FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

ネコが床に落ちている季節が来た 

 

先週火曜日の暴風雨で
まだまだきれいだったバラがすっかりやられてしまった。

花を切り取った後の群星は抜け殻のようで、
しかも週末の暑さにもやられて、
ヨレヨレになっている。


代わって今が一番きれいなのは、

ヤマアジサイ ベニデマリ
190527-1.jpg

我が家に来て2年目の昨年は、「1房」しか花がつかなかったが、
今年はたっぷりとついた!

「剪定しないとどうなるか実験」をしたので、
姿が悪いが、

190527-2.jpg

小ぶりのお花の房はそれはそれは可憐!


一方、もうひと鉢のヤマアジサイ、
富士の滝
190527-3.jpg

こちらは「滝のように」花がつく、
にはまだまだ修行が足りないらしい。




玉シャジン
190527-4.jpg

こんな花を買った記憶はすっかり失われていたんだけど、
なにこれ、すごいかわいい!

キキョウ科らしいが、
キキョウらしさがどこにもない。

そしてなにより、「玉シャジン」という名前がいい。



30度を超えたこの週末、
ネコが床に落ちている季節がやって来たことを知る。


190527-5.jpg

ちゃちゃの副鼻腔炎はすこーーしずつ、また悪化している。
一方で、まずい漢方薬への拒否反応が次第に強くなっており、
どうしたもんか・・・


190527-6.jpg

トマくんもここのところ、しょっちゅう床に落ちているが、
最近のブームはこのダンボールらしい。


190527-7.jpg

寝ない子のナツさんは、他の2ニャンが床で冷を取っている時も、
私の足元に丸くなって、
あれせい、これせい、とシッポでペチペチやっている。





スポンサーサイト

category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top

王道のバラ園 

 

千葉県にある京成バラ園に行った。


190520-1.jpg

関東圏では王道のバラ園の一つなのかな?
もう、ちょっと圧倒されるほどの見頃のバラに埋れた。



これだけたくさんのバラを1度に見ると、
自分の好みがクリアになってくる。



やはり、
190520-7.jpg
(名前、チェックするの忘れた)

こういう小ぶりの白いつるバラや、



ローブリッター
190520-8.jpg
このぐらいのあっさり目のかわいいものが好き。



私は自分の顔が地味なせいか、
あまりに高貴で華やかなバラには
どうも失礼しました、という気分になるらしい。


ベルばらの登場人物をイメージしたバラのコーナーがあり、

マリー・アントワネット(王妃マリー・アントワネットだったかも)
190520-2.jpg


オスカル・フランソワ
190520-3.jpg


おお、なるほどねー!
オスカルやマリー・アントワネットが背負っていそうなバラだった。


ベルばらコーナーを見ている時、
若い男の子が、「アンソニーはどこだ!」と騒いでいたが、
「アンソニーは18世紀フランスにはいません」と
心の中でそっと突っ込んどいた。



バラ園には友人と二人で行ったのだが、
二人が一番熱心に見たのは、



ミニバラの見切り品販売コーナー・・・ wwwww
どこまでも庶民なわたくしたち。


だって、1ポット200円なのよ!!



で、連れて帰りました。
190520-4.jpg

氏名不詳。
見切り品って名前すら取り外されてしまうのね。



いや、いいの、いいの!
なんてかわいいの💕



今はまだ挿し芽しただけみたいなか弱いものだが、
今年1年がんばったら来年には早々に、

190520-5.jpg

左側にあるグリーンアイスのさらに左側に並べることができるかな。


今が一番きれいなグリーンアイス
190520-6.jpg













category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top

母の日 2019 

 

我が家では毎年、
母の日は、私と夫の誕生日あたりであり、
結婚記念日あたりだ。

私は記念日にこだわりがないので、
かろうじて家族の誕生日は覚えているものの、
結婚記念日ほかの記念日は「あのあたり」ぐらいにしか覚えていない。

幸いにも誕生日と結婚記念日の「あのあたり」には母の日があり、
世間が教えてくれるため、ある程度忘れない。



この日は毎年、息子が花束をくれる。
「今年はハードをテーマにしたブーケをよろしく」
とお願いして、贈ってくれたのがこちら。

190513-5.jpg

(ちなみに「彼の母」は生きていますが、
赤いカーネーションは家に似合わない、と思うらしい)


どこがハードかというと、

190513-6.jpg

『量』 だった。
大小合わせて花瓶5個分 wwwwwww

大量すぎてトイレに避難させることができないので、
ナツ猫の攻撃を受け続けている。



ベランダでは、去年より2週間近く遅れて、
つるバラ群星が満開になった。

190513-1.jpg


みんな南を向いている・・・
190513-2.jpg


家の中から見えるのは、
ほぼほぼ後ろ姿。

190513-3.jpg
房で咲いているはずなのに、見えん!!!



どうしても正面が見たくて、
190513-4.jpg

マンションの外側から、
マンション植栽に首とカメラを突っ込んで
写真を撮った。


一歩間違わなくても不審者そのものです。
それでもこのぐらいにしか見えない。



ゼラニウムも絶好調!
190513-7.jpg


190513-8.jpg


ずーーーーーっとベランダにいたい。






category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top

緑に染まる季節 

 

GW、終わっちまいましたね・・・

次の祝日は7月15日だそうですよ・・・! Oh...



そういうわけで5月!
一番好きな5月!!
緑に染まる5月!!!

190508-1.jpg
何がきれいって、
私は裸眼の視力が0.04と0.01なのだが、
顔でも洗おうかとメガネを外して見たこの景色の
美しさときたら。

あらゆるものの境界線がぼやけて、
雨が当たるフロントガラスから見た光の風景のように見える。

洗面所の鏡に映る緑の光の玉に
すぐに見とれてしまうので、
洗顔も化粧も一向に進まない。



ほぼほぼ緑一色だが、
ほんの少し花も咲いてる。

群星と黒花フウロ
190508-2.jpg

今年はバラがゆっくりめ。
昨年はフランスに遊びに行っているうちに
すっかり盛りを過ぎた群星が、
GWが終わったのにようやくこのぐらい。

でももうすぐ〜〜〜〜💖



190508-3.jpg

あちこちの美しいお庭でバラが咲き進んでいる中、
こんな地味な光景にワクワクしている。


何が心踊るかというと、
190508-4.jpg

ユキノシタのヒゲが伸びて、伸びて、伸びて、
40〜50センチ下にある別の植木鉢に
もうすぐ到達する!!!

そしたらこの新大陸で
新たな開拓が始まるかと思うと、
ね、希望がいっぱい〜〜〜〜



一方、冬の間、室内に入れていたウンベラータ
190508-5.jpg

このまま外に出したら、
間違いなく夏の間に天井に到達するので、
どこまで切ってから出そうかと悩んで、


今年は、
190508-6.jpg

この程度に。
昨年のようにバッサリとV字型になるまで切ろうかと迷ったものの、
ちょっと手加減してしまった。



190508-7.jpg

この美しい5月に始まった令和の時代が、
平和と希望で満ち満ちますように。





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

浮き立つ気持ちの鎮め方 

 

昨日は仕事で1日中緊張をしており、
帰宅してからも気持ちがヒリヒリしていた。


そんな時は、ベランダだ。

もう夜なので、美しい緑はわからないものの、
葉っぱに触れたり、急に思い立って配置替えをしてみたりしているうちに、
気がつくと気持ちがニュートラルな状態を取り戻している。


スミレが咲いた!
190418-1.jpg
なぜだか、葉っぱが全く大きくならないのに、
花芽がいくつか立ち上がっている。


ジューンベリー
190418-2.jpg
1本の幹から出ているにもかかわらず、
花が咲き、葉も展開し始めているのは軒下に入っていない部分(真ん中より右側)。
軒下に入っている部分には芽さえ出ていない(真ん中より左側)。

日差しの有無が残酷なまでに影響する。



東側ベランダでは八重桜が満開。
190418-3.jpg


190418-4.jpg

公園にはこの季節、いろいろな鳥がやって来ており、
全く知識のない私でも、5〜6種類の鳥の鳴き声を聴き分けられる。



ティアレラにもたっぷりと花芽がついた。
190418-5.jpg
ギッチギチなので植え替えが必要。



暖かいので、ニャンズも外の空気を堪能している。


190418-6.jpg
トマくんはしきりに鼻をうごめかせて、
春の匂いを嗅いでいる。


190418-7.jpg
ナツさんは、フェンスの下の隙間から、
下界を眺めるのが大好き。


190418-8.jpg
3ニャンの中で唯一、長い尻尾を持つちゃちゃは、
フッサフッサの尻尾をブルンブルン振りながら、
時々、ビビッ!ビビッ!とどこかから電波を受信する。







category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top