FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

秋のガーデニングシーズンを前に 

 

先週の週末は、出張からの実家の法事で家事も植物の世話も全くできずにいたら、
この3連休までの1週間、家はひどいことになっていました。


ベランダでは大風にあおられて植木鉢2鉢がベランダのフェンスから落っこちて
割れ、時間がなくて放置していたため、歩くたびにじょりじょり音がするし、

伸び切った植物が枯れかかっているし、

家の中は食品から食器から書類から、あれこれ出し放しだし・・・


こうして掃除と植物の世話(とモフモフ)に明け暮れた三連休。
気がついたら秋のガーデニングシーズンなんですよね〜



ベランダでは、日ざしが低くなって来たので、
床置きの鉢をフェンス側から建物側に移動させました。


161011-1.jpg
左下の塊がその一部ですが、あまり成長がよろしくありません。


もっとも気になっているのはウンベラータ。
大きくなりすぎて、ベランダではもとより、
もっと寒くなって家の中に入れることになった時のことを考えると居場所がないかも・・・


家の中から見ると、
161011-2.jpg
でかい・・・、そのうえなんだろう、この平べったい感じ。


2本の枝に養分が集中したことで、
両腕を大きく広げたみたいな妙な形に育っています。

来年、一方切るか、それとも両方とも先端を切って途中から出て来る芽を育てるか。
悩むなー

いや、その前に部屋にいれたら相当邪魔そう! 
どうしたらいいかわからないので、とりあえずひと冬悩むことにします。


一方、東側ベランダのリビング前に置いてある横長プランター
161011-3.jpg
2014年秋にプランターを置いて以来、
14年秋、15年春、秋、16年春、とたぶん合計したら20株ぐらいは植えた気がする。

なのに残っているのが、2株(というか1株半)・・・
生存率10%未満・・・Oh...


惨敗!!!!


もう2つのプランターの方はもう少し生き残っているので、
全体ではもうちょっと生存率は高いものの、それにしてもねえええ


ここは日差しの問題が大きいのかと思っていましたが、
どうやら主因は風通しのような気がする。



というのも、
161011-4.jpg
ここにある3つの横長プランターにはこれまで6〜7株のヒューケラを植えたのだが、
生き残っているのはこれ1株。

そして生き残れた理由は、右隣の穴のような気がするんです。
右隣に植わっていた植物が枯れたので(日常茶飯事的に)、
引き抜いて単に面倒臭かったので穴をそのままにしておいたら、
ヒューケラの新芽がでるじゃあありませんかっ!


ここに穴があることでヒューケラの根の風通しがよくなったんじゃないかな、
と推察しています。

以前、乾きやすそうな土の成分を教えていただいたので、
この秋は土も総取っ替えして、新しい苗を植えてみようと思います〜〜〜♪





スポンサーサイト



category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://renovadegaina.blog.fc2.com/tb.php/236-c94e3a12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top