FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

週末は展覧会 

 

先週末には、友人に誘われて
現在、世田谷文学館で開催中のヒグチユウコ展「CIRCUS」に行った。


190226-1.jpg

開始からすでに1カ月以上経っているのだが、
グッズ販売の活況たるや!


190226-4.jpg

初日の1月19日には、開場が10時にもかかわらず、
9時45分に到着した人は展覧会を見ることはできたものの、
グッズ会場に入るための「整理券」をもらえなかったとか・・・

立派なヲタな友人(初日にも来た)によると、
彼女は9時30分に到着したのでかろうじて、
16時半だか17時だかの整理券を手にできたが、
その後に続こうとした「北海道から来た」とかいう人は、
断られて泣きそうになっていたらしい。

そりゃ、泣くよね。


そして2月23日でもまだ上の状況。


なんでも、現在日本で1、2を争う人気のイラストレーターらしい。
(知りませんでした!)


190226-3.jpg
人気キャラの1つ、ギュスタヴ君1〜10号。
顔がネコ、手がヘビ、足がタコ(でも数は6本)なんだって。



190226-2.jpg
ワニ


ざっくり言うと、
一体、どこからどうやったらそんな発想が?という絵柄と、
それはそれは細かい描写、が特徴。
(相当ざっくりですが)

どうやら中毒性があるらしく、熱狂的なファンが多い。


私も「グッズ」に全く興味がないにもかかわらず、
ついバンダナとか買っちゃった。

クッションカバーにする予定。


「新・北斎展」と「奇想の系譜展」も行きたいのだけど、
行けるかな・・・



翌24日は、月イチの実家へ。


ただただ甘ったれるアンさん
190226-5.jpg



帰るたびに服やら髪飾りやら増えている。
190226-6.jpg





スポンサーサイト

category: 日々のこと

tb: 0   cm: 2

△top

三寒四温始まってる 

 

まだ2月だというのに、
三寒四温、始まっているんじゃないか?

南側のベランダはとても暖かく、
植物がぐいぐい言い始めた気がする。


190222-1.jpg
17年秋にバッサリと剪定したゼラニウムは、
この春、絶好調間違いなし。


190222-3.jpg
4年目のクリスマスローズは全然大きくなっていないが、
今年も3本ほどの花芽を出した。


190222-2.jpg
3年目の昨年、ようやく咲いたこっちのクリスマスローズ。
どうしてこれを選んだのか全く思い出せないけど、
上のやつとそっくりなのはなんなのかしら。


今一番の懸念は、
リビング側東ベランダにある白モッコウバラ。
190222-5.jpg
剪定しないとどうなるのか見たくて、
昨年は一切剪定しなかった。


そのため伸び放題!
190222-6.jpg
ヒョロヒョロの枝がデタラメに伸びている。


植えつけてから3度目の春を迎えるが、
これまで2回の春は一粒の花も咲かなかった。

今年はどうでしょう?
このヒョロヒョロっぷりを見る限り、
今年もあまり期待してはいけない気がする。

今年はちゃんとセオリーどおりに剪定して、
もっとふっくらした姿にしたい。


ナツさん
190222-8.jpg
ネコたちは、日向で身繕いに余念がない。


トマくん
190222-9.jpg


ちゃちゃ
190222-7.jpg
時々、息に強めの鼻息のようなズーーーーーっという音が混じる。

そろそろ3クール目の漢方薬が終わるが、
もう1クール、薬を与えるべきか迷うところ。


桜が咲くまで、あと1カ月!





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 2

△top

人生、3度目の・・・ 

 

ちゃちゃが、何の前触れもなく
突然、全快した2月4日の月曜日。


私は、人生3度目のインフルエンザを発症した。

190201-4.jpg
(私の心象風景)



はああ、もう3度目ともなると、

「インフルエンザ、来ちゃった」 
と、まだ0.1度も熱が上がらないうちにわかる。


午前中は何ともなかったのに、
午後になって腰のあたりから悪寒が走る。


悪寒が走る、とはよく言ったもので、
本当に腰のあたりから背中を悪寒が駆け上がる。


「あれ? いつハードな運動したっけ?」という感じで、
筋肉痛があちこちで始まる。


前回2回のあのツラさがまざまざと思い出され、
この時点で病院に行って検査してもらったものの、
早すぎる時点での検査では
インフルエンザのウイルスは検出されないんですって!

鼻の奥に綿棒突っ込まれただけで、
解熱剤を処方してもらって帰った。



そして翌日火曜日。
熱は38度に上昇し、起き上がれなくなっている。



初めてインフルエンザにかかったのは、
30代の後半だった。

インフルエンザだとは知らず、
風邪は寝て治すつもりの私は、
熱が41度に達した発症から3日目に
すでに足腰立たないので文字どおり引きずられて病院に行ったが、
もはやインフルエンザの薬は効かず、
解熱剤はもらったものの、まさに「寝て治す」以外なかった。

体温が41度になることが
こんなに身体にダメージを与えるとは知らなかったよね。

結局、元の体調を取り戻すのに1カ月ぐらいかかった。


2度目は40代後半のとき。
この時は復活するのに2週間ほどかかった。


そして今回3度目。
もはやベテランの域に達している。

ワクチンに関しては賛否両論あるようで、
だったら今後も打たなくていいかな。


その代わり、私なりの最もダメージの少ない対処法を見出した。

①まず、悪寒が走って運動していないのに筋肉痛になったら、
病院に行って解熱剤をもらう。
市販の解熱剤でもいいかもしれない。

②2日目に熱が上がって来たら、解熱剤を飲み、
効いてきたら、再び病院に行って検査・確定のうえ、
タミフルなどのインフルエンザ薬を処方してもらう

③タミフルを飲んで、静かに寝る。


このやり方だと、8日間で復活できる。
1回目と2回目の惨敗ぶりを思えば、相当な進化でしょう!



こちらは、私のベッド
190214-5.jpg
首の周りにちゃちゃ、お腹の横にトマくん、足元にナツさん。
隙間に私。


これはあれか?
弱った仲間に寄り添う動物の癒しの本能か?

それとも、熱があるので、
「あれ!今日は床暖の温度がいつもより高くて嬉しい!」か?



床暖効果だな。



窮屈でゆっくり休めないから、
本当はニャンズは閉め出すべきなんだろうけど、
したくない(夫は閉め出した)。



一緒にいてくれてありがとう。
190214-3.jpg

190214-4.jpg

190214-2.jpg
そういえば、ちゃちゃがこんな風に仰向けになっているの、
久しぶりかもしれない。







category: 日々のこと

tb: 0   cm: 6

△top

ちゃちゃの副鼻腔炎 最終章 

 

先週、全くもって唐突に、



ちゃちゃの副鼻腔炎が全快した!!!!!




もう上は向かない。
190211-1.jpg



昨年の12月30日から始めた漢方薬治療。
「まず2週間」と言われたものの、
その2週間が過ぎても、一切変化はなかった。

そして2度目の「2週間」が始まって10日目。


月1の実家通いのため、
1日分の薬の投与ができなかった。



実家から帰ってみると、ちゃちゃの症状が一変していた。


190201-1.jpg

ここ1年以上、鼻水は出ないものの、
ブガッ! ブゴーーーとなっていた鼻が、



ビャギャ!ギャ!ギャ!ギャ!ギャ!


と、しゃっくりと咳とくしゃみを一度に、
しかも連続でしたみたいな、
それはそれは恐ろしい音をさせながら、
全身をガクガクさせている。


病院に行っても、抗生物質の注射以外の
治療法がないことはわかっていたが、
とにかく即効性のある何かをしないと
大変なことになるだろうことは想像できた。


病院で抗生物質とステロイドの注射をしてもらい、
漢方薬を再開。


ちゃちゃは、丸2日間、
1粒のカリカリを口にすることもできず、
ウトウトはするもののすぐに発作が起きて満足に眠ることもできず、
ベッドから1歩も動くことができずにすごした。


これが1月27日(日)のこと。



それから1週間かけて、
悪化する前程度の状態にもどったが、
以前と異なり、鼻水が出るし、
鼻の音も、ギャ!とかビャ!とかいう音に変わったままだった。


そして、2月4日(月)の朝。
いつものように8時過ぎに2度寝から起きてみると、


全快



していた・・・
190211-3.jpg


7時ぐらいまでは確かに
グジュグジュいっていたのに。


ズーとも、スンともいわず、
まるで別人というか、別猫。


数値で表すとこんな感じ。

12月30日:100 治療開始



1月17日:100 2クール目開始


1月26日:200 超絶悪化

2月3日:100 なんとかスタートに戻る
2月4日: 寛解



漢方薬はジワジワ効いて、気がついたら、
あら?良くなっているよね?的なことを
イメージしていたのだが、


極端から極端へのまさかの大ドンデン返し。



とはいえ、ここでいきなり薬をやめて、
またぶり返したら元の木阿弥なので、


190211-5.jpg

最後の1クールになることを願いつつ、
もう2週間分を購入。



190211-2.jpg

不味いよねー。
でもきっとあと少し。頑張ろうね!!







category: ちゃちゃ猫

tb: 0   cm: 4

△top