FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

満開 

 

昨日の日曜日。桜満開。

190401-1.jpg

190401-3.jpg

190401-4.jpg


うちでは、寝室のベッド脇にある掃出し窓には
ちゃんとしたカーテンをかけていない。



理由は、

190401-2.jpg
目を覚ますやいなや、この景色が見たいから。
こんな贅沢ある? って思う。




この公園では、
紅白の垂れ幕までかけて大宴会が繰り広げられていたが、



うちは、ベランダで。
190401-7.jpg

友人が何種類ものおかずを詰めたお花見弁当を作ってくれた!
これがまあ、美しいは美味しいは!!!

ちなみに、私は生ハムとブドウを皿に盛っただけ。


190401-5.jpg

今年も堪能しています。



この日、
高いところが嫌いなちゃちゃが
190401-8.jpg
シャンデリアの下ぐらいに置いてある
出戻り息子の電子レンジから、本棚に飛び乗ったーーーーーー!


そんな高いところに登って、自分で降りられるの?
と心配したが、息子によるとすでにちょくちょく登っていたらしい。


なんの心境の変化でしょう。



一方ナツさんは、
190401-9.jpg
安定の花抜きミッション遂行中。



知らない人が怖いトマくんは・・・
いつものようにズーーーーっと隠れていたが、
最後の方は出たい気持ちと怖い気持ちに挟まれて、
「まだーーーー!まだーーーーー?」と遠くの方で騒いでいた。







スポンサーサイト

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top

京都出稼ぎ 

 

先週は水曜日から土曜日まで、
京都やら金沢やらに出稼ぎに出かけていた。


去年も来た銀閣寺
190327-1.jpg

銀閣寺のお庭の真ん中には、
大きな砂山がある。

砂だけでできており、数日に1回の割合で、
作り直されるものだという。

ただしこれは、銀閣寺を造営した室町幕府八代将軍の足利義政の時代にはなく、
江戸時代の庭師が作り始めたのだそう。

一体、どういうつもりで作られたものかはわからないらしい。

今回、これを見た一緒にいたアメリカ人が、

「Mt.FUJIじゃない?」と。


うむ、確かに言われてみればそれっぽいが、
そうだとしたら、絶対、趣味人の義政の趣味には合わない。

なんとなく銀閣寺にそぐわない気がするんだけど、どうでしょう?


ガイドの人いわく、
「京都にたくさんあるお庭の中でも、
銀閣寺のお庭は最も手入れされているお庭の一つ」だという。


190327-2.jpg
落ちた椿一輪を残し、
小さな枯葉1枚、松の針葉1つない庭師の鬼仕事!


この鬼気迫る仕事ぶりが、
190327-5.jpg
まあまあな斜面もある庭全体に及ぶ。


みんな! これがどんなにすごいことか見て!!



この出稼ぎでは、シアトル在住の日本の方と一緒だった。
彼女が言うには、

現在の日本のイメージは、
40代以上のアメリカ人にとっては、
「ソニーなどを産んだ ”かつてハイテクだった国”」

30代未満のアメリカ人にとっては、
「アニメ、漫画、日本食などの ”サブカルの国”」で、
ハイテクのイメージは一切ないのだそう。


そうした記事はこれまで何度も読んだことがあったが、
現地在住の人に生で聞くと、事実として迫るものがある。


ピンセットで雑草を抜いているに違いない銀閣寺のお庭を見ながら、
諸行無常 盛者必衰 傲るべからず

などと考えた。



4日間も家を空け、その間のちゃちゃの薬が心配だったが、
出戻り息子と夫が二人掛かりで何とか与えていたらしい。



息子の荷物が置いてある本部屋は現在、
190327-3.jpg
ニャンズのジャングルジム状態。



190327-4.jpg
高いところに登らないちゃちゃですら、
あちこち登って楽しんでいる。

お鼻が悪化しなくてよかった。







category: 日々のこと

tb: 0   cm: 4

△top

もうすぐ桜 

 

日曜日に上野公園に行った。


190319-1.jpg
人があまりいないように見えるが、
この5倍ぐらいの人が繰り出しており、


「まだ?」
「もうすぐ?」


という人々の期待感でうっかり咲いてしまうんじゃないか、
と思えるほどの賑わいだった。

桜が満開の上野公園に行ったことはないが、
すごそうだな・・・



上野公園に行ったのは、
公園内にある東京都美術館で開催中の「奇想の系譜展」を見るため。
190319-7.jpg



こうした展覧会は、会期の後半になるほど人が多くなるので、
最初の方に行くべきなのはわかっているのに、

まだやっている、とついつい先延ばしにし、
もうすぐ終わってしまう!と慌ててやってくるとこの有り様。

190319-2.jpg

15年ぐらい前、ようやく日本画のおもしろさに気がついた。

こんな絵を描く人は、
相当破天荒な人だったんだろうな、
などと笑いながら観た。




本日のベランダから見える桜
190319-3.jpg

ふっくら!


190319-4.jpg

ちょっとピントがおかしいのは置いておいて、
枯れ木色ながら、なんだか密度が濃くなっている!


皆さん! もうすぐですね!!!❤️



もうすぐ5回目の漢方薬クールに入るちゃちゃ
190319-6.jpg

明日から4日間の出張が入っており、
またきちんと薬を与えることができなくて、
ぶり返してしまうんじゃないかと、不安感を抑えられない。

薬係を居候息子に託す。






category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top

週末は展覧会 

 

先週末には、友人に誘われて
現在、世田谷文学館で開催中のヒグチユウコ展「CIRCUS」に行った。


190226-1.jpg

開始からすでに1カ月以上経っているのだが、
グッズ販売の活況たるや!


190226-4.jpg

初日の1月19日には、開場が10時にもかかわらず、
9時45分に到着した人は展覧会を見ることはできたものの、
グッズ会場に入るための「整理券」をもらえなかったとか・・・

立派なヲタな友人(初日にも来た)によると、
彼女は9時30分に到着したのでかろうじて、
16時半だか17時だかの整理券を手にできたが、
その後に続こうとした「北海道から来た」とかいう人は、
断られて泣きそうになっていたらしい。

そりゃ、泣くよね。


そして2月23日でもまだ上の状況。


なんでも、現在日本で1、2を争う人気のイラストレーターらしい。
(知りませんでした!)


190226-3.jpg
人気キャラの1つ、ギュスタヴ君1〜10号。
顔がネコ、手がヘビ、足がタコ(でも数は6本)なんだって。



190226-2.jpg
ワニ


ざっくり言うと、
一体、どこからどうやったらそんな発想が?という絵柄と、
それはそれは細かい描写、が特徴。
(相当ざっくりですが)

どうやら中毒性があるらしく、熱狂的なファンが多い。


私も「グッズ」に全く興味がないにもかかわらず、
ついバンダナとか買っちゃった。

クッションカバーにする予定。


「新・北斎展」と「奇想の系譜展」も行きたいのだけど、
行けるかな・・・



翌24日は、月イチの実家へ。


ただただ甘ったれるアンさん
190226-5.jpg



帰るたびに服やら髪飾りやら増えている。
190226-6.jpg





category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top

人生、3度目の・・・ 

 

ちゃちゃが、何の前触れもなく
突然、全快した2月4日の月曜日。


私は、人生3度目のインフルエンザを発症した。

190201-4.jpg
(私の心象風景)



はああ、もう3度目ともなると、

「インフルエンザ、来ちゃった」 
と、まだ0.1度も熱が上がらないうちにわかる。


午前中は何ともなかったのに、
午後になって腰のあたりから悪寒が走る。


悪寒が走る、とはよく言ったもので、
本当に腰のあたりから背中を悪寒が駆け上がる。


「あれ? いつハードな運動したっけ?」という感じで、
筋肉痛があちこちで始まる。


前回2回のあのツラさがまざまざと思い出され、
この時点で病院に行って検査してもらったものの、
早すぎる時点での検査では
インフルエンザのウイルスは検出されないんですって!

鼻の奥に綿棒突っ込まれただけで、
解熱剤を処方してもらって帰った。



そして翌日火曜日。
熱は38度に上昇し、起き上がれなくなっている。



初めてインフルエンザにかかったのは、
30代の後半だった。

インフルエンザだとは知らず、
風邪は寝て治すつもりの私は、
熱が41度に達した発症から3日目に
すでに足腰立たないので文字どおり引きずられて病院に行ったが、
もはやインフルエンザの薬は効かず、
解熱剤はもらったものの、まさに「寝て治す」以外なかった。

体温が41度になることが
こんなに身体にダメージを与えるとは知らなかったよね。

結局、元の体調を取り戻すのに1カ月ぐらいかかった。


2度目は40代後半のとき。
この時は復活するのに2週間ほどかかった。


そして今回3度目。
もはやベテランの域に達している。

ワクチンに関しては賛否両論あるようで、
だったら今後も打たなくていいかな。


その代わり、私なりの最もダメージの少ない対処法を見出した。

①まず、悪寒が走って運動していないのに筋肉痛になったら、
病院に行って解熱剤をもらう。
市販の解熱剤でもいいかもしれない。

②2日目に熱が上がって来たら、解熱剤を飲み、
効いてきたら、再び病院に行って検査・確定のうえ、
タミフルなどのインフルエンザ薬を処方してもらう

③タミフルを飲んで、静かに寝る。


このやり方だと、8日間で復活できる。
1回目と2回目の惨敗ぶりを思えば、相当な進化でしょう!



こちらは、私のベッド
190214-5.jpg
首の周りにちゃちゃ、お腹の横にトマくん、足元にナツさん。
隙間に私。


これはあれか?
弱った仲間に寄り添う動物の癒しの本能か?

それとも、熱があるので、
「あれ!今日は床暖の温度がいつもより高くて嬉しい!」か?



床暖効果だな。



窮屈でゆっくり休めないから、
本当はニャンズは閉め出すべきなんだろうけど、
したくない(夫は閉め出した)。



一緒にいてくれてありがとう。
190214-3.jpg

190214-4.jpg

190214-2.jpg
そういえば、ちゃちゃがこんな風に仰向けになっているの、
久しぶりかもしれない。







category: 日々のこと

tb: 0   cm: 6

△top