FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

植栽の見直し 

 

夏を前に貧弱路線をばく進しているうちのベランダ。


一番の問題は、
150629-1.jpg
南側ベランダのエコキュート室外機の上。


ポツン・・・・



日が高くなるにつれ、全く日が差さないうえ、
右側のジューンベリーが繁るし、2面を壁に囲まれ風通しも悪い。

どんどんリハビリセンター(日のあたる塀の上)に送られ、
今や多肉の鉢が一鉢に。

芽吹きから今までの成長ぶりを見ると、
うちの環境に適する種類、適さない種類がよくわかる。

去年の秋から冬、成長したあかつきの画像を見て、
やみくもにネットで注文した植物たち。
まもなく引っ越して1年がたち、ベランダの環境もわかってきた。


そういうわけで、室外機上の修正計画を練らねば。


現在のところ、日差しが少なくても育っているのは、
プミラ
150629-2.jpg

ヘデラ
150629-3.jpg

クジャクシダ (アジアンタム ぺダツム)
150629-4.jpg
ふつうのアジアンタムの方が好きかな。

ティアレラ
150629-5.jpg

そして、シダ
150629-7.jpg


このあたりなら、なんとかなるかしら。
冬に日が当たるなら、なにか常緑のものの方がいいかもしれない。
そうそう、この場所は冬になって緑要素が減ると、パネルや室外機カバーの焦げ茶ばかりになるから、
やっぱり常緑のものを中心に植え付けよう。





スポンサーサイト

category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top

日課 

 

毎朝、東側と南側のベランダに出て、
植物の状態をチェックすることが日課です。


東側では、
150624-1.jpg
午前中わずかに当たる日差しの中、
二房の柏葉あじさいが満開〜〜〜〜〜!

自身の重みに耐えられず、すっかりしなっております。
150624-2.jpg
ずいぶん大きくなったなあ。
シダとの共存も早々にむずかしくなりそうだ。


東側のベランダでの日課といえば、


トマねこ
150624-3.jpg
何やら出待ち中。


彼は、水やりをして鉢底から流れて来る水が大好き。
毎朝、私が東側に出ようとするとダッシュで飛んで来て、
窓を開けるのももどかしそうに、出待ちに入る。


150624-4.jpg
でも、実際に水が流れて来るとビビる・・・

150624-5.jpg
怖いかも・・・

150624-6.jpg
近寄れない・・・

150624-7.jpg
行かないで!!


150624-8.jpg
今日も満足そうなトマくん。


植物に水をやらない日は、
流しそうめんのようにわざわざ上流から水を流してやる。

どうやら暗い溝から徐々に流れて来るヒリヒリ感にやられているらしい。






category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

△top

ダイニングテーブル 

 

このマンションに引っ越して来て以来、
ずーーーーーっと気になっているダイニングテーブル。


150623-1.jpg
18年使っているテーブルは、すっかり黄変してしまった。

ダークな焦げ茶の床とシステムキッチンの扉の前で、
どうにも居心地が悪そう。


浮いてるなあああ。


3社ほどに塗り替えの見積を取ったが、
想像していたとおりの価格で迷いが深まるばかり。

なにに躊躇しているかといえば、
テーブルの色を変えたものの、じゃあイスはどうする?
となったとき、節約のために自分で塗る〜、なんて調子づき、
一脚やって、放置・・・・


ここです!


私は自分の性格を信じない。
イスの座面のカバー変更を始めたはいいものの、
2脚分やって、色が気にいらないことが判明し、


ええ・・・以来、放置しています。

オレンジがかったテーブルに座面の色が2脚だけ異なる
状態がかれこれ半年以上続いているわけですよ!


イスの塗り替えなんて、1脚やって2〜3年放置なんて、
容易にありうる・・・



だめだ・・・・




そういうわけでイスも一緒にやってもらう方向で調整中。
塗り替え料金は想定内なものの、
なんとかしたいのが輸送費。これがねー、ばかにならない、
というか、かかる費用の3分の1に達する勢い。


そして、色も悩む。
テーブルの色はほぼほぼ決まっているものの、イスはどうしようかなー。

150623-3.jpg
(pinterestより)
基本的にはこの組み合わせがいいかな。
でもこのイスの色はメタリックだからこそかしら。


150623-4.jpg
(pinterestより)
テーブルとイスは同色にして、座面の色だけ変えるのもありかも。


150623-2.jpg
(pinterestより)
いっそ、ガツンとした濃〜〜い色にする?





category: インテリア

tb: 0   cm: 0

△top

 

 

5月と6月に降る雨が好きです。


150617-1.jpg
ふわふわと霧のように降るこの季節の雨に、
樹々の若い緑が溶け出して、それはもう美しく。

私のイメージのなかでは、
「ウフフ〜、アハハハ〜」という感じ。

わかりづらくてすみません。
なんというか樹々の力が抜けてふわ〜っとたたずんでいる、喜んでいる。

しかもいい匂いがする!


150617-4.jpg
ベランダからならいつまでも眺めていられる。



まあ、今日の雨は、
150617-2.jpg
大雨。

うむ、出勤時間に合わせたように大雨。



150617-3.jpg
濡れちゃうね。とりあえずモフっとく?





category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

△top

日陰のリハビリ 

 

夏が近づいて日陰になってしまったコーナー。


ここの植物たち、いよいよ枯れっぷりが激しくなり、
150615-1.jpg
とうとう撤去。



150615-3.jpg
そして、1日中日の当たる塀の上のリハビリセンターへ。

もうレイアウトだの植栽センスだの言っていられない事態のため、
無造作に並べていく。


まあ、ここに植木鉢があると、



150615-5.jpg
こんな子も飛び乗れないので、安心といえば安心だけど、
でも・・・ これじゃあ、とりあえず置いとけ!
な私の日常そのもの・・・!!


150615-2.jpg
室外機上の壁面のガラーンぶりも残念なことこのうえない。
ちなみにテーブルの上も日が当たるので、ここも物置に。
ああっ! どこかで見た風景。


どうしようかなああ。
ちょっと考えよう。




そうそう、原宿のおしゃれポスターが日経新聞の記事になっていました。
150615-4.jpg

おおっ! 「壁どん」シチュあるじゃないかっ
どうやら「壁どん」シチュは、竹下通り口の改札の真上にあったようです。







category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top

2にゃんの寝床 

 

ベッドで両手にネコ計画のもと、迎えたトマねこだったが、


現実は・・・

1にゃんも来ない!!!!!


ナツさんは、
150611-4.jpg
相変わらずトマくんを連れてきた私に冷たく、
その分、息子にべったり。

このまま一緒に寝る・・・


一方トマくんは、
150611-3.jpg
膝に乗るのは大好きなものの、夜はひとりで寝たい派。
最近のお気に入りは冷蔵庫の上。
寝る時は奥の方に引っ込んで寝ている。



朝5時半。メシだ、メシだと大騒ぎの朝ご飯の後、
2にゃんは9時すぎまで2度寝。


2度寝の寝床もその時々でマイブームがあるらしく、
150611-5.jpg
息子ベッドで至近距離で寝る日が続いたかと思えば、


150611-6.jpg
リビングで並ぶ日が何日かあり、



そして現在のブームは、
150611-2.jpg
トマくんは息子ベッド。


150611-1.jpg
ナツさんはリビングの壊れかけたサークル。



まあね、
私のベッドという選択肢はほぼほぼないらしい・・・







category: ナツねこ

tb: 0   cm: 0

△top

日差しがない! 

 

最近のマンションはどれも、
冬の日差しは室内に取り込み、
夏の日差しは室内に届かないよう軒の深さが計算されている。


だから夏が近づくにつれ、1階のうちのベランダには
どんどん日差しが差し込まなくなった。

150609-1.jpg
今はもう、日差しはベランダの塀から50センチぐらいまでしか差さない。
しかも1階のため、塀はきっちりコンクリート製なので、
塀を通して光が透けることもない。


ようするに、南向きのベランダながら、
ほとんど日光が当たらない。

こうなると、日差しがなくても大丈夫な植物と
日差しがないとどうにもならない植物の差が歴然とする。


初雪かずら
150609-2.jpg
ジューンベリーの足下にある初雪かずらは、
まったく日の差さない環境でもなんとか成長してくれるものの、
赤い班の色味はたちまち褪せていく。


ヨーロッパの草コーナー
150609-3.jpg
みっしりと植物が生い茂るようなところでは
生きていけないヨーロッパの草。

ヘデラ以外、どの植物もヘロヘロ。



半日陰でもよさそうな植物を集めた東側ベランダも状況は同じ。

150609-4.jpg
ヒューケラとティアレラ。
同系列の植物のはずなのに、ヒューケラはすっかり成長をやめ、
一方ティアレラはぐんぐん伸張中。


150609-5.jpg
柔らかいシダが無秩序に芽を出しているプランター。
芽を出すのが遅くて心配したこのシダたち、
すっかりイケイケ状態で、成長を止めてしまったヒューケラやオダマキを
そのうちあっさり凌駕してしまうかも・・・

それにしても植栽のセンスのなさときたら・・・(涙)


この環境に適応できる植物を
試行錯誤しながら、見守りながら、勉強しながら、
植えていくしかないんだけど、そうそうのんびりもしていられない年頃です。


150609-6.jpg
見守る! 








category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

南側ベランダ 

 

今の季節は、植物の成長が早く、
伸びるにしろ枯れるにしろ、日々変わっていく。


本日の南側ベランダ
150608-1.jpg
緑が繁ってあまりに地味なので、
ラベンダーを買ってみた。夏っぽい。


クレマチスは順調なのか、順調じゃないのかよくわからない。
150608-2.jpg

150608-5.jpg
白い花の間から紫色の花が咲く図を予想していたのに、
紫色の花ばかり咲いて、白はまだまだの様子。

ここからさらにこんもり繁ることができるのかな。
白い方はまだまだ伸びそうだけど、紫の方はここで頭打ちの気がする。

株が大きくなればもっと背も高くなって花も増えるのかしら?
それともこんもりさせるには、株数がもっといるのかな。

答えは来シーズン。



うどん粉にまみれたアストランティア ‘スノースター’
150608-3.jpg
小さく小さくたった一輪だけ咲く。

しかしうどん粉が限界であとは枯れるのを待つばかりの状態のため、
ごく一部の葉を残してカット。
150608-4.jpg
壁の上の日当りのよい所に置いて、リハビリ中。


色づいたジューンベリー
150608-6.jpg
味は・・・パサパサしたサクランボ? 
うちの男どもは食べなさそう。


150608-7.jpg
いりません。






category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top

原宿 

 

原宿には私が東京で一番好きな場所がある。


150604-1.jpg
明治神宮

今の季節の樹々の勢い・パワーときたら、すごいの一言。
鳥居から生命力が溢れ出ている気がする。

少し前にNHKでやっていた特集によると、
この奥に100年手つかずの自然があるのだとか。
オオタカが住み、小さな池もある。

早朝、参拝に行くと森に住むたぬきが境内を散歩しているらしい。


どんなにすごい森かは、
150604-2.jpg
想像するしかない。
盛り上がって、手前の代々木体育館が飲み込まれそう。
こんな森からは高層ビルも生える。


一方、原宿は昔、私が地方の高校生だった頃、
おしゃれな東京の象徴だった。


昨日見つけたポスターがまた・・・原宿行ってみたくなっちゃうよねー
150604-3.jpg

150604-4.jpg

150604-5.jpg

150604-6.jpg

150604-7.jpg

150604-8.jpg

150604-9.jpg

原宿駅横の線路沿いに貼ってあったポスター。


お姫様抱っこに、あごクイ、シャツのスソつかみ。
東京ではこんなん、日常茶飯事ですから〜

あ・・・ 「壁ドン」シチュがない。






category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

△top

1週間の不在、その後 

 

暑くなりました。植物の成長も著しく、


5月初めのベランダ
150602-1.jpg


6月1日のベランダ
150602-2.jpg
1月から咲いてくれたオルレアが終わって、
代わりにレースフラワーが最盛期。


150602-5.jpg
焦げ茶のフェンスに沿わせたクレマチスが
期待以上のかわいらしさで!!!

切れ込みのある朝顔とか言ってごめんなさい!
きれい、かわいい、もっと欲しい!

ああ、でもどこに・・・


その一方で、1週間の不在の代償も小さくなかった。

オレガノ
150602-4.jpg
青虫の大量発生により、ほぼほぼ壊滅。
たぶん30〜40匹は振り落とした。

そのほかにも
アネモネ
ムラサキミツバ
ニゲラ
が青虫さんに食べ尽くされ枯死。

うどん粉が広がっていたのが、
ユーカリ・ポポラス
アストランティア
ブラックレースフラワー

1週間の代償にしては高すぎませんかああああああ
しかも、空いたところに苗を植えようといつものお店のサイトに行ったら・・・

めぼしい植物はほぼほぼ「売り切れ」!!!!

そりゃあそうよね。これから夏、みんな暑くなる前に植えたいよねえ。


一方、2にゃんは私のことを覚えていてくれたか?
1週間ぶりに帰宅した際のうちの玄関
150602-3.jpg

ナツさんは、「この人、知ってるーーーー!」
と指の匂いを嗅ぎに来る。

2週間で子供のころの育ての親を完全忘却したトマくんは、
「この人、知ってなくもなくなくない」的距離感。


よかったよ。出張の少ない仕事で・・・








category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top