FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

シモノハナ 

 

大寒波がやってくる前の週に高尾山に登った。


高尾山頂から見える富士山
180129-2.jpg

自宅から1時間ほどだが、
たった1時間の差で、富士山がとても大きくなる。


私が山に登るのは、基本的に樹々の緑や花を見たいためだ。

今回の目的は、シモノハナ。
シモノハナとは、「シモバシラ」というシソ科の植物の枯れた茎に
吹き出る氷の花で、例年12月末から1月中旬ぐらいが見頃らしい。


180129-3.jpg

遠目に見ると、ただティッシュが丸めて捨てられているようで、
誰かポイ捨てした!、と一瞬イラッとしかかるが、



180129-4.jpg

180129-5.jpg

180129-6.jpg

180129-7.jpg

枯れた茎の周りに幾重ものリボンがゆれるように、
まとわりつくように氷の花びらが重なっている。



どうやってできるのかといえば、
180129-8.jpg
ですって。


雪が降ったり、雨が降ったりするとできないし、
溶けては凍り、溶けては凍りを繰り返すので、
1月も後半になってくると、氷が押し出される穴が大きくなったり、
つぶれたりして、美しい造形はだんだんできなくなっていくらしい。



冬の高尾山もとても美しい。
180129-1.jpg



5〜6時間歩いて、おそばを食べて帰って来た翌日、
おしりがひどい筋肉痛だったので、
プールでゆっくり泳いで緩めました。



平泳ぎ中。
180129-9.jpg








スポンサーサイト

category: 日々のこと

△top

冬の京都 

 

出稼ぎ仕事の合間に若干の時間があったので、
今回もまたプチ京都観光をしてきた。


冬といっても京都は混んでいるだろうから、
何をしようか悩んだ末、非公開文化財特別公開をしているお寺に行くことにした。


向かったのは禅寺の妙心寺。


妙心寺って、妙心寺グループ的に
衛星寺が本堂を囲んでいて、グループ内のメンバー移動は、

180126-5.jpg
自転車。広いからねー。


特別公開されていたのは山門
180126-1.jpg

と、東海庵
180126-9.jpg

特別公開の門やら庭やら庵やらは、
案内のおじさまやおばさまが丁寧に説明してくださり、
いろいろいわれを聞きながら見学できておもしろい。



一番印象に残ったのは、
衛星寺のひとつ退蔵院の庭園(常時公開)、
にあった水琴窟。
180126-2.jpg


地中にかめが埋め込まれており、
180126-3.jpg
柄杓で水をすくって落とすと、
この石の下の方で木琴と鉄琴の中間のような音がする。

視覚では、すぐ下にある石に水が当たっているのに、
かめの底にあたるまで若干の時差があるため、
とても不思議な音になって響く。



この妙心寺の近くに仁和寺がある。
仁和寺といえば、吉田兼好先生がネタにした
仁和寺の和尚さんがいたところだ!

と思って、ちょっと足を伸ばすことにした。
うんと寂れた小さなお寺を想像していたら、


「ああっ!?」の方々
180126-7.jpg


「んんっ!?」の方々
180126-6.jpg

こんな方々に守られたとても立派なお寺だった。



180126-8.jpg

ああ、しかし・・・いや、いいんだけど、
いくら梅の花一輪咲いていない冬とはいえ、人いなさすぎ。


以前、伏見稲荷に行ったとき、
「○○サイトで人気1位に選ばれました!」と
まるでどこかの通販サイトのような垂れ幕がかかっていたが、

なんというか、寺社仏閣間の人気格差がとても広がっている。







category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top

最終日は見事な大雪 

 

怒濤の出稼ぎ仕事8日間が昨日、ようやく終わった。
締め日は、関東地方にとって4年ぶりの見事な大雪。


昨日は自宅から仕事に向かったのだが、
朝からテレビで、とっとと帰ること! 
とありがたいメッセージが連呼されていた。
が、この日は夕方、大相撲(初めて!)からの六本木でイベントだった。
(字面はめっちゃオシャレだけど、実態は全然違う)



16時前に国技館に到着。
180123-6.jpg
初めての両国国技館は、大雪中。


お相撲さんがぐるぐる回っている!!
180123-7.jpg


後から知ったことだが、この時間、
渋谷を含め都内の主要駅は、
「帰宅命令」の出たサラリーマンで溢れ、
入場規制の大混雑&大混乱になっていたらしい。



時間の都合で残り4取組みを残して、
すでに大方の人が都内脱出に成功した後の
ガラガラの地下鉄で六本木へ。



ちゃんと今日中に家に帰れるのか・・・
不安が募る中、



180123-5.jpg
20時すぎに六本木でのイベント終了。


大急ぎで地下鉄に乗ったのだが・・・



来た電車はガラガラで、ラクラク座り、
「減速運転中です」の車内アナウンスはあるものの、
徐行運転になることもなく、21時すぎにはあっさりと自宅最寄り駅に到着した。


30分前に帰宅していた夫によると、
渋谷駅で入場規制がまだあったものの、
乗ってみればスキスキだったそう。


どうやら皆さんが16時〜18時ぐらいの間に
気合いを入れて帰宅してくれたおかげで、
20時台には人影まばらになっていたらしい。



我が家のリビングは、
180123-2.jpg

ああああああ!!!


雪+ライトアップ〜〜〜〜〜


きれいな雪景色のおかげで出稼ぎの疲れが吹っ飛びました。



180123-1.jpg

公園はもうすっかりスキー場状態。

深夜の1時前にもう1度、外を見ようと、
ベランダに出てみたところ、
すぐ前の坂道で乗用車がスリップして立ち往生していた。

車輪は空回りし、車道と歩道をわけるポールにぶつかって、
ボディをぐりぐりこすっている。
大急ぎで夫を誘って救援に向かおうとしたのだが、
防寒着を着込んでいる間に、


坂道をずるずる滑って後ろ向きのまま下まで降りて行ってしまった!!!! Oh......


翌日(今朝)
180123-4.jpg
紅葉したまま散っていないもみじがあることに
初めて気がついた。



180123-3.jpg
雪が降ってもこたつがないので
いつものようにソファーで丸くなる3にゃん。






category: 日々のこと

tb: 0   cm: 0

△top

1月のベランダ 

 

1月のベランダは落ち着いている。

180109-4.jpg

今年はオルレアを植えるのを忘れてしまったためリビング前には花がなく、
(ここにオルレアを11月に植えると1月から咲いてくれる)
なんというか、手のかからない子たちが、
日だまりでのんびりしている感じ。


毎年12月頃から絶好調を迎えるゼラニウム
180109-6.jpg

盆栽のようだった古木の部分を短く剪定した鉢と、
剪定せず放置した鉢の差がありすぎて、
やっちまいましたね感がすごい。



東側ベランダのモッコウバラ
180109-3.jpg

年末のベランダ大掃除のときに、
勢いに乗ってざくざく剪定。

の途中で、「モッコウバラの剪定」について
「念のため」ネットで調べてみたところ。


モッコウバラは冬に剪定してはいけない・・・!


なんかもういろいろいろいろ中途半端で情けなくなるなー。
冬に剪定してはいけないバラがあったり、
葉を強制的に全部落とすバラがあったり、
小枝は2節ぐらい残して剪定するバラがあったり、etc.


どれもがすべてごちゃごちゃになっている。
十把一絡げじゃダメってことか。


ざくざく切られる枝に窓の向こう側で夢中のトマ猫
180109-1.jpg



なんだかすっかり脱力したので、トマくんと枝で遊んでみる。
180109-2.jpg

トマくんはどうにもこうにも、この長いしなやかな枝が好きで、
これだけ楽しんでくれれば、枝も切られ甲斐があったというもの。



部屋の中には、
180109-7.jpg

3年前の冬に外に放置したら枯れかかった
シャコバサボテンがあるのだが、



180109-8.jpg

花は摘み取ること、をミッションとするナツ猫が、
まったく興味を示さない。


以前、ユリにも興味を示さなかったので、
そのまま飾っていたら、ユリには毒があるから危険、
とDママさんに教えてもらい、慌てて片付けたことがあった。

シャコバサボテンにも毒があるのかも、と調べたが、
とくにないらしい。


面倒くさがらずに、いろいろいろいろちゃんと調べよう。












category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top

明けました。 

 

明けましておめでとうございました。

180105-1.jpg

今年の初日の出は、この場所に来始めて4回目の中で、
もっとも美しいものでした。


太陽が登る方角には東京湾があり、
海からの水蒸気でいつも雲ができやすいのですが、
今年はギャラリーから、「すごい・・・!」というため息がもれるほど。


反対側にある富士山も、
180105-2.jpg

はあああ、きれい。
1月1日が冬でよかった。



2日に読んでいた本の中に、

「記憶力の上に創造力は花開く」

みたいなことが書いてあって、まったくそのとおりだなと思った。
「記憶力」といっても、「記憶する能力」のことではなく、
勉強してきたこと、経験してきたことの量や質がもつ力のこと。
それらがあってこそ、創造する力が発揮される、
ということらしい。


年を取ると、「記憶する能力」が否応なく衰えるけれど、
「経験する力」まで衰えさせてはいかんなー、
と、すっかり引きこもっている今日この頃を反省したわけです。



フットワークを軽く。


180105-3.jpg

今年もどうぞよろしくお願いいたします!






category: 日々のこと

tb: 0   cm: 6

△top