット

と徐々に増えていき、



これは! うっかり入院が長引いたりしたら、
入院前より心肺機能も筋力も高まっちゃう!

と心配したが、その前に退院日を迎えることができた。



<野望その3: 退院後1週間でジム>
火曜日に退院して、その週の土曜日にジムに行った。
プールはまだダメだと言うし、
上半身はまだ患部が引きつるので、
自転車こぎを40分ほど軽くやって、
下半身の筋トレマシーンをノロノロやってきた。

退院後、1週間でジムに行くもこれでクリアだ。


190917-2.jpg


今回身にしみたのが、寝ている時間が長いことによる腰の痛さ。
これは個人差があるようで、
誰もが痛くなるわけではないらしい。

1晩眠れぬ夜を過ごし、
絶対に寝たきりになってはダメなことを痛感した。



もっとせっせとジムに通おう!

190917-4.jpg













スポンサーサイト



category: 日々のこと

△top

懸念と野望 

 

まもなく入院する。


最大の懸念は、何と言っても植物だ。
190902-1.jpg
絶好調のルリマツリ


絶対1週間で退院したい理由もここにある。

1週間くらいなら、植物たちは「なんかいつもと違う」と思っているうちに過ぎ、
「あれ、気のせいだったかな」でわりと何事もなく終わる気がするが、

10日、2週間となると、
「もう無理!」って子がちらほら出てきそう。



190902-2.jpg

生き延びてねーーー



手術にあたっては野望が1つある。

初期乳ガンの手術では、
脇にあるリンパまで切除するかどうかで、
術後の後遺症の度合いが大きく変わるらしい。

リンパまで切除するかどうかは、
手術中に同時進行で行う細胞検査の結果次第なため、
術前はわからず、手術中に決定される。

もちろん取らないに越したことはない。


5年前に片パイ取った友人によると、
「麻酔をかけるときは、ドラマにあるように、

”はい、麻酔かけます。数を数えてください”って言われ、
数えるんだけど ”いち、にい” ぐらいで落ちるのよ。

2時間ぐらいして、起こされるんだけど、
目覚めた瞬間に、

”私のリンパは?” って聞いたの」



なにそれ、惚れる・・・!!!



そういうわけで、私も真似ることにして
かれこれ1カ月ほどイメトレしているのだが、

自家全身麻酔(就寝)して、自発的覚醒(起床)時、
2回に1回は、

190902-3.jpg

「ちゃちゃ、うっさい💢」

毎朝、4時前にはメシ!メシ!コールで起こされるからだ。


そして2回に1回は無の状態で目が覚める。
イメトレ全敗。


ちょっと、本当にそんなことできるのか?



友人によると2時間は寝落ちていたのに、
ほんの10分ぐらいしかたった気がしなかった、ということなので、

「はい、麻酔かけます。数を数えてください」って言われたら、
「(私のリンパが)ひとつ、(私のリンパが)ふたつ、(私のりんp・・・・


と、直前まで意識高く持つってのはどうだろう。
野望達成のためには、もはやぶっつけ本番しかない。








category: 日々のこと

tb: 0   cm: 5

△top

夏が終わる 

 

夏が終わりそうだ。


190823-5.jpg



隣の公園では相変わらずセミがうるさく鳴いている。
何と言っても、今年もこんなに生まれているし。

190823-2.jpg

すごいな。なんでみんな同じところに集まるんだろう。
この木はスタンダード仕立て(?)のサザンカで、
この木だけで30〜40匹分ぐらいの抜け殻がぶら下がっていた。


が、夜はセミの鳴き声に混じって虫の声も大きくなり出している。



夏の始まりの頃に、私は左胸に乳がんが発見され、
秋も始まる9月の初めにサクッと片パイ取ることになった。

3年前から怪しかったのだが、3年がかりで確定した。
幸いにも進行の遅いタイプだったらしい。


190823-3.jpg

お盆休み中にいつものおしゃれママ友とランチ飲み会をして、
そんな話をしたところ、

みんな一人や二人や三人は、
乳がんの友人や知り合いがいる。

だから、というわけでもないが、
乳がんと聞いても「あー、来ちゃったか」という気分。


むしろ、


去年の秋に満期を迎えた保険の代わりに、
ほぼ同じ掛け金だからと「がん保険」を勧められたのだが、


断ったーーーーーーーー!!


乳がんが発覚して1カ月間、
断ったことを最大に後悔しつつ、
なんとか保険に入る方法はないかと考えたが、
詐欺以外に方法は見つからなかった・・・


無念・・・



まあ、そういうわけで、9月に入ったら手術だ。

190823-4.jpg


絶対1週間で退院して、
退院して1週間後にはジムに行く予定。




そして秋が始まる。





category: 日々のこと

tb: 0   cm: 9

△top

カシワバアジサイを諦める 

 

渋谷の公園通りには、
大型のコンクリートポットに季節ごとに
花が植えられている。


先週のこと、

190729-1.jpg

!!!!!!!!?

今が一番の盛り、と愛でていたベゴニアやマリーゴールド、
ゼラニウムが、引っこ抜かれているじゃないかーーーーーー!


ああああああ、プロは非情だ。

あとはもう、間延びしていくだけ、
というその直前に、一番美しいその瞬間に
終わりを決断する・・・


夕方には、
190729-2.jpg

発展途上の若い苗が綺麗に植えられていた。



私には無理・・・
もうちょっとでも緑が残っていたりすると、
ただただひきずられる。

もうグズグズのカサカサに枯れるまで、処分できない。



が!

庭で最も立派に育ったノリウツギの
冬枯れの姿が美しくない、
という理由で引き抜いたM嬢の美意識に触発され、
ここのところずっと迷い続けていたカシワバアジサイに別れを告げた。


このカシワバアジサイは開花株を購入したので、
その年こそ綺麗に咲いていたが、
その後、2シーズン、背ばかり高くなって蕾をつける様子が全くない。

しかも蒸れるのか、下の方の葉っぱにカビが広がり、
それが隣接する植物に感染する。

潮時だ。



というわけで、
カシワバアジサイを引っこ抜き、
空いた鉢に植えるため

190729-3.jpg

ノリウツギの開花株、買っちまった。


ノリウツギはすでに2株あるが、
今年はどちらも咲かなかったしね。

どうしてもこの緑がかった乳白色の小花の集まりが
欲しかったしね。

まあ来年は、咲かないノリウツギが3株になるかもしれないけどね。


右隣の銅葉の木立ベゴニアは、
190729-4.jpg

こんな花!

白いヒラヒラしたフリルの中に
薄緑の芯がある。

はああ、きれい。



190729-5.jpg

もったいないとか、可哀想とか、
ゴミを増やしたくない、

などの理由で私はモノを捨てられない。


190729-6.jpg

だから、もうこれ以上使えない、
というボロボロになるまで使うタイプです。
貧乏性ともいう。



190729-7.jpg

潔く冬毛を抜き続けていたニャンズは
ようやく捨てる冬毛がなくなったらしく、
フワンフワンの毛の塊の生産が終了となった。









category: ガーデニング

tb: 0   cm: 8

△top

ルリマツリ咲く 

 

今年3月にギッチギチに根っこが詰まった植木鉢から
引き抜いて植え替えたルリマツリがようやく咲いた。


190716-1.jpg


190716-7.jpg


去年までは今植わっているのと同じぐらいの鉢に
3株植わっていたんだから、辛かったよね。


残りの2株は、
190716-2.jpg

大小の大きさの違うクリーム色の鉢に1株ずつ植えた。


が、まだようやく小さな蕾がついたばかり。

すでに花が咲いた鉢は、4月5月6月の頃、
クリーム色の鉢の後ろの塀の上にあり、
たっぷりと日光を浴びていた。

このたった1列分の違いが、成長速度にここまで影響する。
小さい方のクリーム色の鉢は両脇から覆いかぶされていて、
さらに成長が悪い。


190716-4.jpg




東側ベランダのヒューケラ
190716-3.jpg

東側ベランダには、10株近いヒューケラを植えたが、
生き残ったのはこの株のみ。

でもこの場所(東側ベランダの塀の上)がとても気に入ったらしく、
葉も花もモリモリになった。

このヒューケラの後ろ側にティアレラが植わっているが、
完全にヒューケラに押されているので、
この冬には鉢を分けてあげないと。




日曜日に、マシュー・ボーンの『Swan Lake』を観た。
190716-6.jpg


古典バレエの『白鳥の湖』の白鳥が、
全員、腹筋が割れた男性なの!!
だから少々BL寄り。

主役の白鳥の男性は、ジークフリート王子役の人より大柄で、
男性だから跳躍力も滞空時間も長いから、
バッサバッサと大きな羽(腕)を動かして、
もうね、本当に飛びそう。

湖畔での白鳥たちの群舞も、
時折、(テニスのサーブの時に出るような)ハゥッ!という息が漏れたり、
汗が飛び散ったり、迫力満点だった。


190716-5.jpg

もう1回観たい。











category: ガーデニング

tb: 0   cm: 6

△top