FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

カシワバアジサイを諦める 

 

渋谷の公園通りには、
大型のコンクリートポットに季節ごとに
花が植えられている。


先週のこと、

190729-1.jpg

!!!!!!!!?

今が一番の盛り、と愛でていたベゴニアやマリーゴールド、
ゼラニウムが、引っこ抜かれているじゃないかーーーーーー!


ああああああ、プロは非情だ。

あとはもう、間延びしていくだけ、
というその直前に、一番美しいその瞬間に
終わりを決断する・・・


夕方には、
190729-2.jpg

発展途上の若い苗が綺麗に植えられていた。



私には無理・・・
もうちょっとでも緑が残っていたりすると、
ただただひきずられる。

もうグズグズのカサカサに枯れるまで、処分できない。



が!

庭で最も立派に育ったノリウツギの
冬枯れの姿が美しくない、
という理由で引き抜いたM嬢の美意識に触発され、
ここのところずっと迷い続けていたカシワバアジサイに別れを告げた。


このカシワバアジサイは開花株を購入したので、
その年こそ綺麗に咲いていたが、
その後、2シーズン、背ばかり高くなって蕾をつける様子が全くない。

しかも蒸れるのか、下の方の葉っぱにカビが広がり、
それが隣接する植物に感染する。

潮時だ。



というわけで、
カシワバアジサイを引っこ抜き、
空いた鉢に植えるため

190729-3.jpg

ノリウツギの開花株、買っちまった。


ノリウツギはすでに2株あるが、
今年はどちらも咲かなかったしね。

どうしてもこの緑がかった乳白色の小花の集まりが
欲しかったしね。

まあ来年は、咲かないノリウツギが3株になるかもしれないけどね。


右隣の銅葉の木立ベゴニアは、
190729-4.jpg

こんな花!

白いヒラヒラしたフリルの中に
薄緑の芯がある。

はああ、きれい。



190729-5.jpg

もったいないとか、可哀想とか、
ゴミを増やしたくない、

などの理由で私はモノを捨てられない。


190729-6.jpg

だから、もうこれ以上使えない、
というボロボロになるまで使うタイプです。
貧乏性ともいう。



190729-7.jpg

潔く冬毛を抜き続けていたニャンズは
ようやく捨てる冬毛がなくなったらしく、
フワンフワンの毛の塊の生産が終了となった。









スポンサーサイト



category: ガーデニング

tb: 0   cm: 8

△top

ルリマツリ咲く 

 

今年3月にギッチギチに根っこが詰まった植木鉢から
引き抜いて植え替えたルリマツリがようやく咲いた。


190716-1.jpg


190716-7.jpg


去年までは今植わっているのと同じぐらいの鉢に
3株植わっていたんだから、辛かったよね。


残りの2株は、
190716-2.jpg

大小の大きさの違うクリーム色の鉢に1株ずつ植えた。


が、まだようやく小さな蕾がついたばかり。

すでに花が咲いた鉢は、4月5月6月の頃、
クリーム色の鉢の後ろの塀の上にあり、
たっぷりと日光を浴びていた。

このたった1列分の違いが、成長速度にここまで影響する。
小さい方のクリーム色の鉢は両脇から覆いかぶされていて、
さらに成長が悪い。


190716-4.jpg




東側ベランダのヒューケラ
190716-3.jpg

東側ベランダには、10株近いヒューケラを植えたが、
生き残ったのはこの株のみ。

でもこの場所(東側ベランダの塀の上)がとても気に入ったらしく、
葉も花もモリモリになった。

このヒューケラの後ろ側にティアレラが植わっているが、
完全にヒューケラに押されているので、
この冬には鉢を分けてあげないと。




日曜日に、マシュー・ボーンの『Swan Lake』を観た。
190716-6.jpg


古典バレエの『白鳥の湖』の白鳥が、
全員、腹筋が割れた男性なの!!
だから少々BL寄り。

主役の白鳥の男性は、ジークフリート王子役の人より大柄で、
男性だから跳躍力も滞空時間も長いから、
バッサバッサと大きな羽(腕)を動かして、
もうね、本当に飛びそう。

湖畔での白鳥たちの群舞も、
時折、(テニスのサーブの時に出るような)ハゥッ!という息が漏れたり、
汗が飛び散ったり、迫力満点だった。


190716-5.jpg

もう1回観たい。











category: ガーデニング

tb: 0   cm: 6

△top