FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

花を飾りたい 

 

土曜日に息子が帰って来て、
母の日の前渡しだと言って、


花束をくれた。
170424-1.jpg
光の早さでやってくるナツ猫。


植物が見えた瞬間に謎のスイッチが入るのがわかる。


ナツ猫との攻防戦を繰り広げながら活けるも、
ちょっと目を離すとちぎっては投げ、ちぎっては投げ!


夜は本棚の空いているところに避難させたところ、
170424-3.jpg


170424-4.jpg


ダメだ・・・



トマ猫も興味はあるものの、
170424-7.jpg
せいぜい匂いを嗅ぐ程度。

ちゃちゃ猫にいたっては興味なし。



ナツさん・・・



ベランダのクリスマスローズの花を切って、
ベッドサイドに飾っても、
170424-8.jpg
たちまち気がついて、


170424-5.jpg
このありさま。


ナツさんの「花は抜くべし」ミッションの遂行は絶対らしい。



そして今回も、
170424-2.jpg
花をありがとう、と記念撮影後、



170424-6.jpg
トイレの棚に、こうなりました。
いろいろ大集合中。



私は部屋に花を飾りたい・・・






スポンサーサイト



category: 未分類

tb: 0   cm: 4

△top

青の洞窟 

 

現在、渋谷の公園通りとそこから代々木公園に続く道では、
青いLEDのイルミネーションが目を楽しませてくれています。


161215-1.jpg

この写真を左に向かって行くと、
右に代々木体育館、左にNHKホールのある遊歩道につながる。


そこでは現在、「青の洞窟」が作られています。

上から見ると、こんなで、
161125-6.jpg



正面から見ると、こんな。

地面に光沢のある黒いシートが敷かれ、
そこに青い光が映り込むことで、まるで洞窟の中の地底湖みたい。


地底湖の周りには、三角コーンにバーが渡され、
柵が作ってあります。


が、



地底湖の仕組みを理解しない人々が、
一人が中に入り始めるとワレモワレモと後に続いて柵を乗り越え、
みるみるうちに地底湖は埋め立てられてしまいます。


なので、地底湖が出現するのは、点灯(毎日17時)後、
せいぜい1分程度という「ほぼほぼ幻の地底湖」です。


でも「青のトンネル」だけでも十分きれい!
実物はもっときれいですから!!




category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

まさかの結婚記念日 

 

昨夜、夫からメールが来ていた。


「本日、23回目の結婚記念日。ありがとう」的な。




160513-1.jpg



しかも、メールに気がついたのは今朝。


160513-3.jpg

夫いわく、
「覚えていないのはしょうがない。
でもメールに気づいたのが今朝ってどゆこと・・・!?」



うん、なかなかの鬼嫁炎上案件です。
160513-2.jpg


私は記念日とか全く覚えられない。
覚えている記念日は、夫と息子と自分の誕生日3つ。
覚えている電話番号は、自分の携帯と事務所と実家の固定電話の3つ。


メモリー容量が各カテゴリー3つ、というわけですね。

いや〜、自分の誕生日の近く、
あるいは毎年の母の日の近く、
とざっくりとは覚えていたんだけどね。
昨日だったとはなあ wwwwwwwww


ちなみに、結婚式をしたのは、ここ。
160513-5.jpg
(写真:www.vogue.co.jp)

フランスのスイス国境近くにあるロンシャン礼拝堂。
近代建築の父と呼ばれるル・コルビュジエが設計したもの。

1955年に完成したロンシャン礼拝堂で結婚式をあげた
3番目か4番目の日本人カップルだったはず。

私たちはクリスチャンではないが、
当時の神父さまがオープンな方で快く受け入れてくださった。

打ち合わせに行ったとき、
神父さまの「社会の窓」もオープンだった!



まあ、ここまで仲良く、
160513-4.jpg
こちらこそ、ありがとう!!







category: 未分類

tb: 0   cm: 4

△top

新緑! 新緑! 新緑! 

 

1年中でもっとも好きな月、5月がやってきた。
(1つ歳を取ったりもする)


調子に乗ってチャコールグレーばかり集めてしまった
うちのリビングは、午後になると、
160502-7.jpg
家の中のあまりのダークさに外の緑が映る。


暗い室内から写真を撮るせいか、
東側のベランダに日が当たる時間に写真を撮ると、
160502-2.jpg
緑がにじんで、窓の外が緑色に輝く。


そして薄暗くなると、
160502-3.jpg
青くなる。



緑がかった窓の外を、
160502-5.jpg



眺めて飽きることがない。
160502-6.jpg







category: 未分類

tb: 0   cm: 4

△top

ピンポンダッシュ 

 

我が家の2にゃんは、揃いも揃ってビビリさん。


ナツさんはもちろん、トマくんも我が家に来て半年で、
ピンポン=知らない人が来る! と学習し、



ピンポ〜ン




ダッシュ
150804-1.jpg
大好きなごはん中だったにもかかわらず、


150804-2.jpg
誰か来る?



一方、ナツねこも
150804-3.jpg
ここで大丈夫かな・・・


150804-4.jpg
ここまで来れば・・・



もちろん、お客さま中は決して出てこない。



そんな2にゃんの距離は、ずいぶんと縮まっている。
トマくんはもう、ナツさんがいようがいまいが空気を読まなくなっているし、
ナツさんも一瞬引きつりながらも、固まって落ち着く。



暑い夏の昼下がりは、
150804-5.jpg
ニアミス昼寝。on 息子's ベッド。



寝苦しい夏の夜は、
150804-6.jpg
ベランダに飛び込んで来るセミ取りの相談。



編みぐるみのような2ショットが撮れる日も近い・・・かも。







category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top