FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

東側ベランダの移り変わり 

 

私のベッド横のはきだし窓にはカーテンがない。


理由は、朝目覚めるやいなや、
200915-1.jpg
この景色が見たいから。


私は近眼なので見えている景色はスーラの点描画のようなのだが、
それがまたきれいで毎日毎日全く見飽きない。

こちらは東側のため、季節の移り変わりとともに
太陽の昇る位置が日々変わって行くのも実感できる。

今は秋の始まりの疲れ切ったけだるい緑の時期。


毎朝、それでもキラキラ光る葉と木漏れ日を見ながら、
ぼんやりと植物の配置を考えることが多い。


今年の夏は、南側にあった成長の遅い
ルリマツリの大鉢をこちらに移動させた。
200915-2.jpg
南側では夏の間、手すりの上にしか日光が当たらないので、
朝方だけでもベランダ内側に日が射す東の方がマシに違いないと気がついたから。


200915-4.jpg
マンション植栽のサルスベリとのコントラストもきれい。


さらに6月に買ったヤマアジサイを乗せるため、
200915-3.jpg
背の高い花台を購入。
ヤマアジサイは、これから冬の間に大きな鉢に植え替えて
春になったらここに乗せる予定。

日が当たるとはいっても、手すりの上の方だけなので、
背の高い鉢や背の高い花台がないと育たない。


来年の初夏には、目が覚めたらあの白いヤマアジサイの点描画が見えるはず!
楽しみすぎる。


この景色が見えているのはこのベッド。
200915-5.jpg

日中は、ソーシャルディスタンスに厳しい子と、
全く気にしない子たちがゴロゴロしている。





スポンサーサイト



category: ガーデニング

tb: 0   cm: 6

△top

夏だ! 虫だ! ひんやり暑い! 

 

驚くことに8月も後半に入った。


ものすごく暑いが、虫たちはお構いなしだ。


枯れ枝がついていたから取ろうとしたら、
200816-1.jpg

ナナフシだった!

私が発見するときはいつも一番頭に近い方の足を
前方に向かって揃えているので、4本足の昆虫にしか見えず、
毎回、「あんたは昆虫じゃない!」と言い聞かせている。



しょっちゅう見かける
200816-2.jpg

こいつはトックリバチの巣だという。


200816-3.jpg

以前からあちこちで見かけていて、
一体これはなんなんだと思っていた。

ある時、割れた塊の中に緑色の芋虫が4〜5匹入っていて、
「芋虫のゆりかごだったんだ!」と思ったら、
それらはトックリバチの保存食料だったらしい。

親バチがこの中に卵を1個だけ産んで、
産まれた幼虫が食べるように仮死状態で芋虫を入れておくそうだ。

すごいことするな。



カビか虫か、
200816-6.jpg

今年は極めて梅雨らしい梅雨だったせいか、
この黒い点々があちこちに大発生した。

カビだと思っていたけど、
ある日よくよく見ていると、黒い点々が動いている!

もしかしてハダニ!?
今もよくわからないまま、せっせと指でこすり取っている。



8月10日にラベンダーの葉で見つけた
200816-9.jpg

うおおおおおお! 虫が! 生まれて! たわわに! 実っている!!!

すぐさま切り取って滅却しようとしたものの、
ちょっと冷静になって見てみると・・・

これって、てんとう虫?

てんとう虫だったら、益虫だ。
と思い直して、そのままにしてみた。



翌日、
200816-8.jpg

わああああああ! ヒンヤリするーーー
たった1日で、ガーゴイルの幼虫みたいになっとる!

と、すぐさま切り取って滅(以下略)
でも! 見て! ラベンダーの葉っぱ、齧られていない!!



さらに翌日、
200816-7.jpg

全員、無事に旅立ったらしい・・・
てんとう虫だと信じているよ。


暑い中でも、ちょっとヒンヤリした3日間でした。



ちなみに花もちょっとだけ咲いている。
200816-4.jpg

ノリウツギ(ピラミッドアジサイ)も姿はひどいものの、
なんとか咲いた。



東側のベランダでは、
200816-5.jpg

メドーセージが暴れている。






category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top

アジサイが来た! 

 

アジサイの季節がやって来た。


去年、あまりの美しさに日に何度も眺めていた
ヤマアジサイの紅てまりは、

190527-1.jpg

こんなにも盛大に咲いたあと、
あれよあれよと言う間になすすべもなく枯れてしまった。

一体何が原因だったのか。
あまりの突然死にコガネムシの幼虫を疑ったが、
枯れた後、掘り返しても先端の黒いカシューナッツ出てはこなかった。


絶対もう1度欲しくて、
以来、思い出すたびに探していたのだが、
どこも「売り切れ」「次回入荷未定」。


が、先日、深夜1時ごろ、
ネット内をふらふらしてたら、見つけた!


買った!


届いた!
200603-3.jpg

ああ! きれい! 好き!


この紅てまり、四国から来たのだが、
うちまでの送料は1100円。本体より高い。


で、なんだか納得いかなくて、
そりゃあもう、買うしかないでしょう。


祖谷(イヤ)てまり
200603-4.jpg

これはまた!
好みのど真ん中すぎて、実物を見て震えた。

どうしよう。ずーーーっと見ていられる。


みかん葉アジサイ
200603-5.jpg

とても爽やかな空色の花が咲くはず。


送料のもとを取るため(?)、思わず3株も買ってしまった。



5月には、その辺を散歩中につい、
200603-1.jpg
見切り品アジサイを買い取ってしまったし。

すっかり緑色になっているが、
株元に新しい房が咲き出した。
200603-2.jpg
薄い紫色が儚げなのよ。


お店の人は「アジサイ」だと言っていたけど、
私はヤマアジサイの伊予獅子てまりじゃないかと疑っている。



問題はどこに置くか・・・
これから考えよう。





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 6

△top

5月はウンベラータ 

 

5月のもう一つのイベントはウンベラータの散髪。



200518-3.jpg
2年前に大胆にV字カットしたつもりだったのに、
たった2年で天井に到達してしまった。

もう部屋にとって大きすぎる。
これから外に出すのだけど、台風時には倒れてしまうので
部屋に取り込まなくてはならず、その度に大騒ぎ。


200518-1.jpg
外に出すと、いきなりベランダがジャングル化する。


ということで、



切った。
200518-2.jpg
のこぎりでギシギシ切った。

ここまで切れば、あと3年は軽めの散髪でなんとかなるんじゃないか、
と思うのだけど、どうかな。



200518-4.jpg
家の中はウンベラータがいなくなったので、
窓外のプランターに柏葉アジサイを植えた。

この場所は致死率95%以上のため、
来年は咲かないだろうし、なんなら秋までに枯れてしまうかもしれない。

この柏葉アジサイの株はせいぜい直径12、3センチの
ごく小さいポットに植えられていたのだが、
こんなにたくさん花を咲かせている。
プロって本当にすごい。



200518-5.jpg
ラベンダーもつい、毎シーズン買ってしまう。



200518-6.jpg
昨年京成バラ園で買った見切り品のミニバラも咲いた。

思った以上にピンクが強い。
バラらしいとてもいい香りがする。



200518-7.jpg
現在絶好調のグリーンアイス。
ただすでにやさぐれ始めている。


200518-8.jpg
満開の群星とグリーンアイス。



200518-9.jpg


5月は圧倒的にきれいすぎる。





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

バーラが咲いた、バーラが咲いた♪ 

 

なにはともあれ、5月よね!


目が覚めた時から5月!
200508-9.jpg
(ベッドから見える新緑)

キラッキラッッ


風が吹くと光が揺れる。キラッキラ
なにをやっていても見とれてしまう。


東側のベランダでは、
苦節5年、4シーズン目にしてようやく
シロモッコウバラが咲いた。

200508-1.jpg

1分以内に正確に花数を数えられるほどの
密やかさではあるものの、
蕾がついた時からそれはそれは楽しみにしていた。



そして南側ベランダの群星
200508-2.jpg

最初に開いた花は桜色。
毎回、バラが咲くたびに、「バーラが咲いた、バーラが咲いた♪」
と脳内テーマ曲が流れる。


群星と黒花フウロ
200508-10.jpg

群星と玉シャジン
200508-4.jpg



グリーンアイス
200508-8.jpg

うちのグリーンアイスは育つにつれ、やさぐれて行くが、
最初の花は、ねえ!こんなに可憐!!!
息が止まるんじゃないか?



200508-6.jpg

寝ても覚めても、歯を磨いても掃除をしても、
見惚れずにはいられない5月。






category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top