FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

1日ワインセミナー 

 

パリにスーツケースを置いて、
翌日にはブルゴーニュワインの中心地ボーヌに向かった。

180510-6.jpg
ボーヌの街の植栽はなんとなくワインっぽい色合い。


ここには、ブルゴーニュワインの職業技術センターがあり、
そこでシロウトを対象にした1日ワインセミナーを受講した。
180510-1.jpg


ブルゴーニュワインに関する一般的な講義を受けた後、


6本のワインをテイスティング。
180510-2.jpg
左3本が白で、右3本が赤。


講師が「これは焼いたブラックチェリーの香りだ」からの、
「時間がたったらシロップ漬けのブラックチェリーに変わった」だの
言っていたが、まったくわかりません!

前々から思っていたが、
香りも味わいも人は自分の記憶の中からしか拾えない。

だから「なんでもあり」に近いと思う。


ランチは講師を囲んで受講者(16人)全員でボーヌのレストランへ。
180510-3.jpg

オードブル:ポーチドエッグの赤ワイン煮
メイン:ブッフブルギニョン
チーズの盛り合わせ
デザート:クレームブリュレ


180510-8.jpg
グラスには赤ワインが入っているが、これは、
「赤ワインがいかにチーズに合わないか」を見せるため、だとか。

講師が言うには、チーズには断然、白ワインなんだそう。

100歩譲って、クリーム系のくせのあるチーズには赤でもまあいいが、
くせのないハードタイプは絶対、白と力説する。

これには参加していたフランス人も
「え、チーズには赤でしょ!?」とびっくりしていた。


いずれにしろ、こんな量のチーズは食べられません。



ランチ後はフィールドワーク。
180510-4.jpg
ブルゴーニュワインのスーパースター、
ロマネコンティの畑は、ごくごく小さなもの。

これっぽちしかなかったら、あの値段にもなるよね。


180510-5.jpg
特級ワインの畑では、馬を使って耕作するところも多い。


そんなこんなで1日ワインセミナー修了証をもらいました。



おまけ
フランスでは4月に入って、フランス国鉄の大規模なストが続いている。
なんでも3日動かして2日ストする、とかいうふざけたスケジュールだ。

パリに帰る日がこのスト日にあたった。
12時すぎにボーヌの駅に向かうと、
この日のTGV(フランスの新幹線)は19:26のもの1本しかない、
という。

あとは全部ストで運休よ!


ちょっと待て!と思うが、
もうパリに帰れるだけラッキーと思うしかない。

TGVの出るディジョンまでボーヌからローカル線で約20分。
これも17時台と18時台の2本しかないという。

5時間近くを駅で無益に過ごした後、
17時台のローカル線でディジョンに着いて発着板を見ると、


18:01 パリ行きTGV


とある。
そんなの聞いていないよね、と思いながら、
予約の変更(TGVは全席指定)ができるのかと、窓口で聞くと、

「そんなのあるの? わからないから、乗っちゃって!」

券売機近くの係員さんも、プラットフォームの駅員さんも、


「そんなのあるの? 
わからないから、乗っちゃって!」



どうやら運行システム上には登録されておらず、
想像するに運転手さんやら一部の人による

「これ、動かしちゃお」状態らしい。


乗客たちもなんか知らんけど、来たから乗っちゃお的な?



乗ってから車掌さんが1度ブラブラ通路を通ったが、
特にチケット拝見するでもなく、
乗客と世間話をして、去って行った。


さすがだよ、フランス・・・!!


180507-1.jpg
斜め前に座っていたお兄さん。
どっからどう見ても、見事にパンクな装いだが、
乗るや否や降りるまでずーっと、刺繍していました❤️




スポンサーサイト

category: 旅行

tb: 0   cm: 2

△top

コメント

 

こんにちは。
一般の観光とは一味違った旅行をされたのですね。
通訳なしでフランス語が通じるなんて、尊敬してしまいます。

パリのストの話は聞いていたのですが、本当にそうなんですね。
日本では到底考えられない事で驚きました。

お兄さんの装いと刺繍のギャップにも驚きですが、
美に対する感性は同じなのでしょう。
良い刺激をありがとうございます。

↓の落ち着きのある風景はとても素敵ですね。

katataka #T4iTjaJU | URL | 2018/05/11 15:55 | edit

Re: katatakaさま

そうなんです。今回はちょっと体験型みたいにしてみました。
フランス語は、というかフランスは気合いなんですよ!

ストにしろ、パリの街にしろ、
あちこちアバウトで、慣れるとラクなんですが、
係員が誰も知らない便の運行はさすがに恐れ入って笑えました。

お兄さんのギャップすごいですよね!
刺繍のモチーフがまたクラシックな柄だったんです。
こっそり写真を撮った後、振り向かれても良いように、
まるで風景を撮っていたかのように、すかさず窓の外にカメラを向けました〜

RENOVA #- | URL | 2018/05/11 18:31 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://renovadegaina.blog.fc2.com/tb.php/382-66a145d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top