FC2ブログ

五十の手習い

50にしてマンション購入。生きているうちにインテリアは整うのか・・・!

台風の日の実家 

 

自分では認めたがらないものの、
明らかにペットロスで体調を崩している実家の父から、
HELPコールが来た。



実家には母も弟も新入り犬のアンもいるのだが、
話を聞いてくれそうな人を呼びたいらしい。


逆走台風が関東から中部を直撃していた28日夜、実家に帰った。


途中、「静岡−掛川間、強風のため運転見合わせ」とかで、
静岡で新幹線が止まってしまい、「ああ、終わった・・・」と💢


実家にLINEでそれを知らせると、
父から電話で、「大丈夫か! 今から車出すか!」

(いやいや、豊橋から静岡に到着するころには動いているって。
っていうか、元気・・・?)


夫にも知らせると、
LINEで、「タクシーで帰れる?」

(いやもう、いくらかかるか・・・)



なんだか、新幹線が止まったことで、
全員の一体感がかつてないほど高まり、
弟からは、「がんばれー、みんな待っているよ!」とLINEが来る。



実際には、新幹線が止まっていたのは30分程度で、
その後は何事もなかったように通常運転となった。

30分遅れで実家に着いたときは、
父も母も弟も妙にテンション高くて、



えーっと、どういう理由で帰って来たんだっけ・・・?



実家に来て、1カ月のアンさん
180801-1.jpg


お互い手探り状態で1カ月がたった。

トイレの失敗もほとんどなくなり、
お散歩もちょっと上手になった。

「おすわり」と「待て」ができるようになった。

その間、アンはてんかんの発作を起こしたりして、
父も母も弟も心臓止まりそうになったり。



うちに来て初めてのシャンプー&トリミング後
180801-2.jpg

最初から誰にでもしっぽを振る愛想のいい子だったが、
いまや立派な甘ったれになっている。

ひざの上が大好きで、
乗っかれないときは横にぴったりくっついている。


180801-3.jpg


父はといえば、
食事は徐々にのどを通るようになってはいるのだが、
アンに対しては、あえて関心をもちすぎないように?
しているように見える。

もうあんな悲しい思いはしたくない、
という防衛本能なんだと思う。



ディスくんが亡くなって2カ月、
アンちゃんが来て1カ月、
まだまだ時間が必要でしょう。






スポンサーサイト



category: 実家

tb: 0   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://renovadegaina.blog.fc2.com/tb.php/403-0976342f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top