FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

満開 

 

おそらく、今日満開を迎える森のサクラ。


昨日、
150330-1.jpg

150330-2.jpg
はあああ、リビングから動けない。



でも
150330-3.jpg

150330-4.jpg
寝室からも動けない。


もういいよ、このまま家から花見で十分だ!
と思いつつ、いやいやいや、近くで見ようよ!
と自分に言い聞かせ、なんとか外に出る。


花を愛でながらそのままの勢いで、
ふらふらと近所のホームセンターにまで足を伸ばしたところ、




150330-5.jpg
ああっ! 出会い頭にまた新人さんをスカウトしてしまったー


もう枝ものは増やさない予定だったのに、
どうやら私は、白やライムグリーンの小さな花がふわっと重なりあっているものに弱いらしく、
オオデマリを購入。その勢いでフランネルフラワーやらなにやら・・・
いそいそとレジへ。

少々、お花が増えました。



150330-6.jpg
微妙な距離を取って、サクラを鑑賞する2にゃん。
どうにも縮まらないふたりの距離感。








スポンサーサイト



category: リビング

tb: 0   cm: 2

△top

草なんだけど・・・ 

 

今日もいい天気だし、明日は土曜日だし、暖かいし!
嬉しくて幸せで!!!


24日の森のサクラ
150327-3.jpg

そして今日27日
150327-4.jpg

サクラの花のつぼみは赤みがかっているので、
満々に膨らんだつぼみをたっぷりつけたサクラの木は、遠くから見ると
まるで赤い霞をふわっとまとったように密度を増している。

盛大に咲いている状態も好きだけど、この静かにオーラを放っている状態も大好き。


一方、ベランダでは、
150327-6.jpg
雑草と寄せ植え中。

正真正銘「草」なんだけど、抜けない。


150327-5.jpg
秘密の園からやってきたシダの根元にも、こんなかわいい芽が出ている。


やっぱり抜けない。
だって、かわいいじゃないか!

どんな「草」に育つのか、それすらも楽しみなんです。


そして、
150327-2.jpg
秘密の園からお嫁に来たシダの新芽。
はああ、こんなにしっかり。
ていうか、けっこうゴツイ〜 
これは確かに巨大化するかも〜〜〜〜 よろしく〜〜〜


一方、こちら
150327-1.jpg
購入した苗を定植するや否や、あっさり地上部が枯れ果てたニシキシダ。

てっきり、天に召されたとばかり思ってがっかりしていたのに、
ちゃんと生きていたーーー

それなら、そうと言ってくれないとあやうく根っこを処分するところだったよ。
そっか、枯れたと思ってもその生命力を信じて当分放置すべし、ってことね。




150327-7.jpg
シダ好きのナツねこ。
なぜかシダが大好き。ほかの植物には目もくれず、
シダばかりはむはむする。

やめようね。消化酵素もってないしね。







category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

一週間ぶりのベランダ 

 

先週一週間、ご無沙汰してしまったベランダ。
一週間もあれば、世の中いろいろ変わっている。


150325-4.jpg
通勤途中のレンギョウが満開!
レンギョウ大好き。


150325-6.jpg
うちの森(公園)のサクラも咲き始めた!




そしてベランダでは・・・

これが
150312-2.jpg

これに
150325-3.jpg


これが
150325-8.jpg

これに
150325-2.jpg
あああー、リラに花芽がついている!!!




そして誰よりも春爛漫しているのが、
150325-1.jpg
ゼラニウム!!


色がピンクがかっていたのに、すっかり元の明るい赤色に戻り、
花芽もどんどん上がっていてますます絶好調!!

ガーデニングの得意な方が教えてくださったところによると、
日当りで色が変わってしまうらしい。

そうかー、言われてみれば・・・

昨夏までマンション3階の南向きベランダで、
とにかく晴れてさえいれば1日中、そして1年中日差しをあびていたうちのゼラニウム。

ここのマンションは1階のため、太陽の位置が低い冬はマンションの植栽に遮られて
以前ほどの日光を浴びていなかったのでしょう。

それが太陽の位置が高くなるにつれ、
1日中たっぷりと日差しをあびるようになり、また色が復活したらしい。
たぶん植栽のおかげで風の当たりも弱まり、冬に紅葉しなかったのかも。



150325-9.jpg
家の中に差し込む日差しもぐっと浅くなりました。





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top

1週間早すぎた京都 

 

先週1週間はフランスからのお客さまと金沢・京都へ出張でした。
古都なら気合いでサクラも咲いているかと期待したものの、
そうもいかないようで、1週間早い小京都と京都でした〜


150324-1.jpg
兼六園の写真がこれしかないって、どういうことでしょう。


150324-2.jpg
伏見稲荷は「外国人が口コミサイトで選ぶ京都の名所ナンバー1」だそう。

「外国人が口コミサイトで選ぶ京都の名所ナンバー1」
的な垂れ幕がかかっていました。

そこなのか!? 押しはそこなのか・・・まるで楽天のサイトのようなコピーです。


150324-3.jpg
サクラ前の清水寺。
レンタル着物が大流行中らしく、アジア系の旅行者を含め大勢の観光客が
着物姿でした。

清水寺までの坂は「まるでモンサンミッシェルみたいだ!」とフランス人。
もうね、どんだけ人が多いんだと。


150324-9.jpg
祇園のサクラ。
もう少しなんだけどなー。


150324-6.jpg
祇園ののれん。すてきな意匠がたくさんあります。
赤いちょうちんの中央を横切る白い模様は、お団子を表しているとか。
宴の始まりを待ちながら、お抹茶とお団子をいただくのが習わしだからだそうです。


150324-5.jpg
祇園の電線。
あちこち地中化されているのに、ここはまだまだ複雑さを増すばかりの様子。


150324-7.jpg
嵐山の苔。
京都には80種以上の苔があるとか。


150324-8.jpg
お帰りー。
家ぐちゃぐちゃだけど?





category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top

日差しが濃く、高く 

 

日差しがますます濃くなってきた!

150312-1.jpg


150312-3.jpg


毎日、成長しているベランダに出るのが楽しみで、
早起きも苦じゃないのよ。


150312-2.jpg
ジューンベリーの芽が割れた〜


150309-4.jpg
人生初クリスマスローズ。
こんな美人さんなのに、うつむき加減・・・


150312-4.jpg
室内に射し込む日差しの位置もすっかり浅くなっている。


150312-5.jpg
見たい!


毎日目が離せないというのに、
来週1週間ほぼ出張・・・

かわいい盛りを見逃したらどうしよう・・・!!!







category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top

ゼラニウム 

 

ここ20年以上、ベランダにゼラニウムを欠かしたことがない。
色も決まっていて、いつも赤。

ずっとマンション住まいで、高いところにあっても
もっとも目立って、もっともきれいに見えるのが赤だから。


でも、ゼラニウムは日本の夏が苦手です。
毎年夏なるたびに、焼けこげて瀕死状態に陥ってしまう。

特にアイビーゼラニウムは、日本の夏が大嫌いみたいで、こんな↓
150310-1.jpg
ヨーロッパの窓辺に憧れて、何度か育ててみたものの、


いったいどうやったらこうなるんだ!!!

腕がない、という話もあるが・・・


いや、たぶん無理なんだろうなー。
夏にぐんぐん成長できないときっとこうはならない。


一方、ヨーロッパのゼラニウムは冬はどこかに姿を隠している。
スイスでは地下室で冬眠させている、みたいな記事を読んだことがある気がするが、
いずれにしろ、冬に咲いているイメージがない。



でも、日本では・・・


150310-3.jpg
絶好調〜〜〜〜〜

秋に上がって来た花がずーーーーーーっとひと冬咲き続ける。


なぜだか、今年は紅葉もしなかった。
昨年までは↓
150310-2.jpg

すっかり紅葉してしまっていたのに。


さらにもう1つの謎。
明るい赤だったのに、なぜかピンクがかってしまったのよ!
この2枚の写真のゼラニウムが同じ株だとはとても思えないんですけど。


これなんか、もはやピンク。
150310-4.jpg


おかしい。どうしてこんなことに?
この子も赤だったのに・・・今後はピンクとして生きることにしたのか?


まあ、そういうこともあるよね。元気ならいいかっ!










category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top

さくらを待つ 

 

月曜日から金曜日まで待っていたせっかくの週末なのに、
小雨が降っているし、寒いし、暗いし・・・

でも、
植木鉢は届くし、土は配達されるし、苗は定植を待っているし、
やっぱり、せっせとベランダ仕事!


150309-1.jpg

野村不動産のマンションブランド《プラウド》が始めて、
あっという間に普及した色ガラスのベランダのフェンス。

普通の白っぽい磨りガラスでよかったのになー、と思う。
なんで水色入れちゃったかな。
せっかくの植物の緑がどれも青みがかってしまうのよ。


フェンスの上のさくらは・・・
150309-2.jpg
まだまだ小さく固い。
でも明らかに膨らんでいる!


あと1カ月。



150309-3.jpg
花見の準備はできた!

いつでもWelcome〜〜〜〜





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

お気に入りの場所 

 

トマねこの最近のお気に入りの場所は、

150304-1.jpg



ここは・・・・
150304-2.jpg
高さ2メートルの本棚の上。


垂直によじ上って、垂直に降りてくる。
さすが、若い男の子。



いや、だから、外には出せないのよ?
150304-3.jpg
出せ!


(この前、うっかり開いていたドアからベランダに出て、力いっぱい満喫したらしいが)




一方、ナツねこは、
150304-4.jpg
息子にべったり。


トマくんが来て以来、日に日に私には触らせてくれなくなり、
それでいながら、息子が「ナツさん、行くよ!」と声をかけると
「にゃ〜ん」ととことこ付いて行って、さっさとひざに乗る。


両手にネコ計画、頓挫中。







category: ナツねこ

tb: 0   cm: 0

△top

エレガント植木鉢! 

 

室外機をダークブラウンにしたら、
あまりにもベランダが茶色くなってしまったので、
白い植木鉢ですこーし明るくしようかな、と南側ベランダも
新しい植物をお迎えしました。

150303-2.jpg
ロータス「プリムストーン」

150303-3.jpg
ミニヘリクリサム・プレコスタキス「ライム」

150303-4.jpg
ヘデラ、フォックスリータイム、アスパラガス「スマイラックス」


はあああ、かわいい。草。
日本の野山に生えるような凶暴性を感じさせない。ヨーロッパの草。

ちょっとコンセプト違うかなー、と思いつつ、
あまりにもかわいくて抗えなかった。


150303-5.jpg
植木鉢もなー、これまで「かわいすぎる」という理由で
こういったタイプの植木鉢は避けていたけど、


やっぱり「かわいすぎて」買ってしまいました!
ぐいぐい成長してもっと暴れてくれたら、もう少し違和感和らぐかなー。




そしてユーカリも植え替え。
150303-1.jpg

ものすごい勢いで成長するらしいユーカリ。

20センチぐらいのユーカリが2年で2メートルになってしまった、
という恐ろしい栽培記録を見つけてしまったが・・・

ほんとかなー、そんななったらどうしようかなー、困るなー(棒読み)







category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

東側のベランダへ 

 

待ちに待った週末〜〜〜〜!

プレゼントしていただいたシダやら、購入した苗やらを
先週中に届いた植木鉢にようやく植え込む。


150302-2.jpg
何種類かのシダと柏葉あじさい

シダがモッサーとなって、その真ん中に柏葉あじさいが咲いたら・・・
里山っぽい・・・!


150302-3.jpg
斑入りマルバノキとカタヒバ

マルバノキは東側ベランダのシンボルツリーになる予定。



150302-4.jpg
名前のわからないシダとヘデラやらヒューケラやらを寄せ植え。



ネットには大きくなった姿やらその寸法やらがでているものの、
どんなに読んでも、悲しいことに成長してからみあった姿が想像できません。

だから、こっちに植えればよかったー、と並べ方を後悔するに違いないんだけど、
まあね、1年目だからね、試行錯誤初年度ということで、
そこはきっと、経験を重ねるしかないんだろうな。


ああ、早く「この葉の色とこっちの色の組み合わせが好き!」的なことを言いたい!!!



白い植木鉢に仮植えしていた天然寄せ植えシダは、
150302-1.jpg
無事、黒っぽい植木鉢に植え替えました〜





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top