FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

夏の1日 

 

昼間は相変わらずセミたちがシャンシャン・ミンミン鳴いているが、
夕方からは虫がリンリン・リャンリャンするようになった。


が、ニャンズの1日はたいして変わらない。


朝ごはんを食べてしばらく休憩後は、ブラッシング。
まずはナツさんから始める。


こちらは順番待ちの皆さん。
200826-3.jpg


ブラッシングが終わると、お昼寝。


エアコンがよく効いているリビングを避け、
寝室の私のベッドの上で、
200826-5.jpg
ゴロゴロと、


200826-7.jpg
うっとりと、


200826-6.jpg
ゴロゴロと、


200826-1.jpg
スヤスヤと、する。


夕ご飯を食べたら、
200826-8.jpg
セミを見て暴れたり、


200826-2.jpg
暴れて暑くなったのでエアコンの下で体を冷やしたり。




なんかもう、これでいっか、という気持ちになる、
夏の1日。



そうそう、てんとう虫?と思っていたこの子たち、
200816-9.jpg
クサギカメムシ、というカメムシの仲間だった。

この赤くて丸っぽいのが1齢幼虫、
ガーゴイルの幼虫みたいなのが2齢幼虫というらしい。

教えてくださったさくらさん、ありがとう!
すっきりしました!





スポンサーサイト



category: ナツねこ

tb: 0   cm: 7

△top

夏だ! 虫だ! ひんやり暑い! 

 

驚くことに8月も後半に入った。


ものすごく暑いが、虫たちはお構いなしだ。


枯れ枝がついていたから取ろうとしたら、
200816-1.jpg

ナナフシだった!

私が発見するときはいつも一番頭に近い方の足を
前方に向かって揃えているので、4本足の昆虫にしか見えず、
毎回、「あんたは昆虫じゃない!」と言い聞かせている。



しょっちゅう見かける
200816-2.jpg

こいつはトックリバチの巣だという。


200816-3.jpg

以前からあちこちで見かけていて、
一体これはなんなんだと思っていた。

ある時、割れた塊の中に緑色の芋虫が4〜5匹入っていて、
「芋虫のゆりかごだったんだ!」と思ったら、
それらはトックリバチの保存食料だったらしい。

親バチがこの中に卵を1個だけ産んで、
産まれた幼虫が食べるように仮死状態で芋虫を入れておくそうだ。

すごいことするな。



カビか虫か、
200816-6.jpg

今年は極めて梅雨らしい梅雨だったせいか、
この黒い点々があちこちに大発生した。

カビだと思っていたけど、
ある日よくよく見ていると、黒い点々が動いている!

もしかしてハダニ!?
今もよくわからないまま、せっせと指でこすり取っている。



8月10日にラベンダーの葉で見つけた
200816-9.jpg

うおおおおおお! 虫が! 生まれて! たわわに! 実っている!!!

すぐさま切り取って滅却しようとしたものの、
ちょっと冷静になって見てみると・・・

これって、てんとう虫?

てんとう虫だったら、益虫だ。
と思い直して、そのままにしてみた。



翌日、
200816-8.jpg

わああああああ! ヒンヤリするーーー
たった1日で、ガーゴイルの幼虫みたいになっとる!

と、すぐさま切り取って滅(以下略)
でも! 見て! ラベンダーの葉っぱ、齧られていない!!



さらに翌日、
200816-7.jpg

全員、無事に旅立ったらしい・・・
てんとう虫だと信じているよ。


暑い中でも、ちょっとヒンヤリした3日間でした。



ちなみに花もちょっとだけ咲いている。
200816-4.jpg

ノリウツギ(ピラミッドアジサイ)も姿はひどいものの、
なんとか咲いた。



東側のベランダでは、
200816-5.jpg

メドーセージが暴れている。






category: ガーデニング

tb: 0   cm: 4

△top