五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

キャーキャー言わせたい! 

 

出張中、お昼ご飯は時間がなくて食べられなかったりするのだが、
夜は豪華だったりする。


京都の最後の夜はホテル内の鉄板焼き。


まずは海の幸
170321-1.jpg
あわびも伊勢エビも生きていらっしゃる。
ここをあまり強調するとのどを通らなくなるので、
サラッとね。


170321-2.jpg
あわびは殻のまま、鉄板に置き、
さっと「やけど」させたあと
(こうすると殻から外しやすくなるそう)

まだ息のあるうちに口と内臓をとりのぞき、
切り刻んでさっとテッパン。

ここをあまり強調・・・(以下略)


170321-3.jpg
伊勢エビは、フタをかぶせて水を差し込み、
あまり「苦しませないように」蒸し焼き。

真っ赤に蒸し上がり、まだうごめく手足を抑えて殻を剥き・・・


沖縄の海塩とアンデスの岩塩とヒマラヤの岩塩を
お好みでぱらりと振って、「どうぞ」。

写真手前にあるのは、アンデスの岩塩です。


170321-4.jpg
真打ちの近江ビーフは、
盛大に炎をあげるパフォーマンスが大人気。

客「味にどんな影響が?」

シェフ「ありません。
お客さんをキャーキャー言わせるためです!(きっぱり)」


だそうです。


ええ、キャーキャー言わせていただきました。



170321-5.jpg
そして本日のお飲物は、
一緒にいたフランス人のリクエストで日本の国産ワインと日本酒。

フランス産のシャンパンは置いておいて、
フランス人の感想は、

赤は「悪くないよ。ロゼみたいな口当たりだね」
白は「うん、おいしい!」
日本酒は「すっごい美味しい!!」

でした。


たいへん、たいへん美味しくいただきました。










スポンサーサイト

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 1

△top

出張終わった! 

 

先週はほぼほぼ出張で、
家に帰ったらすっかり春になっていた。


出張はここ3〜4年、3月の恒例のようになっている金沢と京都。
最終日に少しだけ時間ができたので、京都をプチ観光しました。



まずは、
170322-1.jpg
昨年、東京で最高5時間待ち、とかいうちょっと異次元の
人気だった若冲の小さな展示会が相国寺で開かれていたので、
行ってみた。(5時間待ちは聞いただけでギブ)


相国寺本堂
170322-2.jpg
ちょうど10年前の2007年の春にも
相国寺で結構大きな展覧会をやっており、
たまたま大阪出張に来ていたおかげで『動植綵絵』はそのとき観ていた。

若い男の子が食い入るように観ていたのが印象的だったなあ。


今回はそれらとは比べ物にならないほど小規模なので、
来館者もまばらでゆっっくりと好きなだけ鑑賞。



続いて、泉涌寺 別院雲龍院
170322-3.jpg
今や京都の有名なお寺は、
信じられないほど観光客が多いので、
ネットで「京都 静かなお寺」という大雑把もいいところな
ワードで検索して出て来たお寺がここ。


170322-4.jpg
よくないですか!? こういうの!!
スリッパではなく、手編みの靴下が玄関に用意してありました。


170322-10.jpg
本堂にはふたりの皇子の像が安置されているのだが、
この像、首と胴が離れるらしい。

緊急時に「首」だけでも避難できるように、
ということらしいが、幸いにもまだ首だけもって逃げる
シチュエーションには陥ったことがないようで、
本当に離れるのかは誰も確認したことがないそう。


170322-5.jpg
観光客が誰もいないお部屋でお抹茶をいただく。


院内のどの部屋でも好きなところでお飲みください、
とのことで、私が飲んだのは、
170322-8.jpg
「悟りの窓」のあるお部屋。

窓から見える紅梅は残念ながら、
すでにほとんど終わっていました。


170322-6.jpg
掃除中の睡蓮の鉢。
睡蓮ってこんな風に植わっているのか。


雲龍院からの帰り道
170322-7.jpg
そういえば、半世紀も昔、
子供の頃に住んでいた家もこんな戸だったなあ、
となつかしく思った家。

その戸の鍵は鍵穴にくるくる回しながら差し込んで閉めるタイプだった。



170322-9.jpg
タワシ屋? 墓所そうじグッズ屋?

京都だからこそ成り立つお商売のお店だなあ、
と現実的なことを考えながら歩いたり。


京都は、ただ歩いているだけで楽しい。






category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top

縄張り争い 

 

冷蔵庫の上は長いことトマ猫のテリトリーだった。


が、とうとうナツ猫が登頂に成功したことで、
場所取り争いの場のひとつになった。


170309-1.jpg
小競り合いの後、左右に離れて位置取る2にゃん。



170309-7.jpg
ナツさんがいると落ち着かないトマくん。



170309-3.jpg
小声でつぶやいてみる。



170309-4.jpg
機嫌を損ねるとめんどくさいし。



170309-5.jpg
ただ祈るしかできない。



170309-6.jpg
飽きて先に降りるナツさん。
主導権は常にナツさんにあります。





category: トマ猫

tb: 0   cm: 0

△top

3月5日のうちのベランダ 

 

170306-1.jpg


こうゆうの!


が、本当に好きなんです。
胸がきゅーーーってなる。

ちゃんと無事に冬を越え、
今年もまた明るい緑の葉を芽吹いてくれた。

ありがとう! ありがとう! ありがとう!
いつまでも見ていたい。


群星
170306-2.jpg
南側ベランダは、日が当たるうえ、
風が吹き込みにくいため、
東側ベランダに比べると気温が高い。

そのため、もうこんなに若葉が繁っている。

ううっ 愛くるしさに胸が苦しい。



リビング脇の東側ベランダ
170306-3.jpg
3シーズン目にしてとうとう咲いたクリスマスローズ。


このクリスマスローズは、


170306-4.jpg

ここに置いてある3つの横長プランターの中で、
唯一、


唯一!!!


生き残っている第一期生なんです!!!!

最初に植えられた2014年秋から、
この子の隣人はどれだけ変わったことか・・・


ありがとう! ありがとう! ありがとう!
いつまでも見ていたい。



寝室側の東側ベランダ
170306-6.jpg
この子たちも来年も再来年も咲いてくれるといい。



この日の桜
170306-5.jpg
関東地方はあと2週間強で開花するらしい。



この日のにゃんず
170306-7.jpg
ネコをダメにする日向でダメにされています。





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

ナツ猫の好み 

 

ナツ猫の食の好みはややこしい。


170302-8.jpg


たいていの猫たち(こういう子たちね↓)
170302-6.jpg
(ちなみに二人羽織の練習中)

が大好きなチュール(大人気の猫のおやつ)や
猫缶(高級感あふれるジューシーな鰹のヤツとかとか)

には見向きもせず、
(猫缶は銘柄指定)


基本、カリカリ&スイーツ大好き。
170302-5.jpg
本日の私のおやつ、桜餅(冷凍)は、
冷凍庫から出されるやいやな、
ヒャッホ〜イ状態。

匂いするのかな? 
ためらいなく食べ物認定する。


生協から届いた食材ほか
170302-2.jpg


この中から
注文した本人さえ忘れていた
170302-1.jpg
チョコレートをコーティングしたブルーベリーの袋を
引っ張り出し、

噛みちぎって、でもたぶん食べていない。

なぜこの袋に食べ物が入っていることがわかったのか。
匂いがするの? 

この後、私はちぎられた袋の破片を探すことになる。
食べないとは思うものの、心配だし。
やめてほしい。


そういうわけで、私が横着をして
きちんとしまわずにいると、
袋に入っているスイーツにはたいてい歯形がつくことになる。



そんなナツさんが最近できるようになったことがある。

これまでトマ猫しかできなかった冷蔵庫の上に飛び乗ること。
冷蔵庫の前にあるシンクから飛び乗るのだが、


さらに最近、ラクな方法も見つけた模様。
シンクの前で皿洗いをするおばさんの背中を踏み台にして、
そっから飛べば、

170302-4.jpg
早いよ! みんなもやってみて!!





category: ナツねこ

tb: 0   cm: 0

△top