FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

今週のベランダ 

 

葉っぱがすっかり黄変してしまったので、
植え替えを行ったミニバラのグリーンアイスは、


161212-4.jpg
さらにじゃっかん黄色い葉っぱが増えたものの、
なんとか全黄は免れ、植え替え失敗ではないもよう。
(植木鉢の場所を変えられないので、光あふれる写真になってしまいました!)


ガーデニングの諸先輩方は植え替えた後に、
剪定もしていらっしゃるようで、


悩んだのよ! 
理論的にはここは剪定した方がいいだろうな、と理解はできる。


でも・・・


161212-5.jpg
この外側がピンクのつぼみが開いたらどんななるのか、
どうしても見たくて、剪定はできずにおります。

まあ、枯れなければ良い訳だし。


枯れない、といえば、
161212-1.jpg
ゼラニウムが絶好調!

今年の夏は初めて、南側の暑さを避けて東側ベランダに避暑させていた。
夏が終わって株はいつもと同じ程度に疲れ切っているように見えたのに、
どうやらダメージの深さが違った様子。

暑さが和らぐとともにメキメキ復活し、
寒くなってイモ吉たちもいないことから、
葉っぱも花も元気がいい。


多肉鉢も元気がよい。
161212-2.jpg
ちぎれたものや、その辺で拾って来たものの寄せ集めでも


161212-3.jpg
こんなモリモリになって・・・!




昨日の2にゃん
161212-6.jpg
大好きなツンとらたーぼ!さんのところで、
一番の新入りさんが先輩ねこの背中に両足乗せて寝ているのを見て、

「ひどっ!」と大笑いしたのだが、


実際に見ると、



やっぱり、ひどい。







スポンサーサイト



category: ガーデニング

tb: 0   cm: 6

△top

コメント

 

良い良い  どれもすてきになりましたね
頭の良い人は なんでもできるのね~
と感心しております

植物も猫も調子いいですね ^^

さくら #8XM063Sk | URL | 2016/12/12 23:44 | edit

絶好調!

わぁ~d(^-^)ゼラニウムが素敵!
花も葉もいきいきしていますねぇ!
わが家のゼラは今年挿し木したピンクの花を咲かせるゼラが絶好調o(^o^)oが、みるからに寒さには弱そう(^_^;)))無事に春を向かえてくれますように。
保険?として、花壇に沢山挿し木しておきました(^-^;

後の株は……どうも暑さに負けた?みたい。伸びやかさがなくて。(*_*)治療か療養かが……必要かなぁ…
グリーンアイスのピンクの花ですが、私も1度しか見たことがありません。
蕾が赤みがかっていても(T_T)ピンクの花は咲かないかも……
確か、白から薄~~~いピンクに変化したと思います。
無理に切り戻さなくてもよいかと!どんな色に咲いてくれるのか楽しみですよね♪我が家にも赤い蕾がひとつ。咲かせてみます。(*^^*)楽しみですよね♪

Dママ #- | URL | 2016/12/13 07:05 | edit

Re: さくらさま

> 植物も猫も調子いいですね ^^

ええ・・・生存率10%の植木鉢や、
さらに生存率0%植木鉢(ええ、いやんなって放置ですよ!!)は
写真に写しませんから〜〜〜〜〜〜♥️

にゃんずにやられまくっているキズだらけのテーブルにも
目をつぶってますから〜〜〜〜♥️

ポジティブシンキング(大雑把ともいう)ですーーー!

RENOVA #- | URL | 2016/12/13 17:56 | edit

Re: Dママさま

そうなんですよ。東側ベランダへの避暑は有効だったみたいで、
もりもり復活しました。
毎夏毎夏、今年こそもうだめだ! と思います。

Dママさん、挿木がお上手なんですね! なにかコツがあるんでしょうか。
私はものすごいヘタみたいで、ポトスとか多肉とか、
いや、土に上に乗せとけばなんとかなるでしょ、ぐらいの植物でしか成功したことがありません。


> 蕾が赤みがかっていても(T_T)ピンクの花は咲かないかも……

そうなんですか!? 今、googleで検索したら、
ピンクの花はほんとにピンクなんですねー。
うちのピンクのつぼみは、花びらが1枚開いたんですが、中は白みたいでした。
何色が咲くかわからないとか、なんて楽しみな!!!

RENOVA #- | URL | 2016/12/13 18:05 | edit

挿し木は…

ゼラの挿し木はまた来年。只今、多分(^-^;シーズンオフ。
わが家の紫陽花二株にチンチョウゲ二株(こちらは処分)は挿し木から育てました。
ある方のアドバイスのお陰で成功率がかなりアップしましたよ。先ず挿し木に使う枝ですが必ず節の下からカットします。
土に埋めるのは節まで、節から根が育ってきますよ。
新しいつるんとした枝を刺しても確率悪いです。必ず古い枝と新しい枝の境目(ふし)のある枝を節まで刺してみて!d(^-^)是非、お試しをo(^o^)o

Dママ #- | URL | 2016/12/13 18:29 | edit

Re: Dママさま

> 必ず古い枝と新しい枝の境目(ふし)のある枝を節まで刺してみて!

教えてくださって、ありがとうございます!
挿木は剪定した時に捨てるのがもったいなくて、
土に差すんですが、剪定自体を節のすぐ上でやり、
すると当然、次の節まで結構長く茎が残っている状態の枝を差すことになっていました。

節のあたりから根が出る、というのは水栽培のポトスを見て、
なんとなく理解していたものの、節までの茎が長く残りすぎかも、ですね。

梅雨のシーズンも成功しやすい、と教わったので、
来梅雨、節に気をつけてやってみます!

RENOVA #- | URL | 2016/12/14 13:44 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://renovadegaina.blog.fc2.com/tb.php/255-96b524ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top