FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

下僕のお仕事(の一部) 

 

下僕の仕事は朝が早い。


5時前には、ちゃちゃ猫が騒ぎ出す。
170727-4.jpg
(クッション2枚重ねでお休みになるちゃちゃ)


下僕はお食事をご用意して、
その後、みんなで2度寝。


再び起きた後は、トイレ掃除にはじまり、
食器を洗ったり、新しいお水を用意したり。


なかでも下僕の仕事として重要なのが、


抜け毛処理。
170727-3.jpg
網戸は東側も南側も、
数日でこんなありさまだし、
(白いモアレみたいなのがすべて抜け毛)


ブラッシングするたび、
170727-2.jpg
床はこんなだし、



なにより!

170727-1.jpg
これは今年購入した黒いTシャツ。
綿100%ではなく、化繊混紡のものだが、
いったい何を考えているのか、一瞬にしてこのありさま!!!

化繊が入っているため手触りはさらさらなのに、
どうやら周囲の毛という毛を引き寄せているらしい。


仕事用の黒いウールのワンピースにもこのタイプのものがあって、
着替えて、コートを着て、出かけただけで、
出勤前に小1時間、ネコと遊んで来たんじゃないの?
という顰蹙を買いながら、
ガムテープでペタペタしながら、
打ち合わせをしなくちゃならない始末となる。



170727-6.jpg






スポンサーサイト



category: ちゃちゃ猫

tb: 0   cm: 2

△top

7月のおでかけ 

 

「レジャー」なんて言葉をなかば忘れかけた日曜日。
おでかけ好きな友人が、


「ドライブ行かない?」


ドライブ・・・? 単語としては知っているけど、
それって実在のものなの? 
というぐらい縁のない言葉で誘ってくれた。


行く先は、那須塩原にある「スッカン沢」。
那須塩原って車で行けるんだ、とか、
スッカン沢ってなによ? とか
もろもろ含めて、前夜はワクワクして眠れない♥️



170724-2.jpg
沢沿いを歩く片道2キロほどの短い散策道で、
小さな滝がいくつかある。


170724-3.jpg
弱い雨が降ったことで、
谷間全体がしっとり濡れているうえ、
あちこちから水が染み出て、爽やかなことといったら!!!


170724-5.jpg
鉱物や炭酸分を含んでいることで青く見える水。

「スッカンブルー」と言うらしい。
字面的にはすっとぼけているな、などと冷静に考えてみる。



折り返し地点にあるカツラの大木
170724-4.jpg
こういう大木が大好き!

ずっとこの同じ場所で
ずっと変わらず、でも変化し続ける。
神秘的だよなー、と思う。



170724-6.jpg
1年中、水が豊かであちこちコケむしており、
ちょっと屋久島っぽい。


雨が降ったり止んだりの曇り空のせいもあり、
それはそれは涼しく、
往復4キロ程度とはいえ、すっかりリフレッシュしました。



散策の〆は、
170724-1.jpg
地場の乳製品を使ったパフェ。

全体的に甘さ控えめで、
バニラアイス、フロマージュブラン(ヨーグルトよりのクリームチーズ)、
フローズンヨーグルトの3種類の味が楽しめる。


ただ、あまりに涼しくて、
アイスクリームで冷えて、寒くて鳥肌たった。


天気予報が関東から北は雨だったせいか、
どこも人が少なく、渋滞も一切なく、
たいへん快適なお出かけでした!








category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top

夢から覚めて 

 

春からずっと、グリーンアイスが咲いている。

170721-1.jpg
ずっと咲いているんだけど、


どうにもキレイじゃない。



春に芽吹き始めた直後から、
170721-2.jpg
葉先が茶色くなって、どんどん枯れていってしまう。

なんだか花も葉もキレイじゃない・・・


うどん粉、ハダニ、芋虫のトリプル攻撃にやられ、
丸坊主にしてしまったポールズヒマラヤンムスクは
170721-4.jpg
順調に葉を出している。

でもすぐにうどん粉がまぶされてしまうため、
木酢液をしょっちゅうかけたり、注意が必要。



一方、同じく春にうどん粉にまみれたもっこうバラ
170721-6.jpg
ダメージは受けたものの、数回の木酢液で復活!

もうどうしていいかわからないほど
無秩序に枝を伸ばしている。



そして私は、夢から覚めた。

5月に咲いたバラの花があまりにもきれいだったので、
浮かれてしまったが、

ようやく自分の性格を思い出したよね。


どうやら私の大雑把な性格では、
バラがかわいそうかもしれない。



のりうつぎ
170721-3.jpg
綺麗に咲いた!


あちこちの綺麗なお庭ブログを拝見すると、
皆さん、ずいぶん綺麗なうちに切り取っている。

株にとってはその方がいいんだろうな、
と思うものの、なかなか勇気がいるよね。


切り取っても部屋に飾れたらいいんだけど、


170721-7.jpg
飛んでくるだろうな・・・



いくつかの順調に育っているようにみえた植物が
理由もわからず枯れてしまい、ちょっと凹んでます。



まだまだまだまだ修行中。






category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

老化と老後 

 

私と夫は同い年。


歳を取るにつれ、年々暑がりになってきた夫は、
寝るときに頭の下にはアイスノンを、
両脇には保冷剤をはさんでいる。


170718-1.jpg

本当は、エアコンの設定も23度ぐらいにしたいらしい。


いや、うちは28度設定ですから!



私は歳を取るにつれ、年々暑さ寒さに鈍感になっている。
寝るときは、
脇にちゃちゃ猫、股間にナツ猫、足元にトマ猫、
と3つの毛玉湯たんぽを当てているが、夏でもわりあい平気。

170718-2.jpg



今年84歳になる夫の母は2年前に腰をやられ、
半年間のほぼ身動きできない寝たきり、
その後1年間のリハビリ入院を経て、昨年末に退院。

入院中、ドルや株式相場をチェックするために
携帯を駆使していたところ、携帯代が跳ね上がり、
長男(夫の兄)が肝を冷やしたとか冷やさないとか。

筋肉はごっそり落ちたらしいが、頭はずっとクリアだった。すごい。

170718-6.jpg



今年83歳になる実家の父は、
毎年、伊勢神宮と靖国神社を代わりばんこに参拝し、
普段はグラウンドゴルフ(ゲートボールの個人戦みたいなものらしい)に
汗を流す。

170718-3.jpg



今年76歳になる実家の母は、
6月に行ったリフォームを機に人生何度目かの断捨離中。
最大の敵は父だそうで、
「とにかく隙間という隙間に、ものをツッコむの!」
とプリプリしている。

170718-4.jpg


捨てたつもりなのに、気がつくと元に戻されており、
断捨離はなかなか進まない。



170718-5.jpg

老化も老後もいろいろだ。






category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top

夏の色 

 

梅雨もまだ明けぬというのに、日差しがすっかり夏色。
あまりのコントラストに目が痛いほど。



日本の夏の暑さに弱いゼラニウムを南側から東側のベランダに移した。
170714-1.jpg
一番手前の大きな黒っぽい葉っぱはヒューケラ。
もはや私の手のひらより大きくなっているんですけど。



リビングの窓からも少し赤い花が見える。
170713-6.jpg
ゼラニウムの赤い花びらと緑のコントラストといったら!

モリモリな緑の中で、このチラ見え的な赤が、
夏感を盛り上げてくれている気がする。





ノリウツギとルリマツリ
170713-2.jpg
一方こちらは、光のコントラストに埋没気味。



170713-3.jpg
この冬に枯らしてしまい、
6月に買い直したユーフォルビア・ダイアモンドフロストが、
ようやく少しこんもりしてきた。

安定の地味さよね。

ユーフォルビアとルリマツリは、
夏の清涼感担当。



本棚の上で溶けるトマ猫
170713-4.jpg






ソファのふわふわ毛布が強制撤去されたので、
170713-5.jpg
タオルケットに包まれるちゃちゃ猫。



隣の公園では、今年初めてのセミが今日、鳴き始めた。









category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

図々しさ選手権 

 

爪とぎ用の段ボールが痛んできたので、
新しいものに取り替え、付属のマタタビも振りかけておいたところ、



マタタビ好きのナツ猫がセッティングの最中からやってきて、
爪を研ぎ、体をこすりつける。


と、それを見たちゃちゃ猫もやってきて、
170710-1.jpg
どいてアピール。



普段、ちゃちゃはおこりんぼのナツさんには
あまり近づかないが、
170710-2.jpg
基本、図々しい。



とうとうナツさんを退け、爪研ぎするかと思いきや、
170710-3.jpg



実はちゃちゃはマタタビに興味がない。
170710-4.jpg



と、そこへ、
170710-5.jpg



トマ猫が参戦。三つどもえのマタタビ段ボール争奪戦に!!
170710-6.jpg



無理やり体をねじこむものの、
170710-7.jpg
結局、ちゃちゃがどかないので、興味をなくすトマくん。



諦めきれないナツさん。
170710-8.jpg





一番図々しいのはやっぱり、
170710-9.jpg


あなた!






category: ちゃちゃ猫

tb: 0   cm: 0

△top

ナツ猫の痛い思い 

 

日曜日の夕方にがくっと食欲の落ちたナツ猫。


その後も様子がおかしい。
ベッドの下や部屋のすみに引きこもっている。
170706-1.jpg

月曜日も火曜日も相変わらず食欲はないし、
なにより、触るとものすごい怒る。


確かにべたべた触られるのが嫌いな子だけど、
ちょっと触っただけで、


シャア!


触らせてくれないから、体の状態を見ることもできなかった。
でもどうも下半身に問題がある様子。


が、昨日の朝、
ちょっと食欲が戻ったようで、
カリカリを食べているところでようやく見えた。


おしりの左側がずるむけているじゃないかああああ!!!!!


これかあああ! もうびっくりして
近所の動物病院の開院を待って、受診したところ、

先生、一目診て、
「肛門嚢が破裂したんですね」と。


ああ、犬ではそんなのがお尻にあることを聞いたことがあったが、
猫にもあったのか・・・


まあまあよくあることで、
放っておくのが一番らしく、
「今後は定期的に絞ってあげてください」と
絞り方など教わって帰って来た。


おそらく破裂したのは日曜日の夕方で、
今朝の状態がこちら。
170706-2.jpg
できるだけインパクトがないように写しております。

右上に写っている白っぽいのがしっぽで、
矢印の先の暗い穴のように写っているところが破裂した傷口。


昨日の朝はもっと傷口が生々しく、あわてたものだが、
すごい勢いで順調に治っている様子。


どうやら痛みもほとんど引いたらしく、
食欲はすっかり戻って、トマ猫の食べ残しもすべて平らげていた。


お尻が痛いのかさせてもらえなかった食後のブラッシングも
170706-3.jpg
はいはい、やります、やらせてください!
お尻は触らないようにしますねー


お尻が痛くて登れなかった本棚の上も、
170706-4.jpg
もう余裕だ。



170706-5.jpg
すっかり日常の風景。


それにしても、うちの子になって6年。
今でも爪切りするだけで大暴れして、
170706-6.jpg
しばしば、こんななるのに、



肛門絞りなんて、できる気がしないんですけど・・・





category: ナツねこ

tb: 0   cm: 4

△top

夏に向けて 

 

あちこちのお庭が盛大に育った緑であふれている。


なーのーにーーー


うちの東側ベランダにあるポールズヒマラヤンムスクったら、
170703-3.jpg
もはや末期のうどん粉病。


加えて、チュウレンジ系だというイモムシと、
もはや惨敗決定のハダニ。

そのうえ、
170703-5.jpg
未遂に終わったがこんな卵まで。



トリプルコンボというか、クワトロコンボというか、
もうがまんできなくなって、




170703-4.jpg
夏にあるまじき姿に・・・!


ガイドブックによると、
つるバラの場合、夏の間はたっぷり光合成させるために、
剪定しちゃいけないそうだけど、




剪定どころじゃありませんね。
ごめんよ。


今年やった消毒作業では全然足らなかった、
ってことですね。

来年があるなら、来年は手遅れにならないよう、
早め早めに作業するから、生き残ってね!



で、7月ですが、
2日の日曜日は暑いし湿度は高いし、
3にゃんの食欲が一気に落ちた。


とくに、ナツ猫
170703-6.jpg
いきなり半分ぐらい残してどんよりしている。


ナツさんは好みに合わなくて食べないことはあっても、
いつものカリカリを残したことはない。


昨日までは食べていたのにいきなり・・・
病気という可能性は排除できないが、
とりあえず、暑さと湿気対策にエアコンを入れた。

たぶん、今日から秋までつけっぱなしだな。


170703-7.jpg
そうね、痩せちゃったらだめよね。



一方、ちゃちゃ猫は、
170703-1.jpg
まだまだふわふわ毛布いけるそうです。





category: ナツねこ

tb: 0   cm: 2

△top