FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

洗面所に生ポトス 

 

キッチンのIHヒーターの横に、
かれこれ1年近く、ほとんど水を替えることなく
生きている水栽培ポトスがある。

160315-5.jpg
ポトスって本当に強い。
ほぼノーメンテナンスでこの状態。


が、ウンベラータの挿し芽用にこのガラスの器が必要になったので、
押し出し式で、ポトスを土に植え替えた。

160315-2.jpg
このまま並べていてもよかったんだけど、



あまりにも殺風景な洗面所に置きたい!
160315-1.jpg

うちの洗面所には、
家族3人(息子が一人暮らしを始めたら夫婦ふたりになる予定)にもかかわらず、
大きな洗面シンクが2つもついている・・・

掃除が大変なだけで、1台で十分なのだけど、
まあついていたから仕方ない。


鏡面の裏側がすべて収納なうえに、
2台のシンクの下、および背側にも十分な収納がある。
160315-4.jpg
いかんせん、スキンケアはニベア1本にしてしまったので、
たいしたコスメ系グッズも持っておらず、
収納部分は余裕たっぷり。勢い細かいもろもろはすべて棚の中。
ちなみに、棚は棚で余裕があることを言い訳に整理整頓とは無縁な状態です。


この洗面所には窓がない。
当然、日光は一筋たりとも差し込まず、
洗面所を使用時にライトをともすのがせいぜい、という暗いところ。

本当はこんなところに生きた植物を置くべきではないんだけど、
ポトスならなんとかなるかなって。


今時は生のものと見分けのつかないほどリアルな
フェイクのグリーンがあるらしいが、そうじゃないのよ。

植物を置きたいんであって、オブジェを飾りたいわけじゃない。

枯れる心配もあるし、時々明るいところに出してやるとか、
あれこれ手間もかかる。

でもだから、歯を磨きながら様子を伺ったり、
折りにふれ世話を焼くのが好きなんだと思う。



こいつらも、
160315-3.jpg
トイレを使うたびに、
洗面所中に猫砂のつぶを飛ばすので、
毎日何度もトイレ掃除とつぶ拾い、と手間がかかる。


でも、いやたぶんだからこそかな、すべてひっくるめて愛おしい。







スポンサーサイト



category: 洗面所

tb: 0   cm: 4

△top

コメント

 

猫トイレ、屋根アリと屋根ナシなんですね。
ウチもそうなんです。

ウチでは屋根アリで大を、屋根ナシで小と、使い分けています。
3匹ともです。なぜなのかはわかりませんが・笑

うめ #- | URL | 2016/03/17 20:32 | edit

Re: うめさま

> ウチもそうなんです。

そうなんですね! 
屋根ありが2つも並んだら威圧感あるなー
と思って、あんまり考えずに1つは屋根なしにしました。

けっこう場所と空間ととりますよね。


> ウチでは屋根アリで大を、屋根ナシで小と、使い分けています。
> 3匹ともです。なぜなのかはわかりませんが・笑

ええっ!! おもしろーい! なんか思うところあるんでしょうかね。
うちはメスのナツさんが大を屋根ありでする以外は、
みんな気分次第です。

いずれにしろ大は隠れてしたい子が多いんですね。
いや、顔と体の半分は外に出しているから、隠れているわけじゃないか。


RENOVA #- | URL | 2016/03/18 12:17 | edit

笑いました  にゃんこの顔とお尻 
神妙でしょ ^^  用を足している時って。

毎日毎日 たった一匹の猫が飛ばす粒拾い 
ビニール袋のへ塊やカリントを入れて その後をならして
消臭剤&消毒のあと檜のかおりっをシュッ ^^
忙しいのよね

洗面所の緑の事 分かり過ぎる
私は生花や葉物をちっこい容器に活ける事が多いですが
根が出るかもしれない植物もいいかな~ と思います
ポトスが元気で頑張りますように。

さくら #8XM063Sk | URL | 2016/03/19 20:47 | edit

Re: さくらさま

> 神妙でしょ ^^  用を足している時って。

そうそう、哲学的な顔してますよね。
ときどき、2にゃんが並んで難しい顔しています。


> 消臭剤&消毒のあと檜のかおりっをシュッ ^^
これは猫砂に直接吹き替えていらっしゃるんですか?
今度、何をつかっていらっしゃるかぜひ教えてください!


> 洗面所の緑の事 分かり過ぎる

フェイクが悪いわけじゃなくて、目的が全くちがうんだろうなー、
と思うんですよね。


> ポトスが元気で頑張りますように。

ありがとうございます。あまりにも過酷な環境なので、
とりあえず、1週間毎に洗面所と明るいキッチンとで移動させています。


ところでライさんは外が大好きなんですね。
いったん猫に関するいろいろを知ってしまうと、
とてもじゃないですが、昔のように外と内を自由に出入りさせる、
なんて心配でできないし、元気がないのもそれはそれで心が痛いし・・・

悩ましいですね。

RENOVA #- | URL | 2016/03/22 16:20 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://renovadegaina.blog.fc2.com/tb.php/186-d942c8e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top