FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

秋とともに 

 

先日、今シーズン初の猫だんごとともに、
高らかに秋の訪れを宣言したトマ猫は、

私のひざにも戻って来た。


私の足もとをうろうろし、
170928-1.jpg



座れ、と訴えて来る。
170928-2.jpg



170928-3.jpg
差し出されたひざが横にあるものの、
カメラがあるので逡巡中。



170928-4.jpg
まちきれない私は、ひざに来る前に、
うちのニャンズが全員好きな耳ぎゅう。


170928-5.jpg
が、やはりカメラが嫌らしく、隣に座る。


あ、ちなみに私のパンツの太もも部分にある「穴」は
ナツ猫が毎日毎日何度もここで爪とぎしてくれるから。

家の中用のパンツにはすべて、
穴やらほつれやら一杯で、それはそれは貧乏臭い。

このパンツはそれでも、爪が引っかかりにくいらしく、
穴やほつれは少ない方。



そういうわけで、秋の進行とともに、
トマくんのおひざ通いも頻繁になってきております。


昨日、夕食後のトマくん
170928-6.jpg



この後、ふわんふわんにくるまれて就寝。
170928-7.jpg



また来年の夏まで、猫祭り開催中〜〜〜〜♥️










スポンサーサイト

category: トマ猫

tb: 0   cm: 2

△top

先週のベランダ 

 

すくすく育っていた植物が、
理由もわからずいきなり枯れ果てる一方、

もうだめかも、から華麗に復活する植物もある。


東側ベランダ クリスマスローズ
170925-1.jpg
この春植えたばかりのクリスマスローズは、
葉っぱがすっかり茶色くなり、地上部が枯れ果てた。

1年もたないの!? とドキドキしつつ、
どう見ても、ここからこの葉っぱが復活することは
考えられないので、ばっさり切ったところ、


170925-2.jpg
切り跡から、新芽出た!

なんだろ、日焼けだったのかな・・・?



南側ベランダ カラミンサ
170925-4.jpg
カラミンサももう間もなく蕾がつくんじゃない?
という7月に、葉に病気が蔓延したので、
枯死も覚悟しつつ、根元でばっさりと切ったのに、
見事に復活して、開花の季節に追いついた。

すごいなー


これまで、おっかなびっくりで
切り戻しをしていたけど、
実は思い切りよくしてあげた方が、
植物にとっては嬉しいのかも。



るりまつり
170925-5.jpg
ベランダ内側の花が終わったので、
今期何度目かの180度回転作業。

ベランダ外側の南向きになっていた部分には、
再びか三たびか四たびかたくさん蕾がついている。

あと何回、回転作業ができるかな〜

るりまつりも花が終わると短く切り詰めている。


ゼラニウム
170925-6.jpg
トマ猫が秋を高らかに宣言したので、
東側に疎開させていたゼラニウムを南側に戻す。

毎年毎年、夏は瀕死のゼラニウム。
今年もヨレヨレ。

しかも下の方が相当木質化している。
これまではこの状態になると、
新しい株を買って来て交換していたが、
今年はこの株の再生に挑戦してみようかしら。

深植えだの切り戻しだのいろいろ方法はあるらしい。
いずれにしろ9月10月が適期らしいので、
さっさと調べてやってあげなくては。




170925-8.jpg
今朝はなぜか、トマ猫が午前3時に大騒ぎ。
ベランダに何か来ていたのか、


もうね、寝られません💢


それもやっと静かになったのも束の間、
170925-7.jpg
午前4時すぎにはちゃちゃ猫が、

「めしだーーーーー』と大騒ぎ。



ほんとやめて💢💢


そういうわけで本日寝不足です。







category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

秋がやってきた! 

 

天気予報によると、本日関東地方は、
今年最後の気温30度を超す夏日になるらしい。


とはいえ、朝のヒンヤリ感が残る室内は、
ちょっともう人肌や猫肌が恋しくなっている。


170921-1.jpg
1年を通して、フワフワが好きなちゃちゃ猫。
今日もクッションで2度寝中。


そこへ、
170921-2.jpg
トマ猫がやってきて、


170921-3.jpg
シーズン最初のねこ団子。


トマくんは暑いと私の膝にも来ないので、
トマくんがこんな風にくっついたってことは、



秋が来た。



が、本人はまだ疑っている様子。
170921-4.jpg



170921-5.jpg



170921-6.jpg
ああ、私はトマくんのこんな顔が大好きだ!



と、トマくんの顔にうっとりしていると、



足下では、
170921-7.jpg
ナツ猫が人肌を恋しがっていた。



秋がやって来た。







category: トマ猫

tb: 0   cm: 0

△top

先週のベランダ 

 

台風が関東に到着する半日前に、
九州のさくらさんちのお庭から美しい植物が届いた。


170919-1.jpg
さくらさん、ありがとう!



オダマキとギボウシとユキノシタかな?
170919-2.jpg
オダマキはうまく育てばもっと背が高くなって、
ここではバランスが悪くなってしまうかも。


ギボウシ
170919-4.jpg
ナナフシと芋虫にやられまくった元々あるギボウシの横に
届いた別の種類のギボウシを寄せ植え。


白いスミレ(のはず)
170919-3.jpg
つぼみがついている!
年に2回、咲くのね〜〜


さくらさんちのお庭では、この白いスミレと
数種類のギボウシがこんもりと寄せ植えされ、
本当にすてきな雰囲気だったのだけど、

うちのベランダでは、おそらくそれをやったら、
あっという間にスミレが枯れてしまうと予想できるので、
スミレだけを単体で植えた。

年に2回、咲くのかーーーー! 楽しみ!



台風シーズン到来を前にスタンドを購入。
170919-5.jpg
高さの違うものを3種類。
並べ方はまだまだ研究の余地が多いにありです。


基本的には、
1、できるだけ満遍なく日差しが当たるように。
2、むき出しのベランダ・フェンスが隠れるように。

が、テーマ。


それにしても、午後2時には、
170919-6.jpg
フェンスの上には日差しが当たっているのに、
フェンス内にはもうほとんど差し込んでいない。


日差しの誘惑に負けそう・・・



170919-7.jpg
台風後の関東地方は日中30度を越え、
猫が伸びてる。








category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top

ちゃちゃ猫の災難 その3 

 

ちゃちゃ猫に一難去って、また一難来ている。


昨日の夜、なでなでしていたところ、
首の後ろ部分で指先に乾いたキャラメルみたいな塊を感じて
毛をめくってみると、
170915-1.jpg
はげてる。


しかもカサブタみたいなものができてる・・・
大急ぎでネット検索してみたところ、




真菌!?



免疫力が弱くなった時などに発症するらしい、
カビが原因の皮膚病で、

飼い主はじめ、同居の動物に感染することを防ぐため、
部屋の徹底的な掃除・消毒、布類の洗濯、
そして罹患者の隔離が必要で、完治までに数カ月かかることもあるらしい。



命には関わらないものの、ぞっとした。

こんな甘えたの子を隔離したら、
それだけでストレスでハゲてしまうかもしれない。


とりあえず、その夜は隔離して、
今日朝一で病院に連れて行ったところ、



先生「これは真菌じゃないね。ただのカサブタだと思う」


力、抜けましたよ。


でも原因はわからない。
治らなかったり、別のところにもできたりしたら、
またその時考えましょう、ってことで帰された。



緊張の病院から帰って、ソファでくつろぐ。
170915-2.jpg
イカ耳になっているのは、
向こうの方でトマ猫とナツ猫が、


真菌疑惑で取り替えた爪研ぎダンボールにまぶした
またたびパウダーに夢中になっているから。
170915-4.jpg
トマくんはひたすら舐める。
その後ろでスキを伺うナツさん。



交代。
170915-5.jpg



170915-6.jpg
さっきナツさんがいたのと同じ場所で、
交代をまだ迷っているトマくん。





170915-3.jpg

ナツさんとトマくんのようにハデな追いかけっこをするでもなく、
突然のダッシュ&ターン&ストップをするわけでもない、
こう言ってはなんだが、運動能力が残念なちゃちゃにケガをする余地はない。



ああ! 3度目の以心伝心プリーズ!!!












category: ちゃちゃ猫

tb: 0   cm: 0

△top

甘え方3種 

 

かまってほしくないかまってちゃんのナツ猫は最近、
甘えたい時のやり方を変えた。


170914-1.jpg
私の足下にお尻をくっつけて座り、


170914-2.jpg
ちくわのようなシッポで、


170914-3.jpg
ぺちぺちする。



ああ!かわいい!!!!



そして私が知らん顔していると、
170914-5.jpg
足下でこんななっている・・・



そしてこの時、左足では、
170914-6.jpg
トマ猫が曲がったシッポをこっそりと私の足に添えていた。
なにも興味がないふりをしながら。



うわあああ! どっちもかわいいいい!!!!


甘えたいときこっそりと近くに座る2にゃんと違い、


ちゃちゃ猫は、





170914-4.jpg

たいへんわかりやすい。





category: ナツねこ

tb: 0   cm: 2

△top

トマ猫の恋 

 

トマ猫が恋患いしている。

170911-4.jpg

恋い焦がれているのは、
あの、猫界のスーパーアイドルおやつ、チュール。


うちでは、基本、おやつはあげない。
170911-3.jpg
それぞれの子にあったカリカリを、
きっちり計って1日分ずつを保存容器に入れ、
1日分を3回にわけて与えている。

夕食後に歯磨きカリカリを10粒と日曜日の猫缶以外は
間食はさせていない。

だから、日曜日の猫缶は大ごちそうで、
とりわけトマくんが大騒ぎする。



が・・・


ここ何日か、膀胱炎になったちゃちゃ猫に、
チュールに混ぜて薬を与えていたところ、


ご相伴に預かっていたトマくんがハマってしまった。



中を洗ってから捨てようと流しに置いておいたチュールの袋に
むしゃぶりつくトマくん。
170911-5.jpg



いつものカリカリにボーゼンとし全く食指が動かないトマくん。
170911-1.jpg



あげくに、あんなに好きだった猫缶すら、
170911-2.jpg
このありさま。







170911-6.jpg

チュールに恋い焦がれすぎて、
ほんとに食欲ないんですけど、どうしよう!!!



それにしても、
チュール、恐ろしい子!






category: トマ猫

tb: 0   cm: 2

△top

ちゃちゃ猫の膀胱炎その後 

 

小うるさいちゃちゃ猫が戻って来た。

170907-6.jpg


心配してくださりありがとうございました!


ちょっと自分の備忘録として経緯を書き留めておきます。

●8月31日(木)
朝、2〜3分トイレにしゃがんでいるのに
1滴しかおしっこがでないのにびっくりして病院へ。

腹部を触っても尿はたまっておらず、
初期の膀胱炎として抗生物質+ステロイド剤を注射。(3240円)

帰宅後30分ほどで少量のおしっこがでる。
食欲は通常の半分ぐらい。

●9月1日(金)
朝、大量の色の濃いおしっこが出る。
食欲は通常の半分ぐらい。

●2日(土)
朝、少量のおしっこ
食欲は通常の半分以下

●3日(日)
早朝と深夜に通常量のおしっこ
食欲は通常の半分以下

日がな1日、静かにうずくまっている。
170907-1.jpg


●4日(月)
8時半ぐらいから、トイレにこもりっぱなし。
2分ほどしゃがんでは1滴も出ず、
トイレから離れたと思ったら、すぐにまたトイレ、
を繰り返すので、再びあわてて病院へ。

血液検査+点滴+抗生物質とステロイドの注射(9720円)

点滴はゆっくりやるからと言われ、預けて仕事へ。
夕方迎えに行ったところ、処置室のケージの中でぶるぶる震え、
私を見て、小さい声で「シャア・・・」と怒った。

ちゃちゃを引き取って2年になるが、初めての「シャア」。
泣きそうになったよね。

幸いにも血液検査の数値はすべて正常だった。

21時頃に通常量のおしっこ。
食欲は少し戻ったかな。

●5日(火)
朝、通常量のおしっこ。
食欲も70%ぐらいまで戻った。

この日も病院へ。
まだ具合が悪いようなら、もう1回点滴と言われていたが、
大丈夫そう、ということで、
抗生物質とステロイドの注射+明日からの薬6日分を
処方してもらって帰る(4420円)


6日のちゃちゃ
170907-4.jpg

ようやく爪研ぎしたり、日常が戻ってきました。
よかったなああ。


処方された薬は、木を隠すなら森ってことで、
ご飯皿に入れてみたが、
170907-2.jpg
うん、食べるわけないよね。

この後、つぶしてチュールに混ぜたが、
あっさりとバレて、拒否されました。
どうしたもんか。


ところで今回通った動物病院は、
家から一番近い、ということで選んだのだが、
ものすごいざっくりしたある意味「明朗会計」だった。

すべて1000円単位らしく、
会計は窓口で、「3000円+消費税」って感じで
口頭で告げられるのみ。

5日の会計は4420円だったが、
絶対4320円の間違いだと思う。


ネットで調べると、「注射針50円」なんていう
そこまでやる?という明細をくれるところもあるらしい。

逆にうちのところと同じように、明細を一切出さないところも多い様子。


まあ別に、適切な治療を適正な価格でやってくれるなら、
私としてはどっちでもいいんだけどね。

とりあえず、
明るくて清潔だし、それなりに患者がいるし、
家から近いし、なによりもちゃんと治ったし、
何かあったらここに通うことにする。



170907-3.jpg

ガツガツ食べているのを見ると、
幸せな気持ちになる。







category: ちゃちゃ猫

tb: 0   cm: 4

△top

週末のベランダ 

 

涼しい週末。

秋になったからといって、
うちのベランダはきれいになるわけじゃないが、
日差しが少しずつ奥まで届くようになるので、
ちょっと嬉しい。


初雪カズラ
170904-1.jpg

すごい! 伸びている!!
3シーズン目にして初めてここまで伸びた。


ジューンベリー(のはず)
170904-2.jpg
枯れて切り取った細い株の横にでてきた芽が、
ここまで成長した。

なんてきれいな!!


この2つの芽を引きで見ると、
170904-3.jpg
写真だと明るく写っているが、
ここはベランダのフェンスに囲まれた昼さえ暗い闇だまりなんです。

日差しが低くなったことで、
午後に5分ぐらい日が当たる。


ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト
170904-4.jpg
葉っぱばかりぼうぼうなんですけど!!


昨年まで、夏のうちのベランダのにぎやかし担当で、
初冬まで白い花をつけ続けた「ユーフォルビア・ダイアモンドなんとか」が、
今年は花が咲かん!

と思っていたら、


「ユーフォルビア・ダイアモンドなんとか」違いだったことが判明。

今年のこれは、ユーフォルビア・ダイアモンドフロストで、
去年までのはユーフォルビア・ダイアモンドスター


種類が違うんだ・・・

こういうとき自分の大雑把加減にあきれる。
来年は「スター」の方も植えよう。


グリーンアイス
170904-5.jpg
ずっと美しくなくて、短く剪定しようと思いつつ、
なんだかもったいなくてここまできてしまったが、

でも7月に短く剪定したグリーンアイスが
美しく咲いているDママさんちの花を見て、
ようやくばっさりと切った。

でも今が切り時なのかどうか・・・
まあ、すごい強そうだからなんとかなるかな。



リビング横の東側ベランダ
170904-6.jpg

ここも生存率20%を切る厳しいところ。
今年の夏も2シーズンほどすくすく育っていた株が2株ほど、
突然枯れた。


なぜ!!!💢💢


代わりに、メドーセージと夜香木を植えた。


夜、強い香りを放ちながら地味に咲く夜香木。
170904-7.jpg

ここ3年間の経験から、
小さな若い苗では、とても生き残れないことがわかったので、
近所の安い苗屋さんで手に入るある程度大きくなった株のものを
手当たり次第に植えている。

好みの植物をバランスを考えて、なんて余裕は全くなく、
生き残ればラッキー! ぐらいの気持ちでやってます。







category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top