FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

グリーンアイスが咲いた 

 

グリーンアイスが次々に咲き出した。


160928-1.jpg



160928-2.jpg
花の中心に緑色の目があるので、
「名前って“グリーンアイズ green eyes”だったっけ」と思ったけど、
“グリーンアイス green ice”でいいらしい。


160928-3.jpg
ここだけ見るとたくさん咲いているように見えるものの、
花はほぼほぼこれだけのなので、


やっぱり地味 wwwwww


部屋の中からだとよくわからない。
今年は夏の間、蕾は摘んで、ちょっと涼しくなってからも蕾の数を少なくしたが、
来年は全部残すやり方を試してみようかな、と計画中。



一方、同じく南側ベランダにある群星は、



160928-4.jpg
すっかり、ハダニのすみかに。
「ダニ」という名がついているものの、種類としては「クモ」なので、
もう糸を飛ばしまくって順調に勢力を拡大していらっしゃる。


ハダニには、完全に諦めモード。
ノリウツギにもたっぷり取り憑いているけれど、撃退できる気がしない。



明日から4日間の出張が入っている。
気温はそれほど上がらないようだが、水がもつかどうかとても心配。
ハダニもますます糸の基地を拡張することでしょう。



160928-5.jpg
この子たちも夫と仲良くできるかな。






スポンサーサイト



category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

ナツ猫のジレンマ 

 

友人に一番かまってちゃんはどの子か聞かれた。


ナツ猫とちゃちゃ猫と答えたけれど、一番といえばやっぱり、




160926-5.jpg
この子。



160804-2.jpg
毎日のブラッシングのご用命は、私がキッチンに立つ回数。

料理中で知らん顔していると、後ろ足で伸び上がってジャンプし、
私の背中によじ上ろうとする。

体が重くてよじ上れないため、
爪だけが私のTシャツにひっかかり、どんどん穴が空いていく・・・


食器洗いが終わり、私が床を拭いていると、
160926-1.jpg
往復運動をするぞーきんを狙って潜伏。
より拭き上げ後が美しく見えるよう、爪とぎ段ボールの散布もしてくれる。



160926-2.jpg
爪とぎ段ボールの破壊に夢中になっていたら、
床そうじが終わっており、ボーゼンとするナツさん。


洗濯物をたたんでいると、
160926-3.jpg
たたんだばかりのバスタオルによっこらしょ。



160926-4.jpg
余興で糸を引っぱりだしてみる。




我が家一番のかまってちゃんなナツさんのジレンマは、




かまわれると腹が立つこと。



永遠の思春期かもしれない。










category: ナツねこ

tb: 0   cm: 0

△top

枯れさえしなければ・・・ 

 

どうやら夏はすっかり終わったようで、涼しいベランダ。
台風がやってくるというので、鉢をベランダ内に入れる。
(日曜日のことです)



グリーンアイス
160921-2.jpg
涼しくなったので花を咲かせることにした。
逆さハタキのような新しい枝にたくさんのつぼみをつけている。
本当はもっとたくさん付いたのだが、一枝に1つ程度になるよう摘蕾している。

前回の台風のときにベランダ塀から下に落っこちて、
鉢が割れたままだけど、枯れさえしなければちょっとこのままで。


ルリマツリ
160921-3.jpg
6月から咲いているルリマツリは、まだまだ咲き続けるつもりらしい。
花が終わった部分を切り取ると、その近くから直角に新しい花芽が伸びる。
なんだか変な姿になってしまうのだが、枯れさえしなければいい。


クレマチス“マキシモウィッシアナ”
160921-4.jpg
クレマチスは、2014年の秋に2株、今年の春に1株植えた。
結局、生き残ったのは「強健」が売りのこれだけ。
「年々、株が大きくなる」気は一切しないけど、もう枯れなければありがとう! 


カンパニュラ
160921-5.jpg
カンパニュラも相変わらず、咲いている。
姿形はひたすら徒長してひどいものの、ここも枯れなければありがとう!


アスパラガス
160921-6.jpg
アスパラガスが大復活していた。
夏前に枯れ果てたので、全く水もやらずに放置していたら、
カラッカラの土から新芽が出ていた!

なんなの強いの弱いのどっちなの?
でも枯れなければありがとう!



160921-1.jpg
もっさもさ・・・
おしゃれなベランダにはほど遠いが、
枯れさえしなければ、きっとなんとかなる!!





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

すてきな父子 

 

今朝、通勤の電車で隣に座った父子がいた。

お父さんは30代後半ぐらい、息子は6〜7歳ぐらい。
座るやいやな男の子が、目の前に貼ってあった《平安の秘仏》展の車内ポスターを見ながら、
160915-1.jpg
(画像お借りしました)


息子「仏様って、なんであんな目をしているの?」
お父さん「なんでも見通す目だよ」
息子「見通すってどういうこと?」
お父さん「なんでも見える、心の中まで見えるってことだよ」
息子「へ〜〜、ぼくも見通したい!」
お父さん「そうだね〜♪」


私は新聞を読んでいたのだが、もうね、新聞どころではない!
160915-2.jpg



すると今度は、たっぷりの氷に半分埋まるペットボトルのお茶のポスターを見ながら、


息子「なんでお茶を氷で囲むの?」
お父さん「氷がたっぷりあると美味しそうでしょ?」
息子「冷たい氷があると美味しそうなの?」
お父さん「氷の入った冷たいお茶は美味しいでしょ」
息子「うん。おなかすいたねー、お昼はドーナツにしよ!」
お父さん「ドーナツはご飯じゃないなー」
息子「そっかーー」
ふたり「笑」


その後、再び仏教の話題に。


お父さん「仏様の世界では死んだ人はみんな仏様になるんだよ」
息子「じゃあ、あの写真の仏様も死んだ人?」
お父さん「あの人は一番最初に死んだ人」
息子「おじいちゃんもおばあちゃんも仏様なの?」
お父さん「まてまて、おばあちゃんは“まだ”仏様じゃないよ!」


このあたりで、私は新聞読むフリができなくて、ついに笑ってしまう。
160915-4.jpg
(すみません! って謝りました)


息子「おじいちゃんもおばあちゃんも仏様だよ?」
お父さん「ちょっとお、ヤメて〜〜(笑)、おばあちゃんはまだ仏様じゃないでしょお!」

160915-5.jpg




そして親子は渋谷に着く前に降りて行った。
父子「お昼、何食べよっか〜〜〜♪」

160915-3.jpg


と楽しそうに話しながら。



すてきな父子だった。
好奇心の強い息子にひとつひとつ丁寧にわかりやすく答えるお父さん。

男の子がどんな大人に育つのか、
もう2度と会えないだろうけど、楽しみだなあ。


もう1回、子育てしたいなー、と朝からほっこりしました。







category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top

トマ猫とナツ猫 

 

トマ猫がいきなりパタリと寝転がる。
160912-1.jpg



視線の先には、
160912-2.jpg
ナツ猫。


ナツさんは自分の緊張を和らげるために、視線をそらす。



トマくんの視線の先には、
160912-4.jpg
ナツさん。
一生懸命、気がつかないフリをしている。



この距離は居心地が悪い。
160912-6.jpg



ナツさんはややこしい。
そのややこしいナツさんに根気よく?つきあうトマくん。



160912-5.jpg
ナツさんを落とす日がくるといいんだけど・・・







category: ナツねこ

tb: 0   cm: 0

△top

グリーンアイスの成長 

 

6月に植え込んだミニバラ、グルーンアイスが順調に育っている。


6月初旬
160909-1.jpg


現在
160909-2.jpg
まあ、バランスは全く考えていないよね。



それはともかく、最初からあった枝は、
160909-3.jpg
こんな「一枝」という形で、蕾はその先に1粒ずつつく。


一方その後、生えて来た枝は、
160909-5.jpg
うまく撮影できないが、なんというか
ハタキを逆さまにしたような、一枝の先がもしゃもしゃと多方向に
枝分かれしてその先という先に蕾が無数につく。

同じ1本の植物なのにこんなにも枝の様子や蕾のつき方がちがうなんておもしろいなー。



この3カ月でこの逆さまハタキが、
160909-4.jpg
何本も出て来た。


順調に育っている!!


そろそろ夏も終わるから花を咲かせてもいいかしら〜
でもまだ十分大きくなっていない逆さまハタキが2本あるから、
あまりたくさん咲かせない方がしっかり育つかな。


我が家は南向きとはいえ、
160909-6.jpg
日差しは軒とマンション植栽のわずかなすきまから差すのみ。


大きな鉢に植え替えたら床に置かざるをえず、日射もずいぶんと限られてしまう。
よく日の当たるベランダフェンスの上に置いていられる今のうちに
しっかりした株になってもらわないとね。







category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

乙女の恥じらいかも 

 

私がキッチンに立つたびにブラッシングタイムが来たとやってくるナツ猫。



うっとりしている背後から、トマ猫がやってくる。
160906-1.jpg


我に返るナツさん。
160906-2.jpg


トマくんに見つめられながらのブラッシングは断固拒否!
160906-3.jpg



また、別の日。



ブラッシング中にちゃちゃ猫がごろり。
160906-4.jpg



が、



どーでもいいらしい。
160906-5.jpg



なんだろう、この違い。
まあ要するに、ちゃちゃのことはナメているのね。







category: ナツねこ

tb: 0   cm: 0

△top

台風の余波 

 

太平洋側から東北地方に観測史上始めて台風が上陸し、
甚大な被害をもたらした昨日。




関東地方は晴れ渡った。



のに、



家に帰ったら、南側のバラ2鉢が落下していた。



夜8時前に自宅に戻り、何気なくベランダに目をやるも、
160901-4.jpg
このぐーんと伸びたシュートのアーチが見えない。
(大事なシュートだから、支柱を立てるかどこかに結んで保護してあげて、
とアドバイスをいただき、無理矢理先っぽをパネルに結んでいる状態)


??????



本日快晴で、風が強かったイメージはない。
しかもここから落ちるとしたら、東から、あるいは西から
相当強い風が吹かないと向こう側には落ちないはず・・・!



落ちていましたよ。
懐中電灯を持って、ベランダのフェンスを乗り越えてみると、

160901-3.jpg
フェンスとマンションの柵の間の40センチほどの植え込みに、
2鉢とも落下していた。


幸いにも1階なので、下の階の人にご迷惑をかけることはないが、
160901-1.jpg
グリーンアイスの鉢が割れていた。


そしてさらに幸いなことに、
この隙間にはあまり成長のよくないツツジの植え込みがあるため、
それがクッションになったようで、
160901-2.jpg
シュートはもちろん、1本の枝も折れておらず、バラ自体は無傷だった。


やはりここに置くのはムリがあるのね。
株も順調に大きくなっているし、できるだけ早く
別の鉢に植え替えて、別の置き方を考えなくては。



160901-5.jpg
9月になりました。
太陽の位置もずいぶんと変わり、
また室内に日光が差し込むようになっています。



台風10号の被害に遭われた方には心からお見舞いを申し上げます。






category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top