FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

目測の誤り 

 

1週間前のお盆のころが涼しかった分、
昨日・今日の暑さがこたえる今日この頃。

相変わらずお暑うございます。


こんな暑さの中、うちのベランダでも
ひっそりとバラが咲いている。


グリーンアイス
180827-1.jpg

180827-2.jpg

同じ株なのに、ずいぶんと違う色が咲く。
おもしろいバラだな〜。

葉っぱができるだけきれいなところを写したが、
写っていない部分は黄茶色に枯れたり、
虫に食われたりして、うちのグリーンアイスは年中ヨレヨレだ。


にもかかわらず、蕾がどんどんでき、
180827-3.jpg
ただでさえヨレヨレなのに、この暑さの中、
こんなに咲かせたらもっとヨボヨボになりそうなので、
摘み取っている。



180827-4.jpg

日が高い夏の間、フェンスから2列目には
ほとんど日差しがささないので、大変遅ればせながら、
席替えをした。


席替え前
180809-2.jpg

2列目がないと、花台の足やら、その向こうのコンクリート壁やらが
むき出しになってしまう。

庭もそうかもしれないが、ベランダでのガーデニングは
見た目と日差し獲得の両立が、永遠のテーマかもしれない。



夏の間、ベランダに出しているウンベラータは、
180827-5.jpg

ああ!!! あっという間に
窓の高さを超えてしまった・・・・!


ちょっと待って! 天井に届きそうだったから
剪定したのに、今年すでにこの高さでは、
また来年か再来年には、

180417-3.jpg
この姿にしなくてはならないのか!?

すごく短く切ったつもりだったのに、
全然足りなかったらしい。



また、ちびウンベラータが増えちゃう。
180827-6.jpg



180827-7.jpg

いろいろいろいろ目測が甘すぎる。





スポンサーサイト



category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top

ちゃちゃの副鼻腔炎 

 

ちゃちゃ猫の副鼻腔炎がまたひどくなってきた。


180823-6.jpg

どうやら興奮すると鼻の音がひどくなる。
たとえば、

メシの時間だー!  ブッ!
うんち出るのー! ゴッ!
あ、帰って来た! ガガッ!


という勢い。
のんびり座っていたり、寝ているときは、
かすかに音がするかな程度なのに、
いったん始まると20〜30分は、息を吸うたびに

ガッ! ブブッ ゴゴッ! 

と、辛そうな音をさせている。


ので、先週、いつもの病院に連れて行った。
先生もさすがに、うちのことを覚えてくれて、


「今度はどの子?」とか言う。



前回、副鼻腔炎でちゃちゃを病院に連れて行ったときは、
抗生物質とステロイド剤を注射したが、
今回は、「吸入」という治療法を試みてくださった。

抗生物質やステロイドを霧化して吸わせる、というもの。


これが効きました。

想像するに、ちゃちゃは鼻水がでるタイプの副鼻腔炎ではないので、
霧状になった薬剤を吸い込むことで、炎症を起こしている粘膜に
薬が直接、届いたのではないか。



が、問題は、病院に連れて行くためにキャリーに入れ、
病院で治療されると、最高潮に興奮すること。


キャリーに入れようと捕まえた瞬間、
いったい、小さな鼻の奥で何がおこるのかわからないが、
ガガ、ゴゴっ!! とすごい音が始まる。


この興奮で炎症がひどくなり、薬の効果がなくなるのではないかと不安になるほど。



だから、買いました。
180823-1.jpg

ネブライザー、という。いろいろなタイプが市販されているが、
病院で使われていたものと同じものを買った。

本来は動物用ではなく、ゼンソクの人などの治療に使う。


青い透明のドームの下に薬液を入れ、
超音波で霧化し、その霧を集めてホースの先から出し、
患者はその霧を吸う。


薬液は病院で購入。
180823-2.jpg



最初は寝ている時にこっそりやろうかと思ったのだが、
あっという間に気がついて逃げてしまったので、
今は洗濯ネットに入れて、だっこしてやっている。


ちゃちゃの鼻は、洗濯ネットに入れられることで、
ブガッ!が始まるものの、霧を吸ううちに少しずつ収まって行く。


180823-5.jpg


猫の副鼻腔炎は治りにくい病気だとのことなので、
今後も気長に治療していくしかないらしい。






category: ちゃちゃ猫

tb: 0   cm: 4

△top

夏休み終わる 

 

夏休みが終わってしまった・・・




いや、私の夏休みは実質、1日だった。

ママ友・持ち寄り昼から飲み会
180820-7.jpg
あー、オシャレな人は料理もうまい。

夏休み唯一のイベントはそれはそれは美味しく楽しく。



からの〜大そうじ大会!!!!

うちは隣に公園があるため、土ぼこりがひどい。
窓やサッシやベランダがたちまち土っぽくなる。


窓ふき
サッシ周り
ベランダのブラシ掛け

ここまでで2日


換気扇そうじ
床ふき
その他もろもろ

ここまでで2日


夏も終わるよねー


そうじ前
180820-1.jpg

そうじ後
180820-2.jpg

気のせいかな?程度にはガラス面がクリアになって見えるはず。



仕事で交流のある職人さんはこの夏休み、スタッフ6名を引き連れ、
豪雨の被災地に9日間のボランティアに向かった。

無事に帰っていらしただろうか。



私は自分ちの土を払うだけで疲れ果てました。

180820-5.jpg



軽く熱中症になるぐらいがんばったのに、
たった1日で網戸はこの状態。
180820-3.jpg




180820-6.jpg


この続きは年末の大掃除で・・・ to be continued








category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top

台風の翌日 

 

台風の影響が残り、雲に覆われた朝。


180809-8.jpg


1階で空の見えない我が家は暗い。
しかも家具が輪をかけて暗い。



180809-1.jpg

ベランダの濃い緑が落ち着いた雰囲気で好きなのだが、
やっぱりもう少しだけ白い花がほしい。

ガーデンテーブルの上には、
−ユーフォルビアダイアモンドフロスト
−カラミンサ
−キダチベゴニア

の3種類の鉢が置いてあって、
どれも白い花が咲くのだが、あまりにもささやかすぎて、
ベランダの暗さに埋もれてしまっている。



東側は、
180809-4.jpg

モッコウバラがやりたい放題になっている・・・
シュートがひょろひょろと伸びて、あっちこっちにぶつかっているが、
今年は実験的に一切、手を加えずに来シーズンを迎えようと思う。
(どうなるのか見たい)



昨日、一昨日と台風の影響で気温が低く、
久しぶりにエアコンを切って、窓を開けていた。


うちは東側が公園のせいか、
この季節は東から南へ向かってものすごく風が通る。



180809-3.jpg

この2日間だけでこうなったわけではないが、
南側の網戸ときたらこのありさまなの!



発生源は、


ナツさん
180809-6.jpg
最近のお気に入りの場所



トマくん
180809-5.jpg
昨日振りかけたまたたびパウダーの残り香を抱きしめている。



ちゃちゃ
180809-7.jpg
もちろんフワフワの上。



来週は夏休み。
網戸のそうじとベランダのそうじと換気扇のそうじと・・・


ああっ!





category: インテリア

tb: 0   cm: 2

△top

夏は忙しい 

 

夏も盛りを迎える頃になると、
トマ猫が日に日に忙しくなる。



180807-1.jpg
こんな風にテーブルの上で寝そべっているからといって、



180807-2.jpg
お互い、のんびりしているわけではない。
というか、やる気満々だ。



今ぐらいの時期から、セミがベランダに迷い込み始める。



東に弱ったセミがいるといっては、
180807-5.jpg


うおおおおおおおおん、
と雄叫びをあげながら、トマくんは網戸にかぶりつく。



180807-3.jpg
網戸、イラっとするらしい。



ナツ猫はセミには興味がないものの、
トマくんが走り回るのが楽しいらしく、
一緒になって、すごい速度でダッシュ&ストップを繰り返す。

夜中の1時だろうと、朝方4時だろうと、全力だ!


180807-7.jpg
ナツさんは無言で。



最近のトマくんのお気に入り、メロンの箱
180807-4.jpg
膀胱炎が治り切らないトマくんは、
少し前からまた抗生物質を飲み始めた。

でも調子が悪いときは、雄叫びをあげないのはもとより、
ナツさんの遊びの誘いにものらないので、
セミに夢中でジタバタしているのは調子がいいってことなのでしょう。




180807-6.jpg

セミの写真は撮れなかったので、先日いたカマキリを。
なんでカラダが赤いのでしょうか。











category: トマ猫

tb: 0   cm: 2

△top

暑い夏の過ごし方 

 

尋常ではない暑さが続いている。


マンション横の公園ではほぼ24時間態勢でセミが鳴く。
180803-1.jpg




いったい何匹鳴いているのかわからないが、
木の下の茂みには、↓ こんな勢いで抜け殻が放置されている。
180803-9.jpg
(葉の陰に隠れているのも含めこの画像の中に5殻あります)


我が家では、28度設定のエアコンを24時間稼働させているが、
昨日は、室外機から吹き出される排気の方が温度が低い、
というすごいことになっていた。



部屋の中では・・・


ナツ猫はテーブルの上で、
180803-2.jpg

180803-3.jpg

180803-4.jpg



トマ猫は本棚の中で、
180803-5.jpg

180803-6.jpg
トマくんは本棚のここにしか入らない。
なぜなら、ここには布バッグ座布団が置いてあるから!



ちゃちゃ猫はベランダからふわふわベッドに帰って、
180803-7.jpg

180803-8.jpg



寝て過ごす。






category: ナツねこ

tb: 0   cm: 4

△top

台風の日の実家 

 

自分では認めたがらないものの、
明らかにペットロスで体調を崩している実家の父から、
HELPコールが来た。



実家には母も弟も新入り犬のアンもいるのだが、
話を聞いてくれそうな人を呼びたいらしい。


逆走台風が関東から中部を直撃していた28日夜、実家に帰った。


途中、「静岡−掛川間、強風のため運転見合わせ」とかで、
静岡で新幹線が止まってしまい、「ああ、終わった・・・」と💢


実家にLINEでそれを知らせると、
父から電話で、「大丈夫か! 今から車出すか!」

(いやいや、豊橋から静岡に到着するころには動いているって。
っていうか、元気・・・?)


夫にも知らせると、
LINEで、「タクシーで帰れる?」

(いやもう、いくらかかるか・・・)



なんだか、新幹線が止まったことで、
全員の一体感がかつてないほど高まり、
弟からは、「がんばれー、みんな待っているよ!」とLINEが来る。



実際には、新幹線が止まっていたのは30分程度で、
その後は何事もなかったように通常運転となった。

30分遅れで実家に着いたときは、
父も母も弟も妙にテンション高くて、



えーっと、どういう理由で帰って来たんだっけ・・・?



実家に来て、1カ月のアンさん
180801-1.jpg


お互い手探り状態で1カ月がたった。

トイレの失敗もほとんどなくなり、
お散歩もちょっと上手になった。

「おすわり」と「待て」ができるようになった。

その間、アンはてんかんの発作を起こしたりして、
父も母も弟も心臓止まりそうになったり。



うちに来て初めてのシャンプー&トリミング後
180801-2.jpg

最初から誰にでもしっぽを振る愛想のいい子だったが、
いまや立派な甘ったれになっている。

ひざの上が大好きで、
乗っかれないときは横にぴったりくっついている。


180801-3.jpg


父はといえば、
食事は徐々にのどを通るようになってはいるのだが、
アンに対しては、あえて関心をもちすぎないように?
しているように見える。

もうあんな悲しい思いはしたくない、
という防衛本能なんだと思う。



ディスくんが亡くなって2カ月、
アンちゃんが来て1カ月、
まだまだ時間が必要でしょう。






category: 実家

tb: 0   cm: 0

△top