FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

10月が終わる 

 

10月が終わる。


冬枯れする植物は、伸びきった最後の段階で、
たそがれ感が滲み始めた。

191028-1.jpg
木立ベゴニアは最後の一房が咲いている。



191028-4.jpg
ユーフォルビア・ダイアモンドスターは
いつものようにダラダラ伸びて、完全に形が壊れている状態。


191028-5.jpg
ユーフォルビア・ダイアモンドフロストも
いつものようにダラダラ(以下同上)


191028-3.jpg
手入れが悪すぎてヒョロヒョロ、
虫食いだらけのグリーンアイス。

強いなー、ちゃんと秋にも咲いてくれている。



191028-2.jpg
今春、バラ園で購入したミニバラ、勝手に命名「プチ・ピエール」。

同じ時に購入した友人のところのものに比べ、
あまりにも成長が悪く、何事かと思って調べたら、
最初にポットに刺さっていた4株を
きちんと別々のポットに植えなかったことが敗因らしい。

10センチにも満たない挿し木したばかりの枝だったので、
根をほぐすのが怖くて4株というか4本をそのまま大きな鉢に植え替えたんだけど、
バラは近植されるのが嫌いらしい。

この冬にちゃんと分けるから来年は大きくなりますように。



そういうわけで、うちのベランダは現在、
長い期間咲き続ける地味な花と、
虫に食われて葉が全滅してもちゃんと咲いてくれる強健なミニバラが
今年最後の彩りを見せている。



家の中では、寒がりの猫たちが、
日向に落ちている季節になっている。


毛がボーボーしてきたちゃちゃ。
191028-6.jpg


トマくん
191028-7.jpg



ナツさん
191028-8.jpg

私の膝の争奪戦も始まっている。









スポンサーサイト



category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top

台風!!! 

 

大型台風の接近に伴い、
関東圏が厳戒態勢に入っている。


9月の初めの台風では、

191011-2.jpg

隣の公園の木が折れた。



うちでも台風に備えて、
植物をベランダの内側に取り込んだ。

191011-3.jpg



ウンベラータも確実に倒れるので、
191011-1.jpg
室内に取り込む。



うん、今年も安定の巨大化。

もはや私一人の力では窓から出入りさせることができず、
夫と二人がかりだ。


土曜日はいろいろな予定を入れていたのだが、
すべてキャンセルした。


予定を取りやめた一つがプール。

先週、プールで泳いだ後、
患部が痛くなったのだが、
この1週間で、なんだか患部の一部が膨らんだ。

191011-4.jpg

別に痛くないし、熱を持っているわけでもない。
触ってみると、ぷよぷよする・・・



これはたぶん・・・



中で剥がれた・・・!



そして剥がれた隙間に
俗に言う水が溜まっている状態ではないかと。

プールの中だと陸上よりも手が伸びたので、
ついつい伸ばしすぎたらしい。


191011-6.jpg

痛くないし、まあ少々の水なら、
そのまま吸収されるらしいので、たいしたことじゃないはず。



191011-5.jpg

プールに行きたい気持ちと戦いつつ、
不用不急の外出は控えます。



無事に台風が過ぎ去りますように。







category: 日々のこと

tb: 0   cm: 4

△top

年齢と間合い 

 

プールのゴーサインが出たので
先週末に早速泳いできた。


驚いたことに、水の中だと
たっぷりの水を吸って皮膚が潤う(というかふやける)せいか、
患部の引きつれ感が少ない。

陸上ではまだ十分に上に挙がりきらない腕も
水の中だと比較的のびのびと伸ばせる。

191002-6.jpg


とはいえ、1カ月ぶりだし、
泳ぐのは500メートル程度に自重した。



つもりだったのに、それ以降、ちょっと患部が痛い。


それまでまだなんとなく痺れているような状態だったのが、
泳いだことで一気に覚醒したのか、
正気に戻って現実を知ってしまった感じ。


年齢を忘れちゃいけないってことかもしれない。

191002-5.jpg
(シッポでペチペチする絶妙な間合い)



退院の報告を兼ね、お茶した友人の一人が、
足の小指を骨折していた。

床に置いてあった重たい荷物に引っ掛けて、
小指があらぬ方向を向いてしまったらしい。



ああああ、痛タタタタ!!!


そんな話から、
「間合いがおかしい自慢」大会になった。



私は、
「メガネをかれこれ40年以上かけているのに、
メガネと目の間の幅を見誤って近づきすぎ、
メガネがガツンとものにぶつかる」

で、エントリーした。


いろいろな間合い見誤りエピソードが登場したが、


優勝は、
「ドアを通り抜けるとき、
後ろ足の存在を忘れて、ドアを閉めた」友人。



あああああ、痛タタタタ!!!



そんなことある!? 文句なしの優勝だよ!!!

191002-3.jpg
(距離なし2ニャン。二段重寝もお構いなし)



そして今朝、
ベビーカーを追い越したら、
双子ちゃん用の前後2列のベビーカーで、
ちらっと見ながら心の中で
「あら、かわいい!」と思ったはずが、

191002-4.jpg



「あら、カワイイ❤️」と、リアルに耳から聞こえる!!!


ええええええっ! 心の声ダダ漏れ???
声の制御までできなくなった!? 


と、一瞬わけがわからなくなったが、
実際は、近くにいたおばさまが、
私とほぼ同じタイミングで同じ言葉を発したところだった・・・

191002-2.jpg


声のコントロールができなくなって、
心の声ダダ漏れとか、間合いどころじゃない。


そんななったら「近づくな危険」レベルだ。

191002-1.jpg
(それぞれ平和な距離感で日向ぼっこする3ニャン)





category: 未分類

△top