FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

10月が終わる 

 

10月が終わる。


冬枯れする植物は、伸びきった最後の段階で、
たそがれ感が滲み始めた。

191028-1.jpg
木立ベゴニアは最後の一房が咲いている。



191028-4.jpg
ユーフォルビア・ダイアモンドスターは
いつものようにダラダラ伸びて、完全に形が壊れている状態。


191028-5.jpg
ユーフォルビア・ダイアモンドフロストも
いつものようにダラダラ(以下同上)


191028-3.jpg
手入れが悪すぎてヒョロヒョロ、
虫食いだらけのグリーンアイス。

強いなー、ちゃんと秋にも咲いてくれている。



191028-2.jpg
今春、バラ園で購入したミニバラ、勝手に命名「プチ・ピエール」。

同じ時に購入した友人のところのものに比べ、
あまりにも成長が悪く、何事かと思って調べたら、
最初にポットに刺さっていた4株を
きちんと別々のポットに植えなかったことが敗因らしい。

10センチにも満たない挿し木したばかりの枝だったので、
根をほぐすのが怖くて4株というか4本をそのまま大きな鉢に植え替えたんだけど、
バラは近植されるのが嫌いらしい。

この冬にちゃんと分けるから来年は大きくなりますように。



そういうわけで、うちのベランダは現在、
長い期間咲き続ける地味な花と、
虫に食われて葉が全滅してもちゃんと咲いてくれる強健なミニバラが
今年最後の彩りを見せている。



家の中では、寒がりの猫たちが、
日向に落ちている季節になっている。


毛がボーボーしてきたちゃちゃ。
191028-6.jpg


トマくん
191028-7.jpg



ナツさん
191028-8.jpg

私の膝の争奪戦も始まっている。









スポンサーサイト



category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top

台風!!! 

 

大型台風の接近に伴い、
関東圏が厳戒態勢に入っている。


9月の初めの台風では、

191011-2.jpg

隣の公園の木が折れた。



うちでも台風に備えて、
植物をベランダの内側に取り込んだ。

191011-3.jpg



ウンベラータも確実に倒れるので、
191011-1.jpg
室内に取り込む。



うん、今年も安定の巨大化。

もはや私一人の力では窓から出入りさせることができず、
夫と二人がかりだ。


土曜日はいろいろな予定を入れていたのだが、
すべてキャンセルした。


予定を取りやめた一つがプール。

先週、プールで泳いだ後、
患部が痛くなったのだが、
この1週間で、なんだか患部の一部が膨らんだ。

191011-4.jpg

別に痛くないし、熱を持っているわけでもない。
触ってみると、ぷよぷよする・・・



これはたぶん・・・



中で剥がれた・・・!



そして剥がれた隙間に
俗に言う水が溜まっている状態ではないかと。

プールの中だと陸上よりも手が伸びたので、
ついつい伸ばしすぎたらしい。


191011-6.jpg

痛くないし、まあ少々の水なら、
そのまま吸収されるらしいので、たいしたことじゃないはず。



191011-5.jpg

プールに行きたい気持ちと戦いつつ、
不用不急の外出は控えます。



無事に台風が過ぎ去りますように。







category: 日々のこと

tb: 0   cm: 4

△top

年齢と間合い 

 

プールのゴーサインが出たので
先週末に早速泳いできた。


驚いたことに、水の中だと
たっぷりの水を吸って皮膚が潤う(というかふやける)せいか、
患部の引きつれ感が少ない。

陸上ではまだ十分に上に挙がりきらない腕も
水の中だと比較的のびのびと伸ばせる。

191002-6.jpg


とはいえ、1カ月ぶりだし、
泳ぐのは500メートル程度に自重した。



つもりだったのに、それ以降、ちょっと患部が痛い。


それまでまだなんとなく痺れているような状態だったのが、
泳いだことで一気に覚醒したのか、
正気に戻って現実を知ってしまった感じ。


年齢を忘れちゃいけないってことかもしれない。

191002-5.jpg
(シッポでペチペチする絶妙な間合い)



退院の報告を兼ね、お茶した友人の一人が、
足の小指を骨折していた。

床に置いてあった重たい荷物に引っ掛けて、
小指があらぬ方向を向いてしまったらしい。



ああああ、痛タタタタ!!!


そんな話から、
「間合いがおかしい自慢」大会になった。



私は、
「メガネをかれこれ40年以上かけているのに、
メガネと目の間の幅を見誤って近づきすぎ、
メガネがガツンとものにぶつかる」

で、エントリーした。


いろいろな間合い見誤りエピソードが登場したが、


優勝は、
「ドアを通り抜けるとき、
後ろ足の存在を忘れて、ドアを閉めた」友人。



あああああ、痛タタタタ!!!



そんなことある!? 文句なしの優勝だよ!!!

191002-3.jpg
(距離なし2ニャン。二段重寝もお構いなし)



そして今朝、
ベビーカーを追い越したら、
双子ちゃん用の前後2列のベビーカーで、
ちらっと見ながら心の中で
「あら、かわいい!」と思ったはずが、

191002-4.jpg



「あら、カワイイ❤️」と、リアルに耳から聞こえる!!!


ええええええっ! 心の声ダダ漏れ???
声の制御までできなくなった!? 


と、一瞬わけがわからなくなったが、
実際は、近くにいたおばさまが、
私とほぼ同じタイミングで同じ言葉を発したところだった・・・

191002-2.jpg


声のコントロールができなくなって、
心の声ダダ漏れとか、間合いどころじゃない。


そんななったら「近づくな危険」レベルだ。

191002-1.jpg
(それぞれ平和な距離感で日向ぼっこする3ニャン)





category: 未分類

△top

3つの野望 

 

9月4日(水)に前のり入院し、
5日(木)に手術、


<野望その1 : 1週間で退院>
そして予定どおり10日(火)に退院した。
6泊7日。



長かったわーーーーーー!

190917-3.jpg


<野望その2: 目覚めとともにリンパ確認>
手術後、名前を呼ばれて眠りから起こされたとき、
半覚醒状態で私ははっきりと意識した。

「私のリンパは?」って聞かなくちゃ・・・!


が、予想外に声が出ない。
全身麻酔の時は空気を送る管が気管の相当深くまで差し込まれているらしく、
そのせいで喉をやられ、口からはカスカス空気が漏れるのみ。

3回ぐらい言って、ようやく聞き取ってもらえたが、
うーん、まあ、中成功でした。



手術後の何が辛いって、腰が痛い!!!!

190917-1.jpg

手術翌日の朝6時までは起きてはいかん状態で、
上半身を動かさないまま、
下半身だけで色々な体勢やストレッチを試みるものの、
腰はどんよりと重くなるばかり。



猫のポーズがしたい!!!
190917-5.jpg


結局、深夜24時を回ったあたりから、
あまりにも腰が痛くてほとんど眠れず、
6時に速攻で起き出して、点滴ポールをゴロゴロ転がしながら、
そこから1時間以上、時々ストレッチを挟みながら病室フロアを歩き回った。




入院中は普段はできない勉強でもしようかと本を何冊か持って行ったのに、
これですっかり昔取った杵柄の体育会スピリットが刺激され、


病室のある階から喫茶室のある階まで、
4階分の階段と歩行部分を合わせ、

階段数にして80段の昇り降り+往復100メートルのウオーキング+ストレッチ
を1セットにして、

手術翌日:3セット
2日目:10セット
3日目:15セット

と徐々に増えていき、



これは! うっかり入院が長引いたりしたら、
入院前より心肺機能も筋力も高まっちゃう!

と心配したが、その前に退院日を迎えることができた。



<野望その3: 退院後1週間でジム>
火曜日に退院して、その週の土曜日にジムに行った。
プールはまだダメだと言うし、
上半身はまだ患部が引きつるので、
自転車こぎを40分ほど軽くやって、
下半身の筋トレマシーンをノロノロやってきた。

退院後、1週間でジムに行くもこれでクリアだ。


190917-2.jpg


今回身にしみたのが、寝ている時間が長いことによる腰の痛さ。
これは個人差があるようで、
誰もが痛くなるわけではないらしい。

1晩眠れぬ夜を過ごし、
絶対に寝たきりになってはダメなことを痛感した。



もっとせっせとジムに通おう!

190917-4.jpg













category: 日々のこと

△top

懸念と野望 

 

まもなく入院する。


最大の懸念は、何と言っても植物だ。
190902-1.jpg
絶好調のルリマツリ


絶対1週間で退院したい理由もここにある。

1週間くらいなら、植物たちは「なんかいつもと違う」と思っているうちに過ぎ、
「あれ、気のせいだったかな」でわりと何事もなく終わる気がするが、

10日、2週間となると、
「もう無理!」って子がちらほら出てきそう。



190902-2.jpg

生き延びてねーーー



手術にあたっては野望が1つある。

初期乳ガンの手術では、
脇にあるリンパまで切除するかどうかで、
術後の後遺症の度合いが大きく変わるらしい。

リンパまで切除するかどうかは、
手術中に同時進行で行う細胞検査の結果次第なため、
術前はわからず、手術中に決定される。

もちろん取らないに越したことはない。


5年前に片パイ取った友人によると、
「麻酔をかけるときは、ドラマにあるように、

”はい、麻酔かけます。数を数えてください”って言われ、
数えるんだけど ”いち、にい” ぐらいで落ちるのよ。

2時間ぐらいして、起こされるんだけど、
目覚めた瞬間に、

”私のリンパは?” って聞いたの」



なにそれ、惚れる・・・!!!



そういうわけで、私も真似ることにして
かれこれ1カ月ほどイメトレしているのだが、

自家全身麻酔(就寝)して、自発的覚醒(起床)時、
2回に1回は、

190902-3.jpg

「ちゃちゃ、うっさい💢」

毎朝、4時前にはメシ!メシ!コールで起こされるからだ。


そして2回に1回は無の状態で目が覚める。
イメトレ全敗。


ちょっと、本当にそんなことできるのか?



友人によると2時間は寝落ちていたのに、
ほんの10分ぐらいしかたった気がしなかった、ということなので、

「はい、麻酔かけます。数を数えてください」って言われたら、
「(私のリンパが)ひとつ、(私のリンパが)ふたつ、(私のりんp・・・・


と、直前まで意識高く持つってのはどうだろう。
野望達成のためには、もはやぶっつけ本番しかない。








category: 日々のこと

tb: 0   cm: 5

△top