FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

東側ベランダの植え替え 

 

昨年も思ったが、4月から5月にかけて、
調子良く芽吹いて、葉も繁り出したにもかかわらず、
初夏に入るころに枯れ始める植物がある。

なんだろう。

せっかく冬を越えたのに、成長の勢いに乗れないらしい。


そんなこんなで、
160531-1.jpg
新しい苗を購入。



バラデビューしようと思って、バラの苗を見ていたら、
バラだけじゃ送料もったいないし? とか、
あちこち枯れちゃったし? とか、
花が咲かないし? とか・・・

こんなに植えるところあるのか?




リビング側の東側ベランダ
160531-2.jpg
昨年は、生存率20%とかっていう記録を打ち出した場所。


今年は、もう少し生き残って、今のところ生存率60%ぐらい。
真ん中のミントブッシュが元気に育っている。

空いているところにぎっしり植えよう。



もう1カ所、主寝室側の東側ベランダ。
160531-3.jpg
細長いプランターは、
秘密の庭から来たシダがふさふさ生えていたのに、
昨年、日中は土中にもぐっているとかいう芋虫にやられ、
枯死してしまったものも多く、寂しいありさま。


ぎっしり植えよう。



160531-4.jpg
花が咲かぬまま背ばかり高くなった柏葉あじさいを植え替えた。
このベランダで日が当たるのはこのコーナーだけなので、
結局、東側もここに植物たちは集合状態。

おしゃれベランダを作っていらっしゃる方々は、
いったいどうやってバランスよく植物を配置しているのか。

何年もかかって、その場所で育つ植物を試行錯誤して見つけているのかなあ。


160531-6.jpg
とりあえず、ベランダの塀を隠すほどに緑が育って、
借景とつながることを目指す!





スポンサーサイト



category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

ハニートラップ 

 

毎朝、毎朝、出勤までの数時間、
ちゃちゃ猫のハニートラップは続く。


160527-7.jpg


160527-8.jpg


160527-9.jpg



えええ・・・ じゃあ、なでるコースで。
160527-4.jpg



そして気がつけば、
160527-5.jpg
どっぷり深みにはまって腹の上。




魔性の猫
160527-6.jpg
ちゃちゃ、恐ろしい子!







category: ちゃちゃ猫

tb: 0   cm: 2

△top

主寝室を主寝室に! 

 

息子が一人暮らしを始めたので、主寝室が空いた。

12畳ほどある主寝室。
諸般の事情(主に彼女とか、彼女とか、彼女とか)により、
息子が使っていた。

が、彼は出て行き(その前に彼女とは別れたらしいが)、
主寝室は主寝室となった。

これから少しずつ整えて行く予定。


まずは、この壁面。
160524-2.jpg
薄いチャコールグレーのアクセントウオールになっていて、
おそらくここにベッドヘッドを持ってこい、ってことでしょう。

問題は、ハリです。
風水によると、枕のすぐ上に梁がきて、
先端が目に入るようなら、隠しましょう!らしい。

すでに息子用に適当な布が画びょうで止めてあるが、
もう少しちゃんとしたものに替えたい。


Pinterestを探ってみると、

かわいいな〜。このぐらいならできるかな。
160524-6.jpg
(写真:pinterestより)

ロマンチック系
160524-7.jpg
(写真:pinterestより)

お手軽系
160524-8.jpg
(写真:pinterestより)
といろいろある。


ベッドヘッドの上には、ポスターを飾りたい気もするが、
141226-1.jpg
(写真:pinterestより)
こんな風に。

でも、額が落ちて来そうで落ち着かない気もする。


このアクセントウオールの前にベッドヘッドがあると、
朝、目が覚めると、東側にある窓からこんな光景が目に飛び込んでくる。
160524-9.jpg
朝日が樹々の向こうからきらきら差し込む。
桜の時期は、起きるやいなや目にするものが桜とか・・・


この窓だけ、まだカーテンをつけていないが、
いらないかもしれない。



160524-5.jpg





category: インテリア

tb: 0   cm: 2

△top

明暗が分かれる 

 

ベランダガーデニングを始めて思い知ったのが、
日光の大切さ。

光合成する植物にとっていわずもがなではあるが、
ここまでとは思っていなかった。

直射日光が当たらないまでも、明るければなんとかなるんじゃない?
と軽く考えていたのだが、日差しのあるなしはまさに明暗を分ける。
160518-6.jpg


昨年、日差しが十分に当たらなくて、弱ってしまい、
リハビリセンターという名の塀の上に送り込まれた植物たちが、
塀の上でぐんぐん育っている。


シンフォリカルポス・スノーベリー
160518-3.jpg
去年は1年中、ありとあらゆる虫のターゲットとなり、
瀕死の重傷を負って、あきらめ半分でここに放置したところ、
すっかり復活! 花も咲いた!! 今年はあの真珠みたいな実がなるかも〜


ラベンダー
160518-2.jpg
全然、育たない! と思っていたが、ただ日光不足だったという・・・
ちゃんと花芽が上がって来ている。


一方、直射日光がなくてもモリモリな植物もあるにはある。
160518-4.jpg
アイビーはすごいなー!


ヘデラとマーガレットアイビーとプミラの3種盛り。
160518-5.jpg
うん、こいつらも日差しがなくても問題なし。
これらの場所は5月からおそらく10月ぐらいまで、
1秒も直射日光が当たらない。


塀の上以外は、日差しを求めてシーズン毎に
植物を移動させなければならないことも学んだ。

ベランダのあちこちにおしゃれに配置・・・
なんてムリなことも学んだ。


もうね、日差しがあるところにギュウギュウです。
160518-1.jpg


暗暗(アンアン)ペアのこの子たちもしょっちゅうギュウギュウ。
160518-7.jpg



なにはともあれ、健康第一!!!





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 9

△top

まさかの結婚記念日 

 

昨夜、夫からメールが来ていた。


「本日、23回目の結婚記念日。ありがとう」的な。




160513-1.jpg



しかも、メールに気がついたのは今朝。


160513-3.jpg

夫いわく、
「覚えていないのはしょうがない。
でもメールに気づいたのが今朝ってどゆこと・・・!?」



うん、なかなかの鬼嫁炎上案件です。
160513-2.jpg


私は記念日とか全く覚えられない。
覚えている記念日は、夫と息子と自分の誕生日3つ。
覚えている電話番号は、自分の携帯と事務所と実家の固定電話の3つ。


メモリー容量が各カテゴリー3つ、というわけですね。

いや〜、自分の誕生日の近く、
あるいは毎年の母の日の近く、
とざっくりとは覚えていたんだけどね。
昨日だったとはなあ wwwwwwwww


ちなみに、結婚式をしたのは、ここ。
160513-5.jpg
(写真:www.vogue.co.jp)

フランスのスイス国境近くにあるロンシャン礼拝堂。
近代建築の父と呼ばれるル・コルビュジエが設計したもの。

1955年に完成したロンシャン礼拝堂で結婚式をあげた
3番目か4番目の日本人カップルだったはず。

私たちはクリスチャンではないが、
当時の神父さまがオープンな方で快く受け入れてくださった。

打ち合わせに行ったとき、
神父さまの「社会の窓」もオープンだった!



まあ、ここまで仲良く、
160513-4.jpg
こちらこそ、ありがとう!!







category: 未分類

tb: 0   cm: 4

△top

ナツ猫の憂鬱 

 

息子が一人暮らしを始めて以来、
少々、情緒不安定ぎみなナツ猫。
160512-1.jpg



今日も今日とて、一方的にトマ猫にケンカをふっかける。
160512-2.jpg
応戦するトマくん。


だんだん激しくなって・・・



160512-3.jpg
割れた・・・


写真なんか撮っている場合じゃないよね。

数少ない我が家のインテリアグッズがまた1つなくなった。



ある日、ナツさんのあまりの不条理に、
160512-4.jpg
突如、トマくんが反撃!


あっという間に本棚の端に追いつめて、
追いつめられたナツさんは、2メートルの高さの本棚から
ムリヤリ飛び降りた。



写真なんか撮っている場合じゃないよね。

ナツさんの脚は割れていない。よかった・・・


そう、ナツさんより体も大きいし、
運動神経も良いトマくんの方が強いに決まっている。


まあ、だからナツさんは先制しているのでしょう。


いつか、こんな日が来るといい。
160512-5.jpg
(編みぐるみにちゃちゃ猫が加わりました。
作ってくれてありがとう!!!)






category: ナツねこ

tb: 0   cm: 2

△top

みどりのベランダ 

 

5月に入り、あちこちの庭やベランダにお花と緑があふれている。


160509-1.jpg

そういう我が家には緑はあふれて来たものの、花がない。
いや、花が咲く木やら草やらもあるはずなのに、

咲かない・・・


テーブルの上にある終わりかけのブルーデージーとラベンダーが
唯一の色彩なんて、いくらなんでも地味すぎる。


さらに地味なのが、東側ベランダ。
160509-3.jpg

東側だって、花の咲く植物が植わっているのに、
カシワバアジサイにも他の植物にも一切つぼみがついていない。
(少なくともカシワバアジサイは昨年の今頃は、まもなく満開状態だった)



プランターにいたっては、
160509-4.jpg
どう見ても、


く・さ・む・ら!!!wwwwww


なんなの? 葉っぱの形はいろいろなのに色がみんな同じってどういうこと?


南側にあるジューンベリーの足下に植えてある初雪かずらは、
160509-2.jpg
あまりにも日差しの量が少なすぎて、
1枚の葉が通常の葉の5〜6倍の大きさになって、
白やピンクの斑が一切ない、ただの黄緑色の葉になりました!
(下の方にあるのが去年までの葉。小さくてまだ斑が入っている)

少ない光で最大限の光合成をするための進化!?
もう初雪かずらとは言いがたいような。
「雪」成分ゼロ。


ひょっとして、日差しの量がたりないとみんな同じ色になっちゃうのかしら?
うーん、里山は目指しているけど、草むらは目指していない。


植物はいったん植えたら、後は年々大きくなるのを
愛でていればいいのかと思っていたけど、どうやら大いなる勘違いらしい。


去年は生き延びそうな植物を植えるのに精一杯だったけど、
今年はもう少し色モノを加えよう。








category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top

最後のマーキング 

 

ゴールデンウィークに息子が一人暮らしを始めた。


引っ越し前日。荷造り中、
160506-1.jpg
①トマ猫がやってきてバッグの上でリラックス。



②どいて!
160506-2.jpg



③なにすんの・・・
160506-3.jpg


そして①に戻るをループしている。
トマくんは無類のバッグ好き。
バッグ座布団やスーツケース・ベッドに目がない。



そこに、息子Loveなナツ猫がやってきて、
160506-4.jpg
これは自分のものだから、おまえどけ!するも、



あっさりトマくんに撃退され、
160506-5.jpg
とって代わったトマくんが、息子に突然のマーキング。



トマくんから息子への初めての、そしてたぶん最後のマーキング。
いつでも帰って来い的な。それとも、元気でな的な。



でもトマくんは、2週間であらゆる思い出をリセットするタイプ。
次に帰った時は、「おまえ、誰」からよろしく!










category: トマ猫

tb: 0   cm: 2

△top

新緑! 新緑! 新緑! 

 

1年中でもっとも好きな月、5月がやってきた。
(1つ歳を取ったりもする)


調子に乗ってチャコールグレーばかり集めてしまった
うちのリビングは、午後になると、
160502-7.jpg
家の中のあまりのダークさに外の緑が映る。


暗い室内から写真を撮るせいか、
東側のベランダに日が当たる時間に写真を撮ると、
160502-2.jpg
緑がにじんで、窓の外が緑色に輝く。


そして薄暗くなると、
160502-3.jpg
青くなる。



緑がかった窓の外を、
160502-5.jpg



眺めて飽きることがない。
160502-6.jpg







category: 未分類

tb: 0   cm: 4

△top