FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

ねことベランダ 

 

最近の家ネコ業界では、ネコは「完全室内飼育」が常識で、
ベランダにすら出さない。

理由は、なにかの拍子にびっくりしてベランダの柵を飛び越えて
逃げてしまう可能性もあるから。


3にゃん目の里ネコを探していた時、
うちが先住の猫たちをベランダに出していることを知り、
ほぼ断られたこともある。



でも我が家では、出てよいベランダを限定して今も出している。
そのかわり、出している時は家族の誰かが必ず一緒についている。
要するに監視付き。


なんというか、大気にあててあげたいというか・・・
オープンな空気を吸わせてあげたいというか。
それが必要ってわけではないのだけど、なんとなく私だったら・・・
という気持ち。



現在、3にゃんに外出許可が出ているのは寝室側の東側ベランダ。
160630-1.jpg
リビング側の東側ベランダに抜ける部分には、
室内用折りたたみ物干を扉代わりにして行けないようにしてある。
(物干なんてダサいんだけど、これがまあ、ジャストサイズ!)


下から見上げているだけで、どうしてわかるのか不思議なのだが、
コンクリート製のベランダフェンスには飛び乗れると思うらしく、
ここが開いていると、さっさとフェンスに飛び乗って、冒険に出かけてしまう。



そういうわけで、外に出られるといってもほんの小さな範囲のみ。
でも猫たちは外が大好き。

ちゃちゃ猫も、我が家にやって来た当初は外に全く興味を示さなかったが、
3カ月たつころからちょっとずつ出てくるようになり、
今は楽しみにしている。


一番の楽しみは、
160630-2.jpg
植木鉢から流れ出た水が溝を流れてくるのを観察すること。



とくに、
160630-3.jpg
トマ猫はかぶりつき wwwwwww
近い!



それ以外は、
160630-6.jpg
季節の匂いを嗅いだり、



まったり
160630-4.jpg
してみたり(耳以外)。


小さな虫を見つけて、
160630-7.jpg
ほんの少しだけ野生の好奇心を思い出したりしている。









スポンサーサイト



category: トマ猫

tb: 0   cm: 2

△top

日陰の攻防 

 

バラの購入と同時に、ついついいろいろ注文して、
6月中旬という半端な時期に植え込んだ植物たちが
環境に順応しようとがんばっている(と思う)。


フウロソウ レナルディ
160627-1.jpg
少しでも日に当たろうと首がこんなに長くなってしまった。
鉢からひらひらこぼれていて、本当はこんな姿じゃないんだろうが、
これはこれでかわいいかも。


ティアレラとヒューケラ
160627-3.jpg
ヒューケラが育たない。
これまで10株近く植えた気がするが、
現在残っているのは1株と半分。

半分というのはあまりにも瀕死でとても一株に数えられないから。
ティアレラも育たないので、ここならどうだ!
というちょっと風通しの良い場所にまとめて植える。
日差しも若干増えたかな。

あちこちで見かけるこんもりしたティアレラとヒューケラになるといいんだけど。


160627-2.jpg
2年目となるシダは、昨年、土中に潜む芋虫に丸坊主にされ、多くは枯死。
生き残ったものも葉っぱがずいぶんと小さくなってしまった。

でもやはりきれい。
このままここで、細々とでいいから代を重ねて行ってほしいなあ。



この季節は育ち盛りの虫たちとの攻防もある。



ハクロニシキ
160627-4.jpg
ものすごい好みの葉っぱなのに!!!!


丸っ坊っ主っ💢💢💢💢



本当はこんなにきれい
160627-5.jpg
(写真、購入店よりお借りしています)
虫のつかない、手入れのラクな樹木という触れ込みなのに、
うちでは、この葉ばかり集中的に狙われている。


なぜ・・・💢💢💢



7メートル向こうには、
160627-7.jpg
こんな立派な食べ放題店があるというのに・・・!!!



たぶん、植えられている場所が合わなくて、
生命力が落ちているんだろうな。

ちょっと考える。







category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

なつ猫の要求 

 

なつ猫は私からのなでなでやら抱っこやらは、たいてい拒絶する。


が、


160624-1.jpg
私の周りからトマ猫やちゃちゃ猫がいなくなるのを見張っている。



2にゃんがいないのを見計らって、
160624-2.jpg
奉仕を要求してくる。

ちなみに私のジーパンがぼろぼろなのは、
なつさんがお気に入りの爪とぎ場に指定しているから。
捨てるなと厳命されている。



今のところ、判明している要求は4種類。

①ラバーブラシでブラッシング。
160624-3.jpg


②ファーミネーターでブラッシング。
160624-4.jpg


③耳をぎゅうううっとマッサージ。
160624-5.jpg


④背中からおしりにかけて指でツボ刺激。
160624-6.jpg



問題は・・・



どれをしてほしいか、わからないこと。


160624-7.jpg




160624-8.jpg




まだまだ修行がたりない・・・






category: ナツねこ

tb: 0   cm: 3

△top

花が増えてる! 

 

昨日、マンション植栽の手入れが入り、
南側のニオイヒバがさっぱりと剪定されていた。


160621-2.jpg

ニオイヒバは雨の降り始めに一層、香りが強くなる気がする。
ものすごく好きな匂い。

とはいえ、背が高くなりすぎて、
我が家のベランダから見える空が小さくなっていたので、
今日は雨空とはいえ、ベランダがとても明るくなった。


なにげにルリマツリも咲き始めたし。
色がとても夏っぽい。



160621-3.jpg
群星の一番伸びている枝をパネルの隙間を通して、
こちら側にもってきたんだけど、(中央で水平になっている枝)


ムリヤリすぎる wwwwwww


その右横のグリーンアイスはミニバラだそうで、
つるバラとは枝の伸び方が異なり、花は鉢からこぼれるように咲くとか。

ミニバラとは、花が小さいバラのこと全体を差す言葉かと思っていたら・・・
違った・・・教えてくださってありがとう!!


未だにそんなレベルってどうなの?ってことですが、
そういうわけでパネルの手前に置いてみたものの、
風が吹いたらあっという間に吹き飛ばされそうなので、
やはりパネルの向こう側に置く。



ミニクチナシも咲いた!
160621-4.jpg
斑入りの葉がかわいらしい。


が、
160621-5.jpg
咲く花より、咲く前に落ちてしまう蕾の方が多い。


また日照不足かな・・・




でも、
160621-1.jpg
リハビリセンターは現在、満床。
そしてどの子も譲る気はなさそう。



そういうわけで、少し花が増えています!











category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

キッチンでの攻防 

 

私がキッチンに立つと、ヒマを持て余していると思うのか
3にゃんが代わる代わるヒマつぶしに来てくれる。


160616-1.jpg
ナツ猫は自分が遊びたいおもちゃをもってきて、
私の足下に落とす。


するとたいてい、そんな芸は持ち合わせないちゃちゃ猫が、
160616-2.jpg
やってくる。


あげくに、私のひざにちゃっかり乗る。
160616-3.jpg
ナツさんボーゼン。



トマ猫もふらりとやって来て、
160616-4.jpg



ひざに乗りたがる。
160616-5.jpg


洗い物が終わり、じゃあ乗っかる?と座ると、


トマくんがちょっとよそ見をしているうちに、
160616-7.jpg
後からやって来たちゃちゃがさっさと乗っかる。


160616-6.jpg
トマくん激怒。


毎日、キッチンに立つたびにこんな攻防が繰り返される。







category: ちゃちゃ猫

tb: 0   cm: 0

△top

薔薇デビュー 

 

一生、縁はないと思っていたのに、まさかの薔薇デビューをした。
あちこちのすてきなお庭でバラを見るうちにいてもたってもいられず、

初心者でもなんとかなるんじゃない?
という種類を経験豊かな方々に教えていただいた。

もっと大きくなっているものが欲しかったのだが、
どれも売り切れで、頼りなさげな小さな株ばかり、
いつものように数打ちゃ当たる(かもしれない)スタイルで行く。



寝室側の東ベランダには、
ポールヒマラヤンムスク。
160613-3.jpg
これは、ネットのお店で「超初心者に超おすすめ」という売り言葉と
安くなっていたので購入したところ、
のちに成長力が高いので広い庭が必要とご指摘いただいたもの。

万が一、大きくなってもいいように一番広いところに。
未来予想図Ⅱ
160613-4.jpg


リビング側東ベランダには、モッコウバラ
160613-2.jpg
これも繁殖力が強いらしいので、
ある程度、大きくなってもなんとかなりそうなところに。


未来予想図Ⅲ
160613-1.jpg


南側ベランダには、群星とグリーンアイス
160613-5.jpg


未来予想図Ⅳ
160613-6.jpg
ボーダーパネルの向こう側に置いてあるけど、
こっち側でちゃんと咲いてくれるのかどうか・・・


バラの植え込みのために購入したプラスチック鉢は、
底が二重になって水がたまるタイプ・・・!? ええっ?

ガイド本によるとバラは「通気性のよい鉢に植えましょう」だそうで、
この夏「蒸れて全滅という未来予想図Ⅰ」が容易に想像できたので、
ぐりぐり穴を開けた。
160613-7.jpg


肝試し順位図
160613-8.jpg
ドライバーの音が怖くないそれぞれの位置から作業を見守る3にゃん。

トマくん・・・遠い・・・














category: ガーデニング

tb: 0   cm: 6

△top

緑したたる6月 

 

6月は緑したたっている。
(したたるって漢字で書くと「滴る」なのね)


160610-1.jpg
東側ベランダで柏葉あじさいが咲かなかったので、
我慢しきれず、つい咲いている柏葉あじさいを買ってしまった。

奥のコーナーにあるジュンーンベリーは今年、
4房しか花が咲かなかったのだが、
無事、赤い実となり、翌日にも収穫しようと思っていたら、
あっさり、鳥に先を越された。

食べても良いけど、私がいる時に来てくれたら
どんな鳥が食べてくれたのか見られて嬉しいのに・・・


160610-2.jpg
東側ベランダも緑が増えたので、
1つ1つの力強さには欠けるものの、緑滴っている。


160610-3.jpg
こんな華奢な植物がうちで育つのか?と思ったカラマツソウ。
販売写真とは大いに異なるが、それでも咲いている。

どうやら、見た目の華奢さとか頑丈さとかは、
あまり当てにならないらしい。



そして、



バラがやってきた!
160610-4.jpg
左から、ポールズヒマラヤンムスク、群星、グリーンアイス、モッコウバラ。


素晴らしい庭を作っていらっしゃる方々を参考にさせていただいたり、
アドバイスをいただいたりで選んだ数打ちゃ当たりそうな4種。



160610-5.jpg
グリーンアイスにいたっては咲いている!


高まる〜〜〜〜〜


日曜日に植え込む!!!






category: ガーデニング

tb: 0   cm: 6

△top

けっこう毛だらけー 

 

3日前、通常なら朝4時から、
「メシだ、メシだーーー」と騒ぎだすちゃちゃ猫が、
起きてこなかった。


160606-4.jpg
ソファの上で、面倒くさそうにしている。


そのうえ、一番食い意地が張っているのに、
160606-7.jpg
いつもの半分ぐらい食べただけで、残している。



160606-8.jpg
だそう。


160606-3.jpg
デザート代わりに食べているグリニーズの
はみがきカリカリは食べられる。
(緑色の粒がそれで、器用にそれだけ選んで食べている)



あんなに食い意地がはった子が食べないとそれだけで心配になる。
思い当たる節といえば、やはり、
160606-5.jpg
毛玉。ものの5分もブラッシングをするとこのありさま。


日々、これを飲み込んでいるちゃちゃは、
2週間に1回ぐらい、太さ1センチ、長さ4〜5センチの
ぎゅうぎゅうに固まったソーセージのような毛玉を吐き出す。

ほかの2にゃんはそんなことはないので、
やはり長毛ゆえのサガらしい。


ネットでいろいろ調べても、薬を使わずにこれで絶対に吐ける、
という方法はなさそうで、もうどうにもムリ!となるまで、
おなかの中に貯め続けるしかないらしい。

確かにもうずいぶんと吐き出していない。


毎日帰宅しては、今日は吐いたか、もう出たか、
と家中を探すものの痕跡はないまま、


本日早朝、私の枕の横に無事、リバースなさいましたー!
(私は熟睡中)



160606-6.jpg
食欲にいつもの勢いが戻ってました。




category: ちゃちゃ猫

tb: 0   cm: 0

△top