FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

農薬じゃない 

 

この週末は、盛大に蔓延してしまった東側ベランダの
うどん粉病対策にようやく乗り出した。


うどん粉まみれになってしまったのは、
リビング前にあるモッコウバラと寝室側にあるポールズヒマラヤンムスク。


モッコウバラにいたっては、
写真に撮るのがかわいそうな状態。
姿の見えない虫にも散々食べ散らかされている。

虫にも病気にも強い・・・んじゃなかったの・・・
(心の叫び)


対策は美しいお庭を作っている皆さまが教えてくださった。


ポールズヒマラヤンムスク
170515-1.jpg
蕾にも取り憑いているうどん粉を水に濡らした指で
そっとこすりとった後、木酢液を薄めたものを
したたるほどに噴霧する。

農薬じゃないし、これでうどん粉がなくなることは期待していないけど、
これ以上広まらなければいい。


170515-2.jpg
それにしてもポールズヒマラヤンムスクの
かわいらしいこと!!!

全部咲くかしら。


今回、「したたるほど」に噴霧してみて、
農薬じゃないことの心の平和を思い知った。

多くのガイドブックに、
「病気・虫対策に定期的に葉の裏にもたっぷり満遍なくかけましょう」とあるが、
葉の裏にかけるとか、万遍なくとか、無理じゃない!?と思っていた。

でも酢を薄めたものなら、
手にかかろうが、顔にかかろうが、全然、平気!!!
葉の裏だろうが、滴るほどだろうが、万遍なくだろうが、
すべてクリアできる。

あまりの気安さに感動して、
無農薬のことをもうちょっとしっかり勉強しようと、
まずはバイオに関する基礎的な本を図書館で借りて来た。

読めるかな〜


ついでに南側のバラたちにも散布した。

170515-5.jpg
ほぼ満開の群星はただでさえ頭が重かったのに、
したたるほどに液をかけられて花が垂れ下がってしまった。


にゃんずのお食事中に網戸もあけて撮影。
170515-3.jpg

満開の群星の右隣にあるるりまつりに蕾がついている。
群星の花が残っているうちに咲くかしら。

左隣にあるミニバラのグリーンアイスも
ちらほら咲いてきている。


グリーンアイスの左隣の空間には、
一番左にあるジューンベリーの裏側を通って
クレマチスが来ているのだが、この子が咲くのは夏。

5月に開花する青紫色系のクレマチスが
ここで咲いていたらきれいそう。

強健な種類があるかどうか、ちょっと探してみましょう。





スポンサーサイト

category: ガーデニング

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://renovadegaina.blog.fc2.com/tb.php/296-67f9ae5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top