FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

 A Dream comes true 

 

夢がひとつかなった。



ドリカムのコンサートに行っちゃったーーーーー!!!
151130-1.jpg

4年に1度行われるという
『DREAMS COME TRUE WONDER LAND 2015』



すごかった・・・!!!



今年50歳になったはずの吉田美和さん。
こうして文字にすると50歳ってすごいシニアなんだが、
年齢という概念がたぶん存在しない。


3時間20分、歌って、踊って、走って、自転車乗って、フライング。
ありえないほどのパワーを振りまき続けた。



開演後、登場するやいなや彼女は泣いていた。
どれほどの準備を重ねたのか、思いを込めたのか、
多くの人を巻き込んだのか。

360度の円形舞台の中央、頂点に立つ彼女が見ているものを想像して、
私もいきなり泣けた。

なんていうかほぼ同い年なので、感動するポイントが
もっと若いファンの方とちょっと違うかもしれない。



アンコール前の最後の曲は、『何度でも』。
151130-2.jpg

かれこれ3時間は歌い続けており、もはや声はかすれがち。
でも気がついたら涙があふれていた。



ずいぶん昔、アンネ=ゾフィー・ムターのバイオリンコンチェルトを
演奏者の姿すら見えない天井桟敷で聴いて、鳥肌がたったことはあるけれど、
気がついたら涙が流れていたのは初めて。


そのぐらい凄かった。
彼女の肉体に50年という時間の経過は全く感じられないが、
歌にはちゃんと濃密な時間が厚みとなって、
それは歌なんだけど、声なんだけど、なんだろう、心に直接届いた。




ありがとう。






スポンサーサイト

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top

今朝のうおおぉぉぉ2件 

 

まだ生まれ変わって1週間のうちのテーブル



151127-1.jpg
って、



うおおおおおおぉぉぉぉ



長さ8〜9センチもあるこんな引っ搔き傷が、5カ所に!!!!!


今までは強力なウレタン塗装がしてあったから、
相当な衝撃がなければキズはつかなかったが、今度の塗膜は・・・


犯人はこれ
151127-2.jpg
うむ、かわいい。


151127-3.jpg
こちらも捨てがたい。


いや、違うから!!!

そういえば今朝、テーブルの上で力強くジャンプしていた。



151127-5.jpg

151127-4.jpg





ああ、そうか。今度の塗装はものすごく傷がつきやすいらしい。
ってことは、今後・・・ 





考えたくない。





現実逃避して窓辺に寄ると、
151127-6.jpg


うおおおおおおぉぉぉぉ 再び



はああ、もう結露の季節なのね。

サッシ部分やガラス自体に結露がするのはもうほっとくとして、
手前の白い木製の窓枠に接するサッシ部分の水分は拭き取らないと、
木製部分が湿って、数年後には変色したりカビが生えたりする。

これから再び暖かくなるまで、
毎朝毎朝、家中の窓枠の水滴を拭き取る日々が始まるのかああああ。




151127-7.jpg








category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top

季節の変わり目に思うこと 

 

ある日の東側ベランダで、ナツ猫とトマ猫が真剣に外を見ていた。



151126-4.jpg
そ、そんなに間を空けなくてもいいんじゃない?
というほど離れて、でも何かをじっと見ている。



何を見ているか手すり下にカメラを押し込むと、
151126-5.jpg
何やら動くもの。



151126-6.jpg
森でリトルリーグの少年たちが斜面を利用して
トレーニングしていた。



森の桜はずいぶんと葉っぱが落ちて、
向こう側の景色が見えるようになって来た。
151126-3.jpg



落葉樹は季節の移り変わりをきっちりと教えてくれる。
諸行無常ってやつ。
今日は今しかないことを忘れそうになるけど、
毎日目にするこの森が気合いを入れ直してくれる気がする。



一方、南側ベランダでは、
151126-1.jpg
ジューンベリーが黄葉中。

距離は近いものの、お互いの視界に入らない角度で座る2にゃん。
どちらも外を眺めるのが大好き。




一方、ちゃちゃ猫。
151126-2.jpg
我が家にやってきたときから、外には一切の興味を示さない。

我が家にやってくる4カ月ぐらい前に、どうやら捨てられて
やせ細ってうろうろしているところを保護されたちゃちゃ。

外なんか大嫌いなのかもしれない。


季節の移り変わりなんかに全く興味はないものの、
彼の関心に関係なく、毛皮はすっかり冬支度。













category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

△top

ダイニングテーブルが帰って来た! 

 

10月の初めにお色直しに出ていたダイニングテーブルが、帰って来た!



151124-2.jpg
ああ! すてきな色でほとんど新品のよう!!



もとの色はこちら。
150623-1.jpg
大変明るい。



そして現在。
151124-3.jpg
光の当たり具合や写真を撮る角度でずいぶんと印象が異なる。

色のオーダーは、ソファカバーを作った時の端切れを送り、
その色をベースに日本塗料工業会の色番号的に2段階ほど白を強めた色
でお願いした。


でも実際にその色を作ってもらうと、「なんか違う・・・」
で、3度作り直してもらったり、わがままを聞いていただいた。


151124-1.jpg
夜はこんな色に見える。


デザイン重視のこのメーカーのテーブルは、無垢材ではなく、
集成材でできているため、表面のウレタン塗装をはがすと、
木目がなくなってしまう。


イザナミを黄泉の国に迎えにいったイザナギ気分を味わえる
ウレタン塗装剥がしの様子はこちら


そのため、ウレタン塗装を削った後、
アメリカンチェリーのツキ板を貼ってもらっている。
だから、木目はオリジナルとは異なるもの。


でもそんなの全然問題な〜〜〜〜い!



白っぽいチャコールグレーの色が、まあああああ!!!ステキで!!!!!
やっていただいてよかったです。









category: インテリア

tb: 0   cm: 4

△top

食卓イスをフライングゲット 

 

ダイニングテーブルがお色直しに旅だって、
かれこれ1カ月半、まもなく戻って来る。


でもその前に、ダイニングチェアをフライングゲット〜〜〜


当初は、これまで使用していたものも一緒にお色直しして
使用するつもりだったのだが、これ見つけちゃって・・・



151120-1.jpg
テーブルのブランドとは異なるものの、
同じイタリアンだから、大丈夫かなーって。


定価で4脚とか6脚とか揃えるのは(お値段的に)無理だから、
あきらめていたんだけど、ヤフオクで見つけちゃったのよ!!
断固として落札しました。



このブランドでは、こちら
151120-4.jpg
「キャブチェア」(オフィシャルサイトから画像借りてます)
イタリアンモダンデザインの名作だけど、かっこいいなあああ!!!
でもこれはヤフオクの中古でも手が出ない。





そういうわけで、以前のものはナツさんの非秘密基地に。
151120-3.jpg
オープンだけど何人たりともここに来てはならぬ
ひどい・・・
お肌がぼろぼろ、毛だらけなばかりか、中身まで見えている。

だいたい、気に入った色が見つからず途中まで貼り替えて放置した結果、
赤っぽい色の座面と緑の座面が混在している時点で、終わっている。


ああでも、このイスはとても座りやすかった。
第二の人生はどうしてあげようか。




そういうわけで、
151120-2.jpg
新装ダイニングテーブルの受け入れ態勢は整っています。






category: インテリア

tb: 0   cm: 0

△top

ナツ猫の変化 

 

昨日、ちゃちゃ猫が私の膝にいるときに、
ナツ猫もやってきて、膝の上に並んだ!!!!!



おおおおおおっ!


カメラが近くになかったのが残念だっ

ナツさんは猫が嫌いで、まだまだトマ猫やちゃちゃ猫になじんだとは言いがたいが、
3にゃんでいる風景が確実に日常になっている。



洗濯物を畳んで、ちょっと目を離したすきには、
151117-1.jpg
(生活感満載な部分には目をつぶってください!)

たたんだ洗濯物の上でトマくんと
同じ格好でちゃっかり丸くなっていた。

もちろん洗濯物は毛だらけだけど、どかせな〜い。



ナツさんとトマくんは1日に1回か2回、高オニで遊ぶ。
(注:高鬼とは、「鬼よりも高い位置にいる限り鬼に捕まることはない」という
鬼ごっこの一種。wikipediaより)

全力で追いかけて、追われる方がテーブルやイスや窓枠など、
高いところに上ったら攻守交代。

2にゃんとも全力で走る。全力。
運動神経の良いトマくんなど、コーナーではドリフトしている。


一方、運動神経が残念なちゃちゃは全くついていけないので、
高オニが始まったら、迷惑のかからないところで傍観する。


絶対に勝敗をつけないところが平和の秘訣。



151117-2.jpg
早くこんなツーショットがナツさんとも撮れるといい。







category: ナツねこ

tb: 0   cm: 2

△top

ベランダ里山化、2年目始まる 

 

秋のガーデニング、いつものように計画性は全くないまま、
さらに植物を注文。


今回は、昨年たいして期待もせずに植えたところ、
1月から5月まで咲き続け、南側ベランダを
大いに盛り上げてくれたオルレアがメイン。
151116-7.jpg
(画像借りました)



近所のお店に行ってもなかったので、
ネットで購入したのだが、送料もかかることだし、
とくにどこに植えるかも決めずに、「日陰でも育ちそうな気がする」
ものをいくつかまとめて注文。
151116-4.jpg
控えめにね。



まず、オルレア。
151116-1.jpg
1月から咲くってすごいよね。


残りは東側ベランダへ。
寝室前のプランターに植えていた植物が、
例によっていろいろいろいろ枯れてしまったので、
こちらへぎっしり植える。
151116-6.jpg



どうせ大きくなるんだから、と苗の大きさに対して大きすぎる鉢に植えてはいけない、
とどのガイドブックにも書いてある。


そんなことないでしょ、大は小を兼ねるはず!
と勝手な解釈で大きな鉢に植えた植物はほぼほぼ消滅し、
自分勝手な認識の甘さを思い知らされたこの1年。


まだまだまだまだ試行錯誤中で、
あとどれほどの残念な目にあったら
緑したたるベランダになるのだろう。

ベランダガーデニングの2年目が始まる。





そんな未来があることを疑わず、
小さな日常を慈しむことができる幸せ。


世界中の人が自分が生きている場所で、
ささやかな今日と明日にささやかな幸せを
見つけることができる世界になることを祈らずにはいられない。







category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

お気に入りの場所の守り方 

 

ダイニングテーブルが旅立って以来、
スタッキングしたダイニングチェアの上がナツ猫のお気に入り。


151112-1.jpg
2にゃんを見張ったり、アイディアをまとめたり、


151112-2.jpg
ストレス解消したり。



が、ある日、先客が!!!
151112-5.jpg
どういうこと・・・? なんであんたがそこに・・・?



151112-6.jpg
どいて・・・!


押しても、引いても、おどしても、効果なく、



151112-7.jpg
いやああああ!



さて、2度とこんなことにならないように、
ナツさんがお気に入りの場所を守るため考えだした秘策は・・・





151112-4.jpg
両方にまたがるwwwwwwwwwww



ナツさん、ちっせー!!!



でもこの技はそうそう毎回使えないようで、
気を抜くと、ちゃちゃ猫が来ちゃう。




151112-3.jpg
いない、いない、いない。何もいない。何も見えない。聞こえない。



最終的には、「気がつかないふり」をして
さらにストレスを募らせるナツさんです。






category: ナツねこ

tb: 0   cm: 2

△top

ヒールの高い靴 

 

ヒールの細い高い靴が好き。



が、駅から徒歩10分のマンションに引っ越し、
しかも坂を下りて上って、また下りる、という坂ばかりの道のりのため、
ヒールの細い高い靴は1年でギブ。

いやむしろ1年もよくもったというか。


そういうわけで手持ちの靴はいまや履きたくない靴ばかり。
再び靴の通販サイトで6足送ってもらった。
今回はブーツばかり。寒いし。



151109-1.jpg
まずは検品。



151109-2.jpg
厳正なる審査



151109-3.jpg
審査終了



結局今回もすべて返品しました。
5分くらい試着しているうちにどれも違和感がでてきてしまったから。


ある60代の女優が言っていた。
「いくつになっても10センチのピンヒールを履いていたい」


さすが女優、気合いが違う。



坂を下りて上って下りて10分歩いて、
駅の階段を上って下りて、
新聞読みながら通勤列車に揺られ、
そしてまた駅の階段上って下りて・・・


ムリ!!







category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top

寒いと嬉しい 

 

気温が下がるにしたがって、トマくんが私のひざに帰って来た。


151105-1.jpg


だって、夏は暑いじゃん。

どうやらトマくんにとって私のひざは床暖狙い。



151105-4.jpg
とはいえ一応、我が家にある3床暖の中では
「一番好きな」床暖ではあるらしい。



ちゃちゃ猫も黙っていない。
151105-3.jpg
より私のおなかに近い位置は必ずゲットする。
場所の余裕がなかったら、肩にはりついてでも、
より近い位置をゲットする。




冬、バンザ〜〜〜〜イ!!!
151105-2.jpg







category: トマ猫

tb: 0   cm: 0

△top

ネコ並みの身体能力 

 

ナツ猫は南側のベランダが大好き。


151104-7.jpg
私がベランダに出ていると、
ドアのところでこんな顔して「出せ出せ!」攻撃をかましてくる。


ナツさんは猫が嫌いでビビリな性格ゆえ、
室内では自らストレスを募らせる日々。
まあ、週に1度くらいは、と出してあげる。

横につきっきりなので、ベランダに出たところで決して自由ではないが、
それでも植物の匂いを嗅いだり、植木鉢の後ろに隠れたり楽しそう。


そんな先週の土曜日。

151104-8.jpg
ナツさんは室外機の後ろにもぐりこみ、あげくのはて
隣のボーダーパネルの足下にすっぽりはまりこんで、
前にも後ろにも進めなくなってしまった・・・!!!


どうするんだろうと、上からのぞいていると、
前にも後ろにも進めないなら上だ! と登って来るじゃないかああああ



151104-9.jpg

心臓がドキドキする。

いつ引っ張り上げる?
頭だけ出たところではあぶないし、
全部出たところでは、俊敏な動きをされたら向こうに行ってしまいかねない。


半分、体がでたところで引き上げようと、
151104-2.jpg
右足を植木鉢に、左足を室外機カバーに乗せ、その時を待つ。


予定どおり、半分出たところで抱き上げ、
パネルをまたいでこちら側に抱え入れた時点で、


ヤバイ


と小さく思った記憶はある。






でもその次の記憶はべランダの反対側に走っていくナツさんを追って、
立ち上がり走り始める自分。


無事確保し、部屋に戻すと・・・





151104-1.jpg
驚いて部屋から出て来た夫いわく、
「雪崩みたいなすごい音がした!」


どうやら私は室外機カバーの上から落ちたらしい。
室外機カバーが倒れ、その前に置いてあった折りたたみイスが倒れ、
鉄製の花台が倒れ、植木鉢が2つ割れた。


その間、3〜4秒はあったんじゃないかと思うのだけど、
雪崩みたいな音もどうやって落ちたのかもまるで記憶がない。

猫をかかえ上げていた訳だから、
おそらくブレーンバスターな勢いで後ろに倒れたんじゃないかと想像するも、
どこも痛くない。


ってことは、猫並みの身体能力を発揮して、
落ち始めた瞬間、ひらりと体の向きを変え、シュタッ!と
着地したのかな私、やるなー私!



と思ったが、んなわけはなく、1時間ぐらいしたら、

背中側の右脇腹がちりちり痛くなって来た。
くしゃみをすると悶絶する程度には痛い。



あー、やっちゃったなあ。これは肋骨いってる。

まあ、肋骨はわりあい簡単に折れるし、
病院行っても、放射線浴びせられて
「折れてます認定証」もらうだけで、治療法があるわけじゃないからな、
自然治癒を待つしかない。


でもあそこからアラフィフがブレーンバスターして、
肋骨に軽いヒビ1本なら奇跡だよなあ、と思う。



151104-5.jpg
網戸もやぶれちゃったけど、
これ網戸がなかったらガラス逝っちゃっていた可能性もある。




植木鉢がナツさんと私の身代わりになってくれたのかも。
ごめんね、ありがとう。



その晩、数カ月ぶりにナツさんが私のひざに来ました。





category: ナツねこ

tb: 0   cm: 4

△top