FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

ちゃちゃの副鼻腔炎 あれから1年 

 

ちゃちゃの副鼻腔炎治療のため、
漢方を始めたのが2018年の12月30日。

あれから1年ちょっとがたった。


途中、超絶悪化したり、いきなり治ったりしたが、
昨年2月中旬に書いた「ちゃちゃの副鼻腔炎 最終章」以来、
そういえば、話題にしていない。


結論から言えば、
200129-1.jpg


治った!


昨年2月に治ったかといったんは思ったものの、
そう簡単にはいかなくて、
結局、7月初めまで半年に渡って漢方薬を与え続けた。


少しずつ良くなっていたが、投薬をやめたら、
またぶり返しそうで怖くてやめられなかった。


200129-2.jpg


が、7月の初めにおっとりにぶ目のちゃちゃが壊れた。
漢方薬を与えるといったんはごっくんするものの、
直後に全部吐き戻してしまうようになった。

本人は私にあっさり捕まって、あっさり薬を飲まされてしまうのだが、
体がもう漢方薬を受け付けない感じ。


そっか。もう限界なんだな。


200129-5.jpg
7月初旬の夏毛のちゃちゃ


鼻はまだぐずぐずいっていたが、この時、投薬はやめた。


以来半年、鼻のぐずぐずは少しずつおさまっていき、
若干ブガ、ブブと鼻の奥で鳴ってはいるが、
1年前、ひどい蓄膿症のネコだった面影は今は全くない。



こんな風には寝られないようだが、
200129-4.jpg
耳呼吸中のナツさん

200129-3.jpg
耳呼吸中のトマくん




200129-7.jpg

1年前のことがもう思い出せないほど、
普通に生活している。


治療してよかった。






スポンサーサイト



category: ちゃちゃ猫

tb: 0   cm: 2

△top

植替え、いろいろ 

 

この年末年始は、植替えに精を出した。


ミニバラのプチピエール(勝手に命名)
200116-1.jpg

4株同居で鬱屈した1年を過ごし、
たいした成長ができなかったがようやく1株1株の個室に。

葉を全部むしったのに暖かいせいか、
新芽がぐんぐん伸びている。
今年は大きくなるかな〜〜



ユーフォルビア ダイアモンドスター&フロスト
200116-2.jpg

根っこがぎゅうぎゅうだったので、ちょっと大きな鉢に。
小さな苗を購入して3回目の冬だが、
茎の一番太いところが直径3センチほどにも太くなっている。



ティアレラ
200116-3.jpg

ヒューケラと寄せ植えしていたら、
ヒューケラの勢いにやられ、こんなかわいそうな姿に!
常緑タイプのはずなのに、こっから復活できるのか!?



ヒューケラ
200116-4.jpg

ティアレラを凌駕し成長したヒューケラ。
小さな葉がたくさん出ているがここからどうしていいのかわからないので、
今年はこのまま様子を見る。




200116-9.jpg

まだまだ何鉢も植え替えたい鉢があるものの、
すでに残土が山なしている。
この残土をひとまずなんとかしないとベランダでは身動きできない。



200116-8.jpg

残土は一般ゴミ扱いらしいが、土を焼くの?
使っては捨て、使っては捨て、使っては捨て、とか
性格的に絶対に無理なので、リサイクルするのだが、

乾かして、
根っこや枯葉などゴミを拾って、
ふるいにかけて、
黒い袋に詰めて、
ひと夏、日射消毒。

長いわーーーー



200116-6.jpg

以前、生ゴミの堆肥化で虫の大発生事件を起こしたことがあり、
ベランダでの堆肥化には腰が引けているものの、
でもやっぱり枯葉(隣の公園で大発生している)や生ゴミの堆肥化もやってみたい。

今年はベランダで、虫が湧かない確かな方法を探してみよう。





category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top

明けましておめでとうございます 

 

明けましておめでとうございます。

200106-1.jpg


掃除三昧の年末と無為に過ごした年始の後、
本日、仕事始め。

午前中にいつものMy初詣寺社仏閣の
赤坂・豊川稲荷に夫と行って来た。


200106-6.jpg

Oh...


毎年初詣は1月の第一日曜日か第二日曜日に行くのだが、
今年は諸々の都合で世間の多くが仕事始めだと思われる
今日、行ったところ、



大・行・列!



いや、有名人気おしゃれ寺社仏閣の場合、
この程度は大行列じゃないのだろうが、
もう20年以上通っている豊川稲荷では初めて見るほどの人出。


豊川稲荷は商売繁盛を売りにしているので、
仕事始めの日はあちこちの会社から
5人、10人と集団でお参りに来るらしい。

知らんかったわー。


軟弱な私たちは、あまりの混雑に恐れをなして、
撤退を余儀なくされた。


なんたって、赤坂・豊川稲荷は狭い境内に、各種神様仏様、
お地蔵様から観音様、七福神に数え切れないほどのお狐さま、
がぎゅうぎゅうにひしめき合っている。

そして多くの人が、本殿をお参りするだけでなく、
境内に居並ぶ各種神様仏様、お地蔵様やら観音様、
七福神に数え切れないほどのお狐さまやらを
自分の好きな順番でお参りしてお賽銭を供える。

通路は人一人とすれ違うのが精一杯という幅で、
一方通行ではないため、こんな大量の参詣客が入ったら、
大渋滞は間違いない。


明日また出直しだ!



新年早々、撤退とはご利益半減しそうだが、
仕切り直しなんて、今さら恐るるに足りず。



200106-3.jpg
毎年のことながら、やっぱり今年も心機一転、



200106-2.jpg
いろいろ願望を胸に秘めつつ、


200106-7.jpg


本年もどうぞよろしくお願いいたします!




category: 日々のこと

tb: 0   cm: 8

△top