FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

今日も朝から 

 

今日も朝から、食器を洗おうとキッチンに立つやいなや、


ブラッシングを要求するナツ猫。
170601-1.jpg
この季節はファーミネーターを使って
ごっそりとやる。


が、


この時間帯は、みんなブラッシングされたいらしい。


まずやってきたのが、トマ猫
170601-2.jpg
周りをうろうろして、ナツさんにプレッシャーをかける。



170601-3.jpg
わがままなくせにこういうプレッシャーに弱いナツさんは、
ぷんぷんに怒って退場。(ブレブレですみません)



ファーミネート開始
170601-4.jpg
トマくんはくすぐったいのか、
伸びたり、縮んだり、ごろんごろんころがる。


ファーミネート中
170601-8.jpg


ファーミネート後
170601-6.jpg
1分でこの収穫!!

あまりに取れるので楽しくなっちゃうんだけど、
やりすぎってあるのかな・・・ 

ここ何日か毎日のように、
この数倍の毛を抜いているので、
若干心配ではあるものの、まあ、夏になるしねー。

暑いし、抜けるし、大丈夫なはず。



なにせ、
170601-7.jpg
窓を開けるようになって数日で、
網戸が空気清浄機フィルターになるほど、
今日も朝から我が家では毛が飛んでいます。






スポンサーサイト

category: トマ猫

tb: 0   cm: 3

△top

コメント

 

ご存じでしたらごめんなさい。

あのぉ~ニャンコとユリは相性が非常に悪いはずです。
花粉や葉っぱそして花びらをかじると大変な中毒を起こします。ネットで調べてみてください。ご存じでしたらご免なさい。

Dママ #- | URL | 2017/06/05 12:15 | edit

参考までに

猫のユリ中毒
概要
1、猫にとってユリは、不可逆的な腎臓の尿細管損傷及び壊死を引き起こし致命的な中毒を起こす。
 
2、ユリの中でもテッポウユリ、オニユリ、コオニユリ、鹿の子百合、キスゲの5種類は猛毒であり、この他カサブランカ、イースターリリーも中毒を起こす。
 
3、ユリの葉、茎、花弁を噛んだり、食べたり、花粉を舐めたり、ユリを入れた花瓶の水を飲んでも同様な中毒を起こす。
 
4、摂取量にもよるが、治療になかなか反応せず一週間前後で死亡する。
 
5、食べたり、飲んだ直後であれば、直ちに嘔吐させるか胃洗浄を行うことにより救命できることもある。
 
6、猫にとって中毒を引き起こす危険植物は、700種類以上あると言われていることから、室内に観葉植物等を置く場合十分な注意が必要である。

Dママ #- | URL | 2017/06/05 15:15 | edit

Re: Dママさま

ええっ! 死亡するほどの危険な植物だったんですね!
知りませんでした。というか、チラっと以前そんなことを読んだ気がするな、
ぐらいには思ったんですが、ナツさんが無視したので、
確認しませんでした。

教えてくださって、ありがとうございますーーーーー!
ナツさんは匂いをかいだ後、無視したんですが、
花びらのみならず、葉っぱまでただかんだだけで、死に至る中毒をおこしてしまうとは・・・

もう枯れてしまったんですが、何事もなかったのはただただラッキーだったのでしょう。
はあああ、よかった。

相変わらず無知です。でもこれは無知じゃすまされないですね。
本当に教えてくださってありがとうございます!


ところでうちのグリーンアイス、
まだ次々咲いているんですが、花があるのに肥料をやってしまったために、
花が汚いし、葉っぱが根本の方から黄色く枯れています。

ほんと、無知は罪ですね。




> 猫のユリ中毒
> 概要
> 1、猫にとってユリは、不可逆的な腎臓の尿細管損傷及び壊死を引き起こし致命的な中毒を起こす。
>  
> 2、ユリの中でもテッポウユリ、オニユリ、コオニユリ、鹿の子百合、キスゲの5種類は猛毒であり、この他カサブランカ、イースターリリーも中毒を起こす。
>  
> 3、ユリの葉、茎、花弁を噛んだり、食べたり、花粉を舐めたり、ユリを入れた花瓶の水を飲んでも同様な中毒を起こす。
>  
> 4、摂取量にもよるが、治療になかなか反応せず一週間前後で死亡する。
>  
> 5、食べたり、飲んだ直後であれば、直ちに嘔吐させるか胃洗浄を行うことにより救命できることもある。
>  
> 6、猫にとって中毒を引き起こす危険植物は、700種類以上あると言われていることから、室内に観葉植物等を置く場合十分な注意が必要である。

RENOVA #- | URL | 2017/06/05 16:05 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://renovadegaina.blog.fc2.com/tb.php/301-f8cd8657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top