FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

夏の1日 

 

昼間は相変わらずセミたちがシャンシャン・ミンミン鳴いているが、
夕方からは虫がリンリン・リャンリャンするようになった。


が、ニャンズの1日はたいして変わらない。


朝ごはんを食べてしばらく休憩後は、ブラッシング。
まずはナツさんから始める。


こちらは順番待ちの皆さん。
200826-3.jpg


ブラッシングが終わると、お昼寝。


エアコンがよく効いているリビングを避け、
寝室の私のベッドの上で、
200826-5.jpg
ゴロゴロと、


200826-7.jpg
うっとりと、


200826-6.jpg
ゴロゴロと、


200826-1.jpg
スヤスヤと、する。


夕ご飯を食べたら、
200826-8.jpg
セミを見て暴れたり、


200826-2.jpg
暴れて暑くなったのでエアコンの下で体を冷やしたり。




なんかもう、これでいっか、という気持ちになる、
夏の1日。



そうそう、てんとう虫?と思っていたこの子たち、
200816-9.jpg
クサギカメムシ、というカメムシの仲間だった。

この赤くて丸っぽいのが1齢幼虫、
ガーゴイルの幼虫みたいなのが2齢幼虫というらしい。

教えてくださったさくらさん、ありがとう!
すっきりしました!





スポンサーサイト



category: ナツねこ

tb: 0   cm: 7

△top

うちのツミちゃんのその後 

 

桜が咲く頃から隣の公園に住み、
時々、うちのネコたちを狩りに来ていた、

200401-6.jpg
日本最小のタカ、ツミちゃん。



昨日、YAHOOニュースになっていた。

200617-7.png

200617-8.png


公園に来ていたツミちゃんは、
5月初旬頃まで、しきりに鳴いてパートナーを探していたが、
結局見つからず、いつの間にかいなくなり、
時折、遠くで鳴き声を聞く程度になっていた。


ニュースになっていたのは、うちから直線にして12キロほど離れたところ。
いやもう、絶対うちのツミちゃんでしょ!





あの頃、ツミちゃんに狙われていた猫たちは今・・・

200617-5.jpg

「川」の字になって寝ている。
この場所はこの画像の上の方に掃き出し窓があり、
いい風が通るため、この季節の猫たちのお気に入りお昼寝場だ。



もう1つのお気に入りスポットが、
200617-3.jpg
ファクスのムロ?

仕事場を自宅に移したため、できたこの場所を狙って、
ナツさんとトマくんが争っている。



猫を狙って窓に突っ込むツミちゃん、
なんて絶対ニュースになるんじゃないの!?
と思ったものの、


うちのマンションはペットは2匹まで。



ちゃちゃは妖怪枠とはいえ、
200617-6.jpg

妖怪を飼っていることも秘密なので、
公にするわけにはいかない。



うちのツミちゃんもどこかで子育てしていること密かに願うばかり。









category: ナツねこ

tb: 0   cm: 2

△top

天国ブラッシング 

 

ナツさんはブラッシングが大好き。


200221-8.jpg


とりわけ人気が高いのが、
「冬の陽だまり天国ブラッシング」コース。

もともとブラッシングはキッチンの床でやるのが好きで、
キッチン横のドアから入る日光にぬくぬくしながら
ブラッシングされるのがたまらないらしい。

キッチンの床に陽だまりができる時間になると、

「ナ〜ン」

キッチンから呼んでくるが、
私は大抵、洗面所で身支度中。

私「はいはい」

「ナ〜〜ン」

「はいはい」

「ナ〜〜〜ン」

「はいはい」


「んーー  なああああ(怒)」


あ、キレた。


そういうわけで、ブラッシングだ。
200221-1.jpg

が、この時期のブラッシングはみんな好き。



しばらくすると、
200221-2.jpg


トマくんがやって来て、至近距離で交代を迫る。
200221-3.jpg

こうして最初のお客様はプンスカ怒りながら退場。



急いでブラシをキレイにして、
200221-4.jpg


そしてまたしばらくすると、
200221-5.jpg

2番目のお客様も渋々退場。



200221-6.jpg

こうしてトコロテン方式で猫が入れ替わっていき、



またしばらくすると、
200221-7.jpg




ふりだしに戻る!?






category: ナツねこ

tb: 0   cm: 3

△top

日常の小さな不満 

 

日常には小さな不満があふれている。


191209-1.jpg
ちゃちゃに猫型湯たんぽ扱いされて困惑するトマくん、
と正しい距離を取るなつさん。



同日夜
191209-2.jpg
トマくんに猫型まくら扱いされて呆然とするちゃちゃ、
と正しい距離を取るなつさん。



191209-3.jpg
お気に入りの陽だまりに
お気に入りじゃない毛だまがいて超絶不機嫌ななつさん。



191209-9.jpg
不穏な空気に気づいて超絶不安げなちゃちゃ。



191209-5.jpg
特に意味はないけど不機嫌そうなちゃちゃ。




191209-6.jpg
日曜日の猫缶も食べてお腹いっぱいの3ニャン。
距離感なし。



191209-7.jpg
平和すぎてうっかり3ニャン猫玉になりかけたことに、
「あたしとしたことが!」と反省中のなつさん。




191209-8.jpg
今年も美しく紅葉したもみじ。



トータルすれば文句なしってことで。











category: ナツねこ

tb: 0   cm: 4

△top

2019年明けましておめでとうございます 

 

明けましておめでとうございます。



2019年初日の出
190107-1.jpg

今年は雲が多く、太陽の光が見えたのは、
ようやくここまで登ってからでした。




そして、新年早々、これだよ!
190107-2.jpg


あああああああああああ!!!!



それが発覚したのは、1月2日朝のこと。


植木鉢が落とされる音は聞いていないので、
犯行時刻は、出かけていた1月1日の夜のことと思われる。


室内に取り込んでいたユーフォルビア・スノープリンセスが窓の桟から落とされ、
その下にあったウンベラータが巻き込み事故にあった模様。



190107-3.jpg

しかもスノープリンセスは、まだまだたくさん白いヒラヒラがついていたのに、
ほぼほぼむしりとられている・・・



コナン君を呼ばなくても容易に犯人は推理される。



こいつだ↓
190107-5.jpg

片付けに追われる私の足元に
お気に入りのモールを持ってきて、
「これで遊んであげる」と見上げるナツさん。



邪魔するもののいない室内で、
190107-6.jpg
思う存分、荒ぶったのでしょう。
そりゃあ、満足だったでしょうとも。



そして、さらにわかった新事実。

部屋がほんのりとピピ(おしっこ)臭がする。
だとすると、



ナツ猫が荒ぶってスノープリンセスを蹴落とした後、トマ猫が土の上にヒャッホ〜イした。



という新年早々の協同作業か!

さらにさらに、ベッドの下まで土が飛んでいるので、
隙間ハタキを差し込んでみると、

190107-4.jpg


うわあああああああ!! 


再び。


100歩譲って、乾電池と消しゴムは許そう。



セミっ  とは?



これもコナン君がいなくてもわかる。

東のベランダのネコ放牧場で弱ったセミを見つけたトマくん↓が、
190107-8.jpg
私に見つからないように大急ぎで彼をくわえ、
ベランダから最も遠いこの部屋に引き込み、
もてあそんだのでしょう。あの暑い夏の終わりに。

そして彼はベッドの下に・・・



はああああ...




でも、

スノープリンセスはきっと大丈夫㊗️
ウンベラータも大丈夫㊗️
セミもまあまあ早い時期に見つけてあげてよかった㊗️



190107-7.jpg


今年も、小さな幸せを積み重ねて参りましょう!
どうぞよろしくお願いいたします!!!





category: ナツねこ

tb: 0   cm: 2

△top